今週末もお疲れ曜日

3日間に渡る子守から、夜7時過ぎ、やっと開放となりました。
人間も猫族も、もうクタクタです(^_^;)。
帰り際、みゅー2号にバイバイするんだと、チビっ子お別れの挨拶です。
e0031853_12495525.jpg

このバイバイがまた長くて(笑)。いつまでも撫でたり、手を持ってみたり。
チビっ子のパパ(義弟)が「バイバイ出来た?」と聞くと「まだーー!」と答え、なかなか帰ろうとしません。
e0031853_1250618.jpg

何度もパパ(義弟)から促され、やっとみゅー2号から離れたと思ったら、たまたまソファーにいたぷりんにもバイバイすると言って次はぷりんの番。前足を持って、ちょんちょん動かしてバイバイというより遊びの延長です。
e0031853_12501763.jpg

またまたパパ(義弟)から「バイバイ出来た?」と、何度か声を掛けられて、やっと満足したらしくお家へ帰って行きました。
e0031853_1250288.jpg

チビっ子が帰った後は、私の仕事部屋で籠城していたにゃんが、すぐにリビングへきてケージへ入りぐったり寝転びました。
私がチビっ子に付きっ切りだったので、昨夜からストレスだと思われる吐き戻しで、心配なのにかまってあげられなかった自分。チビっ子は、もちろん可愛いけれど…。
ブラックな私が、またウズウズする。

猫だから後回しでいいの?
人間だから優先すべきなの?
肉親だから当然なの?

心の中で思わず吐いてしまった言葉…。
独り暮らしの時は、仕事以外にゃんの事を優先してやってこれた。だけど、今はそうはいかない。
チビっ子に、どうしても時間も自分の体も奪われて、にゃんのことおざなりにしたくないのに今週も3日間に渡りかまってあげられなかった。もちろん、チビっ子が悪い訳じゃない。
身内だからチビっ子の面倒をみてくれたっていいじゃんと、助けてくれて当然と思っている妹達。でも、当たり前のように毎週のように3日間っていうのは、どうなの?心の病なのだから、そうでない私が助けるのは当然みたいな言い方してくるけれど。
ブラックな自分は、一度目覚めると、しばらく心の中でのたうち回る。
e0031853_12504261.jpg

3日間、一番頑張ってくれたみゅー2号。チビっ子が帰った途端、ぐったり眠っています。
(いつもお世話になっているはずの)にゃんの負担を軽くするために、チビっ子のお相手をしてくれているのが理由だったら美しい話なんだけど。まあ、それは無いか(笑)。
e0031853_12505361.jpg

元祖接待係のぷりんは、キャリーバッグの中に入ってコテンと横になって眠っています。
e0031853_125168.jpg

ももは、ケージのロフト籠に入り熟睡。
みんな、ごめんね。
みんな、お疲れ様ね。
みんな、ありがとうね。
e0031853_12511663.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ませんでした。
貯金6日目です。今日もチビっ子のお相手に時間をとられ、深夜にしか出来なかった。ウンチくん太くなってきてしまいました(涙)。
しっこは通常の大きさのしっこ玉1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝:テクニカルシニア10g(食べてしばらくして吐く)
昼:無薬飼育鶏(一口くらい)
  MiawMiawまぐろの白身30g、サーモンオイル(2回に分けて食べる)
夜:手作りご飯

今日の手作り食
昼:無薬飼育鶏(生)、ねこ缶、ケイズマイスター
夜:しめじ、人参、かいわれ大根、熊本産馬肉赤身スペシャルカット(生)、鰹のなまり節、ホタテスープ、ナチュラルカルシウム、ケイズマイスター


e0031853_12513472.jpg朝は、ドライフードを食べたあと吐き戻してしまいました。昨夜も吐いてしまっているので、お腹の中はほぼ空。少しでも食べてもらおうと2時間くらい後にサーモンオイル入りの猫缶(カルフォルニアナチュラル缶)を持っていくも、臭いを嗅いでこんなの食べない!と顔を背けます。お昼に、博多鶏の丸ごとすり身に猫缶を少し混ぜて寝ている所へ持っていくと、一口食べて「これじゃない」と怒ります。仕方ないので一般缶のみを盛りつけて、もう一度持って行くと、半分くらいを食べました。時間をおいて残り半分も、もう一度持って行くと食べてトータル30gを口にしました。夜はチビっ子がいなかったので、食べる気満々なにゃんちんになっていました。手作りご飯を美味しそうに食べてくれました。
手作り食練習組の夜ご飯は、しめじ、人参、かいわれ大根、ささみ・豚ハツ(オリーブ油炒め)、ナチュラルカルシウム、ビール酵母に猫缶“カルカンウィスカス ビーフ&フィッシュ缶”で用意。
ぷりんは、半分を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけてあげて4分の3を食べています。
みゅー2号は臭いを嗅いで砂掛け。豚ハツ入りご飯で苦戦です。食べないご飯にカリカリを乗っけるも3分の1食べて終了です。
ももは、半分をお残し。残したご飯に何度かカリカリを乗っけて、何とか食べきりました。
写真は上が夜の手作りご飯。下が3匹の手作り食練習ごはん。
by nyanmyupurin | 2010-07-04 23:59 | 猫族 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://lovenyan.exblog.jp/tb/12906198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hitomille at 2010-07-06 11:39
確かに3日間は長いです。子供の相手ってほんと疲れるんですよね。私はもともと子供好きじゃないから、3日間も一緒だと完全にストレスがたまると思う。一日でも疲れます。nmpさんは、一緒にいると絶対にほっておけないタイプじゃないですか?いろいろとやってあげちゃうんだと思うんです。疲れますよー!疲れて当然。ぜんぜんブラックじゃないですよ〜! そういう感情だって湧き上がるのは当然のことだと思います。
チビっ子ちゃんは無邪気にただ楽しんでるだけなんですけどネ。
・・写真のみゅ〜ちん、ほんとにのびてませんか?大丈夫かなぁ、、
Commented by nyanmyupurin at 2010-07-06 13:27
>hitomilleさん
3日間って一週間の約半分なので、仕事をしながらだと正直きついですね。チビっ子が寝ている間しか仕事ができないですから。しかも、週末は一週間たまった掃除やら、買い物やら、やりたいことも多いのですが、それも思うように出来ないし。当然、走りに行ったり泳ぎに行ったりとトレーニングも返上です。自分の子供ならまだしもって思いが、きっとあるんでしょうね。
まあ、神様がいるとしたら、結婚もしていないし子供のいない私に子育ての機会を与えてくれているのだろうなと思いますが…。
これも私の人間修行が足らないがゆえって事かな(^_^;)。
みゅーちん、疲れ切ってしまったようです。昨日まで、大人しいバージョンのみゅー2号でした。今日には、いつものガチャガチャみゅーちんに復活してくると思います^^。
Commented by junko at 2010-07-06 18:29 x
Ciao nyanmyupurinさん
あのねー実は私も肉親との間でいろいろあって
私は基本的に肉親だから当然!って言うのがなく
、肉親だからこそ甘え過ぎてなぁなぁにならないように気をつけるのが本当だと思ってるのよね
気をつけてても甘えちゃうんだからさ
でも世間一般はそう思わないらしいね
肉親だからいいっていうのが、まん延してる
じゃあ、その肉親が逆に自分の立場になった時に
その人の限度越えて、自分の生活犠牲にしても助けてくれるか?って言ったら、そうじゃない場合が多く
これはnyanmyupurinさんの妹さんの場合じゃなく、うちの場合ね ^^
でも、この場合nyanmyupurinさんは肉親だから、、じゃなく
自分の中にある優先順位でそうしたんじゃないかな―と思うんだよね
つまり、猫達が自分の子供としよう
いつもはいない人が遊びに来た
それって一応お客さんだから、そっちに注意がいくのは、なんか普通だと思うんだよね
続く
Commented by junko at 2010-07-06 18:30 x
つづき..
でもね、確かに仕事してる人にとって1週間の家の3日は長いし、負担だと思うんだよね
お客さんとも言えなくなるよね、一週間の半分じゃ ははは
だからさりげなく言ってみたらどうかと思うんだけど
人って言われないとわからないことたくさんあってさ
それで言われて怒る人もいるわけよ
はっきり言って私はそれでもめた
でもさ、最終的に私は一人で、私の生活をまずは私が守らなければ、誰も守ってくれないし、だれの事を助けるわけにもいかなくなるわけよ
と私はそう思ってるから
だから、自分のやってあげられる限度は、守る
それが自分にとってのリスペクトだと思うんだよね

私はそういうとこすごくはっきりしてるから
関係を大事にしたいからこそ、境界線をはっきりさせる
その境界線っていうのが、いわゆる最低の礼儀だと思ってる
案の定、理解されない場合が多く
それで私は強いから、理解しない奴は、肉親であろうが放っておく

こういうのね、最終的にnyanmyupurinさんの心と体の負担になるのよ
だからそれが心配なんだ
妹さんともめろと言ってるわけではなくね

とにかくお疲れ様でした!
Commented by nyanmyupurin at 2010-07-07 18:30
>junkoさん
心配してくださってありがとうございます。junkoさんの仰ること、よ〜く分かります。私の場合も彼女たち(妹と母)には「私に今までも問題が起こる度に簡単に頼むけれど、私は自分の事を犠牲にしてやっていることだけは分かっていてくれ。」と言ってあります。だけどもピンとこないみたいです。私が長女だから様々な事を当たり前と思っているババりんは、妹の事も家族なのだからサポートしていくのが当たり前という考えです。鬱病なんだから仕方ないじゃんと。妹も困ったときは頼りにならないババりんではなく、姉である私に頼るのが当然と思っていますから。おまけに自分は子育てで大変で、私にはその大変さが分からないだろうという言い方です(笑)。いや、私は働いているでしょう?と言っても、その言葉は耳に入らないようですね。
そしてjunkoさんが書いてくれたように、逆の立場になったら、妹もババりんも私を助けないでしょう。彼女達は私を羨ましがるけれど、では私のように我慢の人生を歩めるのか?と聞いたことがありますが、それは絶対に嫌だと言っていましたから(苦笑)。彼女達は奪う人生しか歩めない人達なんですよ。与えることは苦痛のようです。
続く→
Commented by nyanmyupurin at 2010-07-07 18:31
>junkoさん
→続き
こうなるには我が家の忌々しい過去があり、もちろん妹はその犠牲者でもあると思いますが、同じ家に育っても心持ちが違うと、こうも違ってくるものですね。そうさせた要因の一部であるババりんは、自覚がないし。問題を全て周りのせいにして自己を見つめることが出来ない可哀想な人達です。
私は、この忌々しい厄を姪っ子に引き継がせたくないと思っていることは確かで、そのために自分の事は後回しにして我慢も出来るだけしてしまうのだと思います。チビっ子は、体験しなくていい辛い2年間を送ってきての今の生活なので。
私が21の時から妹達を扶養する生活が始まり、途中6年間だけ別々に暮らしていましたが(生活費のサポートはしていました)、そこからまた10年以上扶養生活です。おそらくjunkoさんが思っているほど私は弱くないと思いますよ。親戚など身内が全くいない地で、長年生活してきたことが私を強くしてくれました。ただ時々愚痴も出てしまいますけれど(苦笑)。
Commented by nyanmyupurin at 2010-07-07 18:32
>junkoさん
→続き
でも、こうしてブログにちょこっと書くことだけでもストレス軽減になります^^。だいたいは酒を飲んで食べるとストレス半減で、あとは走ったり泳いだりと趣味のトレーニングが出来ると大丈夫なんですが。
チビっ子がくると走りにも泳ぎにも行けませんし、睡眠時間が無くなるので今回は上手くストレスを解消出来なかったようです^^;。
愚痴っぽい記事になってしまい、ごめんなさい。
そして、心配してくださって本当にありがとう。
断ち切るのも強さだろうけれど(生活費の援助だけしていた6年間は、頻繁に昼夜かまわず呼び出しの電話が入り彼女たちの問題の仲裁や解決に走らされましたが精神的には比較的楽でした)、私は受け止めるのもまた強さだと思っています。
名前
URL
削除用パスワード