11月の浣腸

毎日頑張って踏ん張るにゃんの姿を見て、これまた毎日ババりんから早く病院へ連れて行かないと可哀想だと言われ続け、今日浣腸をしてもらうことにしたのですが…。
病院2へ電話すると担当の先生、今日も明日も連休でお休みだというのです。仕方なく病院1へ連れて行きました。これがそもそも間違ったチョイスだったのかも。
浣腸をお願いしてにゃんを病院へ預け、同居人は納品へ行ってその帰りにまた病院へ寄ったら、にゃんがいつもの様子と違ってすごく元気がない。いつも病院へ行くと確かに元気はなくなるけれど、今日のは力が全く残っていないといった感じで一気に老け込んだように見えた。
「あれ?」って思った。でもお会計の時、その謎が判明。私は浣腸をお願いしたのに、お腹に入っていたうんちが触診でかなり太いものだったから掻き出しをしたというのだ。だから、急に老け込んだように感じたんだ。
「摘便したんですね…。」と一言いってから思わず絶句。その次の言葉が出てこなかった。確かにそうしなければ出なかったのかもしれない。でも自力で最初から出させずに摘便したんだと思ったら、今度は自分自身が力が抜けて来てしまった。納品は後回しにして、付いているべきだったと激しく後悔。
おまけに、「性格がいい猫ちゃんだから、掻き出しも嫌がらないで大人しくしているから問題なくできました。」と言われた。性格がいいとか大人しいとかではなくて、我慢しているだけなのに。どうして、いつも病院1の先生って、そういう解釈しちゃうのだろう。
帰り道、何度もにゃんに謝りながら戻ったけれど、にゃんは力無くキャリーに入ったまま。
家に戻ると、すぐにトイレに入って超軟便を少し出した。お尻を見たら汚れたままなので、ペット用ウエットシートできれいに拭いてあげていても全く抵抗無し。なされるがまま。自分で毛繕いもしないほどぐったり。肛門の周りが赤くなってて、摘便が辛かったあとが見て取れ涙が出てきた。
その後はずっと同じ場所で箱座りしていました。
病院へ連れていったことを怒っているみたいで、目も合わせてくれないし、体を撫でてもゴロゴロも言わない。
e0031853_12521554.jpg
★今日の診療
診察料‥‥‥‥‥‥‥‥840円
処置料‥‥‥‥‥‥‥3,150円

合計3,990円



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん病院にて浣腸してもらいました。
今日も朝とお昼頃、それぞれ何回も何回も頑張ったけど自力ではダメで嘔吐が酷かったので病院へ。
おしっこは、通常の大きさのしっこ玉の大きさ1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :ヒルズ サイエンスダイエット ライト 20g(全部吐いてしまう)
昼  :なし
夜  :なし


e0031853_12531836.jpg今日は、浣腸後調子がよくないのでご飯も要らないと拒否され水のみ少し飲む。
手作り食練習組は昼間、ダチョウ肉と猫缶でぷりんとももは食べていたので夜ご飯はあまりお腹に入らなかった様子。
夜は、ぷりんとももには茹でブロッコリー、キャベツ、鶏ささみ(ボイル)、猫缶“モンプチ 白身魚のテリーヌ仕立て まぐろ入り”で用意。ぷりんは3分の1で終了。ももは器の前で固まって食べようとしません。結局みゅー2号が残した方のご飯を食べました。
みゅー2号には茹でブロッコリー、キャベツ、鶏ささみ(ボイル)、猫缶“カルカンデリカスタイル まぐろとささみいりこ入り”で用意。みゅーちんは今日は半分を食べました。残りはももたんのお腹の中へ。
写真は手作り食練習ごはん(夜)。
by nyanmyupurin | 2006-11-20 23:51 | にゃん | Comments(17)
Commented by Tomoco at 2006-11-21 14:10 x
nyanmyupurinさん自身を責めないでくださいね。
心無い病院の対応、、というか、人間の言葉を話すことが出来ない動物には、それが当然だと思っているのでしょうね。
どうして、もっと心の通った対応ができなかったのか?また、連絡もせずそんなことをしたのか疑問に思います。
にゃんちんも今はショックが大きいのだと思いますが、時間が経てばいつものにゃんちんに戻ってくれますよ、、、きっと。。
こんな言葉しかかけれなくてごめんなさい。。。
Commented by cyaizou at 2006-11-21 14:12
掻き出されるのはダメージありますよね…。うちのういろうも前の病院のあの治療が本当につらかったんだと思います。
じっと我慢してしまう子だから余計に…。8月の時は頭も上げられなくなってしまいました。
にゃんちん…辛かったんだね…。
うんうん。でも、nyanmyupurinさんはにゃんちんの事を本当に大事に思ってるんだよ。怒らないであげてね。
病院もね…わがままだけど…お休みはあまりしないで欲しいのです。だって病院なんだもの…。担当医がいなくても同じレベルの治療が受けられるといいんですけど…。なかなかねぇ…。
本当にマッサージを覚えてにゃんちんに施してあげたいです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-21 14:33
>tomocoさん
今日、まだぐったりして、全く力が入らない状況です。朝起きたら、まだ昨日帰ったときからいるソファーの毛布が置いてあるところに居てご飯の催促もなくて。缶詰をあれこれ開けたりカリカリも今手元にあるものを品を代え持っていっても口にせず。
病院へ行く前より、全然元気がなくて別猫になってしまいました。
水曜まで待って病院2へ連れて行くべきだったかもしれません(涙)。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-21 14:41
>cyaizoさん
掻き出しすると、猫にとってはものすごい体力消耗で、ひどい場合は1週間も元気が戻らない子もいるとかネットで検索して知識はあったので、本当にショックでした。私が思うに、にゃんは太いウンチでも浣腸で出てくれたと思うんです。というのも、cyaizoさんなら分かると思うけど、家でもかなり太いウンチを出しているから。ういろうちゃんも人間の様な立派なウンチくん出すから分かると思うけど。出口の最初に詰まってるちょっとが出てくれれば、あとはほとんどの場合スルスル出てくれますものね。
とても辛い治療だった様で、今もボケちゃったんではないかしら?って思うほどボーっとしてて、水のようなウンチを時折、垂れ流してくれてます。朝から、カーペットやら毛布やら洗濯して、部屋中ウンチ臭いし、自分も形のないウンチをもう素手で触って掃除してます。2回、お風呂でお尻だけシャンプーしてきれいにしたんだけど、毛が乾いた頃には軟便でまた汚れての繰り返しで、今はあきらめてウエットティッシュで拭いていますが、それでは毛に付いたウンチが取りきれず臭いまま。ご飯も食べないし、どうしようって思っています。
Commented by cyaizou at 2006-11-21 15:12
本当に体力にかなりくるみたいです。ういろうも本当に大人しい子なんですが、あの治療のときはうぉぉぉ~~んって鳴いていました。でも抵抗しない…。そのあとはボケたのでは?と思うほどになってました。水の前で飲むのか飲まないのかず~~っとぼ~っとしてたり…。8月の時以外は丸1日くらいで回復していましたので、多分大丈夫だとは思うけど…。本当に心配ですよね。
本当に最初のひっかかっている部分がうまく出たら、後は実は結構簡単に出るんですよね。中まで堅くなければ…。にゃんちんのは柔らかいから、今の私の先生ならもみもみって搾り出してしまうと思います。
525円でもみもみ~ってでっかいうんちを出してくれるので、近ければ是非家の先生のところにって言うのですが……(汗)
今の獣医さんに出会うまではあの治療が仕方なくて必要なものなんだと思い込んでいました。
家の先生はういろうの今の状態に関しては積極的治療は結局気休めでしかないので、出ている症状に対してなんらかの対処療法で本猫が楽なようにしてあげるって姿勢なのがちょっと不満もあるんですが…(汗)。
なかなか…いいお医者さんって難しいですよね。む~~~~。
Commented by at 2006-11-21 15:26 x
その医者、話を聞いているだけでむかつく。
自分がされたらぎゃーぎゃー言うんだろうに。
”生き物”って事がだんだん希薄になっていくのかね?
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-21 15:54
>cyaizoさん
ういろうちゃんも、あの治療のあと食欲不振になりましたよね?にゃんは、どのくらいで食べ出してくれるかと、ハラハラです。今日も何も食べなかったら、丸二日、ご飯を食べないことになるので…。明日も食べないようだったら点滴をした方がいいかもと思っています。
明日なら病院2の先生が出勤されているはずなので、病院2へ連れていけます。もう、今さら遅いかもですが、また病院1へ車を走らせたら、にゃんが更にショックを受けそうだから…。
幸いなことに、ウンチで汚れた洗濯ものが曇り空から少し晴れ間が出てきて乾いてきているのが、せめてもの救い。
今cyaizoさんが通われている先生みたいなテクニックを持った先生がもっといっぱいいたらいいのになぁと、ほんと思います。一つの市に一人の割合で居てくれたいいのに。
治療に専念のタイプの先生だと、私が行っている病院1のようになりがちだから、今cyaizoさんとういろうちゃんが行っている病院の先生の方針も、アリかなと私は思います。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-21 16:02
>ぽ おじさん
ここの院長は、若い獣医の見立てをいつもたてるんですよ。昨日もたまたま担当になってしまったのが、以前カテーテル挿入失敗した若い獣医さんだったから。院長が先月やってくれた浣腸では、浣腸後本当にすぐするする〜っとウンチが出てくれてました。今回も浣腸で出てくれると予想していたんです。自分で触った感覚では詰まり具合が先月と比べてまだ少しよかったから。予想だけど若い先生が「掻き出ししないと、これ難しくないですか」くらいのこと言ったんじゃないかなと思ってしまいました。だって、私は浣腸をお願いしますってにゃんを預けたのに…。
「大人しい=我慢している」という方程式は、きっとね、思いつかないのだと思います。そういう猫ちゃんと暮らした経験がないと、これって獣医さんでも分からないことだと思うから。
Commented by Ganbaruneko at 2006-11-21 17:23
にゃんちん、かわいそう・・・。
今すぐ命に関わる問題ならばまだしも、浣腸だとお願いしているのだから、了解を得るくらいの配慮が欲しかったですよね。今はただ疲れ果てただけで元気がなくなってるのなら良いのだけど、にゃんちんだけに心が心配です。ところで掻き出しと摘便と言うのは一緒なのですね?腎不全仲間の猫さんは若いときからずっと便秘で飼い主さんがいつも摘便してあげてるそうなんですがぐったりしたと言うのを聞いたことがなかったので、前々からnmpさんに教えてあげたいって思っていたんですが、かなり体力を使うものだったのですね。ウンチが出にくいのはにゃんちんが悪い訳じゃないのに。にゃんちんの気持ちを聞いて癒してあげたいですよね。獣医さんは飼い主である私たちよりももっともっと動物の心を大切にすることを知っていて欲しいです。ああ本当にムカつきます!にゃんちん、早く元気出して欲しい。元気ないのがグルグル循環しないようにnmpさんも元気出してくださいね。にゃんちんと一緒に特別のおいしいご馳走かなにかを食べて♪
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-21 22:31
>Ganabarunekoさん
いま、やっとにゃんちんご飯を食べてくれました。何缶も開けてしまって、ぷりんとももは大喜びだったけど(笑)。量は少ないけど食べてくれて、ほっとしました。おしっこも今日はお昼ごろと、今、食後に出してくれて。
あちこちウンチで汚しちゃったから、昼間の間に洗濯して、乾いたものからまたセットしてってやっていたんだけど、足りないのでクッションと毛布を新たに購入してきました。今は、新しいきれいな毛布の上で寝ています。他3匹も、公平に新しいクッションを購入して取替えしたら、さっそく使ってくれてます。
やっぱり、この病院1へは、今回のことで不信感がいっぱいなので、もう行くのを完全にやめようと思っています。また別の病院を探さないとと思っています。病院2の担当医がいないときのために。
にゃんのお尻のまわり、10センチくらい地肌があらわになてて腫れているような感じなんですよ。ヒリヒリと痛そうで。で、肛門がうっすら赤いの。よっぽど、無理やりに指を押し入れたんだと思われます。さすがにこの様子を一日経った今日、ババりんが見て驚いていました。昨日はもっとすごかったんです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-21 22:37
>Ganbarunekoさん
→つづき
洗うにも、滲みて痛そうで、何度も「ごめんね」と誤りながら洗ったのですが洗うたびに赤みが増して痛々しいお尻に涙が出て仕方なかったです。
私も昨日はプチパニック入っていたんですが、ご飯を食べてくれたので、あとはそっと快復を待ちます。
まだ、フラフラと力なく歩いていますが、昨日はジャンプできなかったキャットベッドの置いてある椅子の上へも行ける様になったので、病院へは連れていかず家でそっと過ごさせてあげるつもりです。
Commented by TAMI at 2006-11-21 23:41 x
読むほどに病院1の獣医を殺してやりたくなります。
それか、押さえつけておまえの便をくまでで掻き出してやるっ!!って感じです。
医療行為の前に、飼い主や動物の気持ちを考えることからスタートするべきなんじゃないんですかね?(怒)
にゃんちんとnyanmyupurinさんの心の痛みを思うと、胸が痛くてたまりません。
でもnyanmyupurinさんのせいではないですからね。
嘔吐があったということはかなり気持ちが悪かったはずだから、水曜まで待つとにゃんちんは辛かったかもしれないし。
にゃんちんはちゃんとnyanmyupurinさんの気持ちをわかってくれていると思います。ただ、自分のことを理解しようとせず、摘便をした獣医にショックを受けているんだと思います。
今日は少しでもごはんを食べてくれたとのこと。ホッとしました。
少しずつでいいから、元気なにゃんちんになって欲しいです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 06:06
>TAMIさん
いま、朝ごはんも少しだけ缶詰を食べました。カリカリはどれも食べたくないようで口にしないので、朝から缶詰を幾つか開けて食べてもらえるものを食べてもらいました。10gほどしか食べなかったけど、あのお水嫌いなにゃんがお水は飲んでいたので、またお昼ごろ缶詰をおすすめしてみるつもりです。お尻がまだ少し汚れているので、自分自身でも気になるようで丸くなっては寝られないみたいで、箱座りのような格好でずっと休んでします。今日、様子を見てもう一度きれいに洗ってあげないとと思っています。院長が直接見てくれる病院を、本当に探さないといけません。病院2では、担当医でないと経過をまったく把握していない状態だから、お休みの時に具合が悪くなったら通院できないから。土地柄なのか、犬のことに詳しい獣医師が多いみたいで猫のことがわかる先生が少ないようです。病院2でも、猫に強いのは2人の先生だけだと話を聞いています。その一人が担当医なのですが、雇われの先生ではお休みがあるし、ここぞという時当てにならないです。田舎だと、動物病院もそう多くはないし昔ながらの病院では設備の面で不安もあるしで選択は難しですが、早めに探さなくては・・。
Commented by 日本カモシカ at 2006-11-22 07:19 x
食欲が出てきたようでホッとしました。
最初に記事だけ読んだ時は本当に腹が立って・・・。
掻き出し後、軟便が続いていたのなら喉も渇いているだろうね、にゃんちん。
可哀想に(涙)。
病院1、私でも行くのやめると思います。
獣医さんって、動物が好きで獣医になってる人が多いのかなぁ、と思うんですが、動物の身になって考えられない獣医さんも多いのかもしれないですね。。。
その若造獣医、たぶんテキストブック通りの治療をする頭の固い人で、臨機応変に対応できないのかなぁ。
これが人間相手だったら、少しでも痛みや負担の少ない治療法を選ぶだろうに・・・!!

お尻はまだヒリヒリしてますか?
気持ち悪いかも知れないけど、炎症がある時に何度も洗ってしまうと刺激が強すぎるかも。。。
私のアトピーの炎症が強いとき、清潔にしようと洗いすぎて悪化させてしまったことがあるんです。
でも、にゃんちんは場所が場所だけに、炎症部分から菌が入っちゃったらもっと大変だし。。。 
化膿止めとか出してくれれば良かったのに、病院1!!(怒)
別の病院が早く見つかることを願ってます。
自分を責めないでくださいね。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 10:28
>日本カモシカさん
病院2の初診になってしまう先生でも、病院2へ連れて行くべきだったのかもと後悔もしましたが、やはり初対面の先生にお任せするのは自分が嫌で出来ませんでした。一度でもにゃんのことを見たことがあれば別ですが、病院2は完璧な個室診療で他の獣医師の顔も見ることができないので。一番いいのは、にゃんを保護した時から若いときに病気をしたときまでずっと看てくださった先生がどこに行ったのか探すことだと思っています。市内の病院へ移っているなら、一番にゃんの性格も病気の経緯も分かっている訳だから、その先生に看てもらえたら安心です。でも、まったく音沙汰なく移動されてて、同じ病院へ行っていた近所の猫友さんも通院先を変えたって言っていたし噂が聞けないのですよね。
実は8時半頃、お尻を洗ってしまいました。軟便をトイレでですが、また出して汚れてしまったので。今日は何回も説明してドライヤーをかけさせてもらいました。タオルドライだけでは乾きが遅いから、傷がよけいに治りにくいからって。元気な時は力一杯嫌がるドライヤーも、しぶしぶ我慢してくれて80%は乾いた状態にできました。
Commented by nekoboci at 2006-11-23 16:41 x
後悔しても、後悔してもすんでしまった事はどうにもなりませんよね。
nyanmyupurinさんもご自分を責めないで下さいね。
これを読んだときには悲しさと腹立たしさで、直ぐにコメントを書くことが出来ませんでした。
にゃんちゃんのこと考えると何もしてあげられないことがもどかしくて
きっとnyanmyupurinさんも、もどかしさを一番感じていらっしゃるんではないかと思います。
人間と違い物言わぬ猫さんだからこそ、病院側も慎重に考えて処置をしてもらいたいものです。
傷心のにゃんちゃんを元気づけるのは並大抵のことではないでしょうが
少しずつでも心と身体が快復するように、祈っています。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 19:09
>nekobociさん
今日は、朝ご飯にお粥缶をほぼ2缶食べてくれました。お昼にもダチョウ肉とカルカンを混ぜたものを少し食べてくれて、あとはずっと眠っています。今もキャットベッドに入り、他3匹が走ったりイタズラしたりしている中、ひとりで休んでいます。
少しずつご飯を食べられるようになってきて、もうちょっとかな。まだ、あれほど執着していたカリカリが食べられないみたいなのですが。でも、これを機に猫缶と手作りご飯のみの生活にさせるのもいいかもと思っています。そうすれば、必然的に水分摂取量が今までより1回分増えるから。あとは私が朝、そのご飯の用意が出来るかって事ですが(笑)。
名前
URL
削除用パスワード