6匹の村

完全育児放棄に味を占めたももたん。
今夜も保護中の子猫のお相手は完全放棄でババりんの部屋の箪笥の上に逃げ込みました。
ずーーっと日中も寝ていましたが、夜になってもここで眠り、貯まった疲れを取るつもりなのでしょうか。
何時間も箪笥の上の私から見ればゴミのようなゴチャゴチャしている巣窟に紛れて寝ています。
e0031853_1614714.jpg

ももがいないリビングでは今夜もミミちゃんが皆と交じって、縦横無尽に飛び回るチビ三毛ちゃんの様子を伺っています。
e0031853_16142048.jpg

今夜も一人遊びで興奮の保護中のチビ三毛ちゃん。
あまりに動きが速すぎて、唯一ピントがぶれずに撮れた一枚がこれ(^_^;)。
我が家で一番高い場所、178cmのケージの天井に上がり君臨ポーズ!(笑)
e0031853_1614359.jpg

その後、ももが育児放棄中のためターゲットにされたのが、冬の定位置で寝ていたぷりん。
静かに寝ていたところ、堪ったもんではありません(-_-;)。
e0031853_16144970.jpg

もう1kgも満たない小さな子猫では無くなったチビ三毛ちゃん相手なので、ぷりんも容赦しません。
教育的指導で噛みついて、またまたチビ三毛ちゃん大袈裟な叫び声です。
e0031853_1615449.jpg

その声を聞いて、箪笥の上にいたももがリビングへ慌ててやって来ました。
またミミちゃんが子猫を虐めた(←これ、勘違いだけど)と思ったらしく、すぐにミミちゃんの所へ向かいました。
もう、チビ三毛ちゃんが叫べば、それは全てミミちゃんが虐めた(←虐めてないんだけど)と勘違いしているようで、ももたんミミちゃんに冤罪を着せる思い込み。
今やミミちゃんは、無実の罪に追われる逃亡者です。
e0031853_16151871.jpg

ももがじりじりと寄ってくるので「ここから出して〜、自分の部屋に戻るーー!」とドアの前でミミちゃん部屋となった納戸部屋方向を覗き込むミミちゃん。
ももが飛び掛かって来る前に、ドアを開けてミミちゃんを逃がしてあげました。
e0031853_16153435.jpg

すっかりミミちゃんを威かして襲うことに使命感を感じてしまっているももたん。
ミミちゃんの後を追うためにドアを開けろと催促です。
んもうーーー、どうして分からないの?ももたん?
ミミちゃんは悪く無いんだよ?子猫を虐めてなんていなかったんだよ?
それはねー、子猫のチビ三毛ちゃんがはめた罠なんだってば。
この狭いリビングで起こっている猫模様は、まるで人間界の縮図を見ているようで、私には“If the world were a village of 100 people”=「100人の村」を連想させる小さな、そしてある意味大きな事件です。
e0031853_16154655.jpg




★今日のにゃん★
ウンチくん出ました。
強制的に揉み出しで出しました。出せたウンチは1cm×1個、3cm×1個、4cm×3個、7cm×1個。
しっこは通常の大きさのしっこ玉2個。

★今日のごはん(にゃん)
朝:INNOVA CATローファット14g
昼:なし
夜:手作りご飯(4分の1残す)

今日の手作り食
夜:人参、ズッキーニ、しめじ、錦爽鶏ささみ(ボイル)、鮭の白子(網焼き)、鰹の生利節、ホタテスープ、ビール酵母、ナチュラルカルシウム、ケイズマイスター、カボチャペースト(かぼちゃフレーク、錦爽鶏ささみ(ボイル)、煮汁)

e0031853_16161990.jpg朝はドライフードのみ。サーモンオイル入りの猫缶は拒否されました。お昼は、ウンチくんの揉み出しをする予定だったので無しにしました。夜は、今夜もにゃんの好物の鮭の白子入りご飯にしたけれど、カボチャペーストを多目に盛りつけたので全部食べられなかったようで4分の1をお残しです。
手作り食練習組の夜ご飯は人参、ズッキーニ、しめじ、錦爽鶏胸肉(ボイル)、ビール酵母、ナチュラルカルシウム、カボチャペースト(かぼちゃフレーク、錦爽鶏ささみ(ボイル)、煮汁)に猫缶“カルカンウィスカス ビーフ&フィッシュ缶”を混ぜて用意。
ぷりんのみ猫缶はなしで完全手作りご飯で用意。昨夜に続き、ぷりんだけ好物の白子入りで用意しました。猫缶なしでも半分は一気食い。残したご飯にカリカリを乗っけて今夜も完食です。
みゅー2号は、半分を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけて再度デリバリーで、ほぼ完食です。
ももは3分の1を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけてあげて完食です。
写真は上が夜の手作りご飯。写真下は3匹の手作り食練習ごはん。

e0031853_16163319.jpg保護中の子猫用の夜ご飯は、人参、ズッキーニ、しめじ、錦爽鶏ささみ(ボイル)、鰹粉、ビール酵母、ナチュラルカルシウム、ケイズマイスター、カボチャペースト(かぼちゃフレーク、錦爽鶏ささみ(ボイル)、煮汁)で用意しました。今夜は苦手な素材が入っていなかったらしく、綺麗に完食です。これだけでは今夜も足りなくて、このあとドライフードも少し食べています。


by nyanmyupurin | 2011-11-19 23:59 | 猫族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lovenyan.exblog.jp/tb/16905633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaezzz at 2011-11-21 21:50
本当にそうですね〜家猫ちゃん達は、ある意味ニンゲン化して
まるで人間界の縮図の様な関係性や感情の営みを見せてくれますね。
ももたんがミミちゃんを襲うのも、善かれと思っての行動だけど
本質には気がつかず意に反して怒られちゃったりする訳で
本人に取っては心外きわまりない事ですものね(笑)
でもね、ニャンズは猫語で会話が出来ないのかしら?って思うんですよ。
ニンゲンに対しては感情丸出しの表現をしてくれて
コミュニケーションが取れるようになっているのだから
ニャンズ同士でも当然お話ができるはず?だと思うんですよね。
と言う事は、チビちゃんが叫ぶ時に誰にやられた〜って叫べば
チビちゃんを虐めた相手が確実に判明してるはずなのに
ももたんは何故ミミちゃんだけを標的にしてしまうんでしょう?
ニャンズも人と暮らす事で感情を育て、伝える術を学ぶ為に
進化しているって事なのかしらね〜恐るべしニャンザワールド!!

Commented by hitomille at 2011-11-21 23:58
ああ、、思わず、ミミちゃんの元にいって抱きしめてあげたい気分に駆られてしまいました。

なんだか、いつも思うんですけどー 本人には何も罪がないのに、「こういう目に合う」(状況はそれぞれなんだけど)子は、なぜいつもこういう目にあっちゃうのか、、例えば、人間でもそうなんですけどー 縁のないもの、とあるものは、ずっとついて回るような気がして、、なぜ?この子ばかり、とか、本当にそれは、いつも思います。
こういうのって、カルマっていうものが関係しているのかもしれないけれど、、
なんか考えさせられますねー
Commented by nyanmyupurin at 2011-11-22 15:20
>kaezzzさん
そうなの、問題は、ももがよかれと思ってミミちゃんを襲ってしまっていることなんですよね。勘違いしたままだから、ミミちゃんを虐めているという意識は全く無くて、子猫を守っているつもりなので(^_^;)。だから私やババりんから「虐めちゃダメでしょっ!」と言われる事が納得できない訳で。
猫語でお話し出来るのだろうけど、ミミちゃんは言い訳のように聞こえるだろうと悟っているようですし、チビ三毛ちゃんは“してやったり♪”みたいなところがあって、ももがミミちゃんを襲えば襲うほど“ふふふ〜ん♪”と機嫌がいいの(T_T)。きっと、ぷりんに噛まれて叫んだ時も、ただ痛いーー!とか助けてーーー!とかしか言っていないんだろうなと思います。箪笥の上で声だけ聞いているももに対して、ウソは言ってないけど誤解を招く絶妙な叫びにたまたまなっているんじゃないかな。そういう偶然も含めてタイミングの悪い時には重なる、人間界と同じことが起こっていることに驚くし、不思議でなりません。
Commented by nyanmyupurin at 2011-11-22 15:28
>hitomilleさん
あまりにも不憫な立場で、なんて慰めてあげたらいいのか分からないくらい試練続きのミミちゃんです。
タイミングの悪い女の私の元へ一時預かりとはいえ、来たことが招いた不運か?と思ったりしてます(汗)。
そう、なぜか貧乏くじを引いてしまう人っていますよね。(まあ、それって私のようなタイプですが。苦笑)私の傍に来たことで、影響しちゃったかな(滝汗)。でも、そういう不利な立場に陥れられることも、何度もそんな目に遭っていると、そこで僻んで落ち込んで行く人と、何糞っ!と頑張れる人がいて、私は諦めない性格なので立ち上がっていけるんだけど、それがミミちゃんにも影響してくれるといいなって。僻まずに諦めずに進むことで、必ず時間はかかっても道は開けるので、ミミちゃんにも克服してもらって、うちにいる間に(子猫やももに)もまれる事でもっと強い性格になってもらいたいです。
名前
URL
削除用パスワード