もものお留守番開始

今日からババりんが実家に帰省です。
2007年2月にババりんの育ての親だった一番上のお姉さん(私にとっては伯母)が、ガンで余命6ヶ月と宣告されて帰省して以来の長期不在です。
あれから、もう3年が過ぎました。腹水に溜まる水を定期的に抜くことで余命半年をここまで伸ばし、本業の農業を独りでずっとやってきた伯母ちゃん。もう80歳を超えています。
3年前は、病気(ガン)なんかに負けない!という意欲、命のきらめきを感じた伯母ちゃんも、癌と分かってから不運続きでへこんでいます。
泥棒に入られて新しい耕耘機を購入するために用意した200万を盗まれ、犬の散歩中に鎖が絡まり人指し指の断裂と不幸が続き、更に今年は背骨の骨折と続きに続いた不運に気力がすっかり無くなってしまいました。
今回、まだ骨折が治っていないけれど、どうしても稲田を作る時期に間に合わないので、全部周辺の人達や農協職員さんに手伝いに来てもらって田植え作業の第一段階をすることになり、ババりんは6人姉妹の中、ひとりだけ無職で独り身と自由の効く身なので、身の回りの世話や手伝いの人のお茶の用意などをするために山梨へ出掛けました。
ババりんは専門学校を卒業するまでのお金も、結婚する時お嫁入り道具も、初子の支度も、私の七五三の時の着物の準備も、全部この一番上の姉(私の伯母)に全てしてもらったのです。今まで、当たり前に姉からよくしてもらって、人生を過ごしてきたババりん。こんな時でしか恩を返せないので、私が手伝いに行くようにさせました。うちに居ても、一日テレビを見ていたり、本を読んだり、寝ていたりのぐうたら生活なんだから、少しは神経つかえよな!という、思いもありますが(汗)。
そんな訳で、今日の午後からババりん不在となりました。
ももは、大好きなババりんが居なくて寂しいだろうけれど、頑張ってもらいます。
まあ、もう、お留守番も慣れっこだろうし、大丈夫よね?
e0031853_17115121.jpg

というか…、こやつ、食べる事に夢中で(爆)。
ババりん不在ってことに今日の時点で、まだ気付いてなさそう(笑)。
数日後にババりんが居ないよぉーって気が付いて寂しがるかもしれないけれど。
まあ、それより美味しいものを誰よりも多く食べる事の方が関心強いかもね( ̄m ̄)。
e0031853_1712670.jpg
空っぽになったお茶碗の前で、もっとご飯プリーズのももたん(汗)。




★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ませんでした。
貯金開始です。とは言え、昨日出たのは3cm一個だけなので、ウンチくん貯金はかなり溜まってきています。
しっこは通常の大きさのしっこ玉2個、通常より小さめのしっこ玉1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝:INNOVAウエイトマネジメント15g
  YARRAHキャットディナーチキン20g、サーモンオイル
昼:FISH4CAT Finest Samon Musse25g
夜:手作りご飯

今日の手作り食
夜:レンコン、小松菜、しめじ、無薬飼育鶏(生)、錦爽鶏レバー(ボイル)、鶏ガラスープ、ナチュラルカルシウム、ケイズマイスター

e0031853_17122323.jpg朝はドライフードとサーモンオイル入りの猫缶です。お昼はサーモンのパウチを食べてもらいました。夜は博多鶏の丸ごとすり身とレバーの組み合わせで、苦手な鶏ガラスープえお食べてもらいました。好物のレバー入りだったので食べやすかったらしく綺麗に完食です。
手作り食練習組は、レンコン、小松菜、しめじ、ささみ・錦爽鶏レバー(ボイル)、ナチュラルカルシウム、ビール酵母に猫缶“カルカンウィスカス ビーフ&フィッシュ缶”を混ぜて用意。
ぷりんは、3分の2を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけてあげて完食です。
みゅー2号も苦手なレバー入りご飯だったけれど4分の3を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけて再度デリバリーで完食です。
ももは苦手なレバー入りご飯で苦戦。一番食べられません。4分の1程度食べて、あとはお残し。残したご飯に何度かカリカリを乗っけてあげて食べきりました。ももは、これだけでは足りなくて、ドライフードも追加で食べています。
写真は上が夜の手作りご飯。下が3匹の手作り食練習ごはん。
by nyanmyupurin | 2011-04-22 23:59 | もも | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://lovenyan.exblog.jp/tb/14661601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 日本カモシカ at 2011-04-25 09:25 x
私は、ももちゃんのフリーズする時の顔が大好きなんです(笑)。
ガンバレももちゃん♪
うちの母も癌だけど、本当に嫌になる病気です。。。

そして私、福島の子たちの事が心配なんですよ・・・。
子どもに「年20ミリシーベルト」だなんて、狂ってます。
Commented by nyanmyupurin at 2011-04-25 12:57
>日本カモシカさん
まだ、ババりんの不在で寂しがっている様子はなく、お留守番しています。昨日も、それよりご飯のことが気になっていたみたい(笑)。腹一杯に食べられれば、ほとんどOK!なももたん。一週間くらいしたら、ババりん不在に気が付くかも(爆)。

福島の子ども達の子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準の撤回のインターネット署名、今日の23時までなんです。
もし日本カモシカさんま署名されてないようでしたら、ぜひ!
**tp://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/20-4449.html
上のURL **をhtに変えてくださいm(__)m。
Commented by 日本カモシカ at 2011-04-25 14:28 x
あ、やっぱりご存知でしたね!
さっき、この署名アドレスを入れようとしたら、禁止ワードになってしまって入れられなかったんです。
ということで、署名済みです。^^
ついでに英国カモシカにも、娘の為に署名しろ、とメールしました(笑)。
Commented by nyanmyupurin at 2011-04-25 18:36
>日本カモシカさん
あ、ごめんなさい。日本カモシカさんのブログにもURL書き込んでしまった(汗)。ご存じだったんですね(^_^;)。
エロエロコメント防止に禁止ワードに“ h t t p ”を入れているので、このコメント欄にURLそのままは書き込めないんです。

あれっ?英国カモシカさんとは連絡を取り合っていらっしゃるんですね?ということは、養育費の問題とかクリアになったのですね^^。よかったー。日本に帰国する前の様子だと、タマちゃんは可愛がっても子カモシカちゃんのことは…みたいな印象だったから、下手したらもう二度と話すことすら出来ない状態なのかと思って心配だったんです。
Commented by cocomerita at 2011-04-26 18:52
そっかーー
nyanmyupurinさんちの猫達、二手に分かれてるなーといつも思ってたけど、そっか―ももはババりんさんの猫だからだね
ももっていつも一人だもんね

お世話になった方への、ささやかなご恩返し
大事なことです
伯母さんも喜んでると思うよ
病気の時こそ人のぬくもりとか思いやりが力になるもんね

ごはんくれフリーズ 笑います
あー―猫っていいわ――^^
Commented by nyanmyupurin at 2011-04-26 23:11
>cocomereitaさん
そうなんです。ももはババりんの猫なの。だから私には、全然なついてないし、いまだに抱っこも出来ないの(^_^;)。
でもって、3匹とも全然なじんでくれてなくて。
でも、これでも、ももの精一杯なんだろうけれど(笑)。
うちに来たばかりの時は、そりゃあ、もう大変でした。
みゅーちんは歯をももに折られていますし、私も2度も噛みつかれ救急にいくほど噛まれた腕が腫れ上がったりと、ここまで来るまでには時間がかかりました。

伯母ちゃん、今は不運の連続で気落ちしちゃってて。ババりんに山梨へ行かせて正解でした。今日もババりんから電話があったのですが、あの感じだと3週間から1ヶ月くらいは山梨にいてもらうようかなと。こっちへ帰って来ても、ババりん何もしないし、彼女自身もやる事が出来て張り合いがあっていいだろうしと思っています。

ももたんのお茶碗前の無言の圧力、ほんと面白いですよ。
ご飯が出てくるまで「早く気付いてよー!」と、この体勢で頑張ってますから(笑)。
Commented by hitomille at 2011-04-27 02:01
伯母さん、、た、確かに、壮絶です。。
そこまで悪いことを続くと、そりゃ落ち込まない方が無理だと思われます、、
肉体的、精神的、両方ですもんね。。
肉親がついていてくれると、大変心強いと思います。nmpさんが、行かせた、なんて、いったいどっちが母親なんでしょうね(笑)

伯母さん、少しでも元気になられるといいですね。。

ももたん、無言の圧力、、ちょっと、健気じゃないですか?(笑)
Commented by nyanmyupurin at 2011-04-28 10:44
>hitomilleさん
悪い事は続くとは言え、これって続きすぎなんじゃないかってくらい続いて、もう可哀想で。伯母ちゃんは、苦労人で、自分に厳しくて、しかも誰に対しても優しいよく出来た人なんです。長男が40代で亡くなってまして、そのお嫁さんは嫁いだ時から農家が嫌いで旦那が亡くなった時点で家を出ちゃって寄りつきもしない(私から言わせれば悪妻です。)ので、年老いた伯母は、ひとりで何でもしなくてはならない。次男や伯母の妹たちが交代で様子を見にいったり、そんな風にして長男が亡くなってからは過ごしていました。孫に広大な農地を残すために必死で頑張ってきた伯母ですが、今のところ孫も母親の影響で農業を継ぐ気は全く無し。最後の希望も薄れているなか不運続きで、ヤル気が一気に無くなってしまって。心が弱くなっているので、ババりんのような出来の悪い妹でも、傍にいるだけでも違うだろうと思って。それに、背骨の骨折が完治していないので動ける状態ではないので、世話をする人は必要ですからね^^。

ももたんの無言の圧力、そう、ちょっと健気です(笑)。
名前
URL
削除用パスワード