お疲れ曜日

e0031853_15581877.jpg
子猫を保護して2日目、大人猫達は疲れがどーっと出たようです。
ババりんベッドに全員集合して、ダラーっとしています。
にゃんは「この状況、何とかしてよ」とでも訴えているようにも。
猫のように見える小さな生き物の監視とチェックを根気よくした後は、とりあえず無視を決め込もうと自分に言い聞かせていた大人猫達。慣れない突然の出来事に疲労困憊な様子です。
夜になるとピーピー鳴き続ける子猫に、安眠も妨害されていて、ゆっくり寝ていられなかったこともお疲れが出てしまった原因か?
翌朝近くまで仕事をしていた私が、子猫が鳴くたびに気にして見に行っているのを、更に皆ニャンが気にしてその様子を見ていて、仕事の私も眠れなかったけれど、猫族も私と子猫のやりとりを逃さす見ることに神経を注いでいたようで相当に疲れたようです。
3匹が、ダラーっとしていた時、ももたんもベッドの下にいて、こうして皆と一緒に疲労回復につとめておりました。
e0031853_15584122.jpg

猫族の疲労の原因さんは、お食事を終えて余裕のごろ寝。
子猫の食事は完全手作りご飯とカリカリと猫缶と、保護してから色々あげみました。一番食い付きがいいのは手作りご飯だったので、今日は一日、完全手作り食で食べてもらった。どのメニューも食べる、食べる。だからご飯を用意するのも楽しくて(時間がなくて本当は子猫のご飯の仕度は大変なんだけど、自分の睡眠時間を削って子猫の世話を優先してしまう猫バカ)、うちの子達が食べられないものも試したい気持ちがウズウズ。
このくらいの時から手作りご飯で食事を用意していけば、うちの猫族も何も苦労することなく何でも食べてもらえる猫になっていたんだろうなと思う。
e0031853_1655066.jpg
この三毛ちゃんのお世話をする度に、後悔となって思い出されるのは、にゃんを保護した約11年前のこと。今の知識があれば、今この三毛ちゃんにやっていることをしてあげられたのに。とっても悔やまれる。野良をしていたから食事が常に足りていなくて、体は常に半断食状態だったはずのにゃん。そんな時に、いっぱい食べ出したご飯が当時は安いカリカリだった。ナチュラルフードという言葉すら知らなかった時代。ケチケチ生活をしていたし、ジャスコで安売りのドライフードを買っていた。ナチュラルフードの存在を知って、ドライフードを一新したのは、にゃんを保護してから半年も経ってからだった。
保護してご飯をお腹一杯食べられる状況というのは、食事が満足に出来ず飢餓状態に近かった体が、口に入るもの全てを猛烈な勢いで吸収し始めているわけで。そんな時こそ本来なら質のいいものをあげることが重要なのに。
私は当時のにゃんにしてあげられなかった事を、この子猫にすることで、取り戻せるはずのない時間を後悔を埋めようとしているのかもしれない。
以上、お世話係のぼやき。



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ました。
通院後の待望の第一陣です。ですが、ちょっと今回は硬めです。仕事も今週は架橋で子猫のこともあり、にゃんちんのお世話の時間が、どうしても減ってしまう。今回は最短記録で再通院になるかも。
しっこは、通常の大きさのしっこ玉2個。

★今日のごはん(にゃん)
朝:FORZA10 BIO every day dry cat15g、ゴートミルク
昼:手作りご飯(3分の1残す)
夜:手作りご飯

今日の手作り食の内容
昼:人参、カリフラワー、ブロッコリー、ささみ(ボイル)、ホタテスープ、ビール酵母、ナチュラルカルシウム
夜:キャベツ、人参、かいわれ大根、ブロッコリー、三河鶏ささみ(生)、ポーチドエッグ(卵黄のみ)、鰹のなまり節、ホタテスープ、ナチュラルカルシウム、ビール酵母


e0031853_16572832.jpg朝はカリカリのみでサプリ入りの猫缶は食べてもらえませんでした。お昼ご飯は、3分の1をお残し。夕刻にお腹の揉み崩し&揉み出しをしたら踏ん張りゲボで、昼間食べたものを少し吐いてしまいました。少しだけどウンチくんが出たので夜は食欲が回復。夜のご飯は、ほぼ完食です。
手作り食練習組は、キャベツ、人参、かいわれ大根、ブロッコリー、三河鶏ささみ(ボイル)、ビール酵母、ナチュラルカルシウムに猫缶“たまの伝伝説まぐろとささみ”で用意。
ぷりんは、今日は全然食べようとしません。子猫のことが気になり食事どころではない様子。
みゅー2号も、全く食べようとしません。何度もデリバリーするも顔を背けてしまいます。やはり、これも子猫の影響か…。私が子猫のことを、何でも食べて偉いって褒めたのがいけなかったのかも。なんだか、みゅーちん、ちんぷりかえっているようにも見える…。
ももは3分の1ほど食べて、食事をやめてウロウロ。カリカリを少し追加しても、いつもなら食べにくるのに食べようともせず。結局、深夜ババりんが眠る時にももをケージにババりんに入れてもらって、そのあとケージのなかで残したご飯を食べていました。やはり、子猫のことで落ち着かなくご飯どころではなかったようです。
保護猫ちゃんは、にゃんと同じポーチドエッグご飯です。ふがふが言いながら食べていました。今日のポーチドエッグは、ご飯の支度中にみゅー2号が毛玉ゲロで吐いたために掃除をしている間に固ゆでになってしまい、ほぼ半熟ゆで卵状態だったので食べにくいかもと思ったけれど、なんの心配も要りませんでした。手作りご飯をきれいに完食です。
写真は上が夜の手作りご飯。真ん中が3匹の手作り食練習ごはん。下が子猫の手作りご飯
by nyanmyupurin | 2009-06-09 23:59 | 猫族 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード