ハッピートイズプロジェクト最終編

e0031853_5361966.jpg
フェリシモのハッピートイズなんですが、あと2体を作ってから発送しようと、先に作った猫ちゃん2体はまだ手元にありました。子供達への寄贈の締め切りが12月25日だったので、23日は仕事を終えてから型紙をうつして布の裁断して…。本当は23日は丸々休みのはずだったのだけど、急な仕事が入ってしまい終日バタバタ。でもって、そんな状況なのに同時に2体の猫ぐるみを作り始めようとしていた為に裁断だけで23日は翌朝(24日)4時頃になってしまった。どんな風に布を取るかで猫の雰囲気が左右されるので、実はここが一番難しかったりする。年末で仕事も忙しく此処のところ睡眠不足だったためにブログの更新も断念で23日というか24日の朝は型紙をとったあとは倒れ込むように爆睡してしまいました。(なので今日25日にまとめて記事アップとコメントのお返事をさせてもらいました。)
24日は朝からケーキ屋さん巡り。お客様にケーキ屋さんが多い事から、恒例のケーキ購入後、(食べきれないので)子供の居る友人宅へサンタのおばちゃんとなってケーキ配り。お客さんのお店(ケーキ屋さん)から友人宅を車で行ったり来たりで午前中が終わり帰宅したらばもう1時近い。これじゃぁ、間に合わない〜!と焦りまくり、足踏みミシンをガチャガチャ踏んで2体一気に作るぞ〜!と意気込んでみたものの、その時の今日(24日)の発送には間に合いそうもない。
我が家の猫達にかまう暇もなく熱中して猫ぐるみを作っていたけど、段々と部屋が暗くなり焦るばかり。日曜日なので、ゆうパックで送るとしたら夜の9時に西郵便局へ持っていかないと夜便が出てしまう。そうするとタイムリミット8時半。でも、もう今は9時を回っている。などと焦りまくって、実際には締め切りに間に合うはずもない現実逃避のためフェリシモのハッピートイズ通信のページをもう一度覗いてみた。
「締め切り12月25日必着だったよね…。」と諦め悪く再確認です。
そうしたら、あれ?私ボケたの?なんか2007年3月23日(金)ってなっている。
よくよく、記事を見たらば、今回の猫ぐるみのハッピートイズが好評のため『一年中とまではいきませんが、みなさまのご要望などにより、今年度は製作キットをウェブ限定で再販させていただいております。また、子どもたちへの寄贈についても、2007年3月23日(金)当日必着まで延長して受け付けをさせていただいております。』と受け付け延長となっている。
『えぇ〜〜〜!!』
焦りまくっていた私は何だったの?ブログの更新もお風呂も我慢して制作に熱中していた私は、一体…。
と言う訳で、猫飼いの皆様で世界中の子供達へ自分の作った猫ぐるみをプレゼントしたいと思われる方、今なら数量限定でキットもネットで販売をしているそうです。来年の3月25日までに着けばプロジェクトへ参加できます。ならば私も!と思われる方は、急いで編みぐるみか、私の作ったパッチワークぐるみかを選んで参加してくださいね。「ハッピーねこちゃん」は、くれぐれも限定販売みたいなのでお早めに!
NEWS & トピックのフェリシモセレクトショップdico.から申し込めます。
※メニューの所へもバナーを貼っておきましたので、そこから「ハッピートイズプロジェクトへ飛べます。
と、そんなこんなで、かなり大慌てで作ったために、一体はちょっと顔がゆがんでしまったり、体に詰めた綿が少なかったりと出来映えはイマイチな感じですが、なんとか24日深夜(25日朝3時半)に、やっと出来上がりました。

こちらは、親びん「ぷりん」をイメージして作りました。我が家で一番のイケメンさんのぷりんくん。ちょっぴりお洒落さんになるようにしました。本物のぷりんに近づけるのなら茶系の色目なんだけども、水色の目のぷりんは、ちょっぴりお洒落な雰囲気もあるかなぁなんて思って。型紙では男の子はシルクハットなのですが、まだまだ甘えん坊さんなので、とんがり帽子にしてみました。この方がかわいい感じかなって思って。使った布は私のダンガリーシャツ、ヒッコリー柄のブラウス、カーテンを作った時に余った生成のリネンの生地。そして高校生の時に初めて東京へ行った時に買った文化屋雑貨店のトランクス。(思えば、この頃からすでにキッチュなものが好きだったなぁ。)この頃はよ〜く、男物のトランクスをショートパンツにして履いていたものです。ウン十年前のことで懐かしい…。その思い出の布をアクセントの耳とお尻に使いました。ぷりんっぽい仕上がりになったなぁと自己満足しています(汗)。
e0031853_536511.jpg


そして、こちらは子分「もも」をイメージして作りました。ももは白黒猫だけど、白は汚れが目立つし黒い布は持っていないので、もものまだら柄っぽさが出ればいいかと思い、ダンガリーシャツ、ヒッコリー柄のブラウスをベースに、にゃんとみゅー2号の時に使った端切れ生地だけで作りました。顔は得意のフリーズ顔(笑)。
こちらも、まだまだお子ちゃまなので、頭にかぶるはずのシルクハットはとんがり帽子にしました。ももたんらしくなったでしょうか?
e0031853_538872.jpg


フェリシモのWEBに受付延期の内容が掲載されていたように25日(今日)到着でなくてもいいか、今日になって念のため再確認したところ、最初の参加キット購入者である私の場合は、やはり25日が締め切りだったようですが受け付けてくれるそうです。でも、「一日でも早く送ってください。」という事でしたので、本日世界の子供達へ向けて、我が家の4匹をイメージした4体も旅立ちます!
名前は、にゃん似の男の子は、猫ノ宝(旧#猫屋敷計画)のりゅうさんが付けてくれた『Mr.マジック』に命名しました。
みゅー2号のつもりで作ったの女の子は『不思議ちゃん』
ぷりんのつもりで作ったの男の子は『元気くん』
もものつもりで作ったの男の子は『わんぱくくん』とそれぞれ命名して、今日の夜、24時間窓口のゆうパックで送り出しました。
災害被災地や難民施設、養護施設などで暮らす世界の子供達が、この猫ぐるみで少しでもあったかな気持で過ごせる時間が持てますように心を込めて…。顔も名前も知らない子供達への、私からのプレゼントです。
e0031853_5435770.jpg
最後に全員で記念撮影。全員一緒は、これが最後。バラバラになるのは、ちょっぴり寂しいけど、大切なお役目をしっかり果たしてきてね。
(梱包するとき、うるってきちゃった。縫いぐるみなのに既に情がでちゃって(笑)。)
by nyanmyupurin | 2006-12-25 23:59 | エコ猫便り | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://lovenyan.exblog.jp/tb/4796129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from がんばる猫 at 2007-01-21 11:55
タイトル : 今日の治療と食事~HappyToysProject
07年1月20日(土) 大寒 1月ももう半分を過ぎちゃって・・・ いつから時が過ぎるのがこんなに早くなったのか。 みーちゃんのベッドを占拠したしおん。でも怒らないみーちゃん、いい子ね♪ 今日はしおんとの公園散歩行こうと思ってたけれども 天気は悪い上に午後から雨がチラつき断念。 しーくん、楽しみにしてたのに、明日は晴れるといいね。 夕方から、nyanmyupurinさんが参加されてて知った フェリシモの「HappyToysProject」。 詳しいことはリンク先から見てもら...... more
Commented by Ganbaruneko at 2006-12-26 17:15
みんなそれぞれの個性が伝わってきていい感じです~♪
どこか遠くでこの子達が誰かの心の支えになってくれたりしたら
嬉しいですね♪
追加販売のこと教えていただいてありがとうです。
私もポチってしちゃいました♪
Commented by nyanmyupurin at 2006-12-27 01:40
>Ganbarunekoさん
世界のどこかで、この子達のことを喜んでそばに置いてもくいれる子供がいたらって想像したらとっても嬉しいです。
よかった~。購入できました?昨日記事アップしてから、何度も気になってフェリシモと「がんばる猫」さんを行ったり来たりしてたんです。その間に一度数時間に渡り早くも売り切れになってしまったので「あ~、遅かったか!」と思ったのですが、その後、また追加販売になってたの。で、この記事になかなかGanbarunekoさんが気付いていない様子でしたので、メールしようか仕事中悩みに悩んでいたんです。また売り切れになったらどうしようって不安で(笑)。でも、ポチっとできたんですねー。よかった。どんな猫ちゃんを作りだすのか楽しみにしています。器用なGanbarunekoさんだから期待してまーす!一緒に、トイズを子供達へプレゼントするこのプロジェクト参加しましょう♪
Commented by りゅう at 2006-12-27 13:56 x
私もうるっときてしまった。シゴト中なのに。
バラバラになってもマジックでつながってるから平気だよね☆
世界各国でこう、マジックパワーの輪でつながってるのって、
ワールドワイドな感じで元気が出ます☆
あー・・・もうお昼の時間が終わっちゃった・・・また出なおします。
Commented by nyanmyupurin at 2006-12-28 13:33
>りゅうさん
猫との暮らしが自分に毎日幸せをもたらしてくれるように、この猫ぐるみが、つらい状況の中での生活を強いられている小さな子供達の毎日の心の支えになってくれたらなって思います。本当にものが無くて、ご飯だって困っている状況の中、人形なんて与えてもらえない子供がいっぱいいるんです。私達はモノが溢れすぎて、麻痺しているけれど…。この縫いぐるみ達が旅立つ先の子供達は、縫いぐるみがボロボロになっても可愛がっているようです。私も子供の頃、家がひどく貧乏でお人形さんなんて与えてもらえなかった。初めてお金のある親戚のおばちゃんが買ってくれたウサギのお人形さんは耳がとれかかって、洋服もボロボロになってもとっても大事にしていました。だから、一体でも多く作って送ってあげたかったのです。本当は子供が喜びそうな可愛い布で作ればもっとよかったとは思うのですが、我が家の4匹に似せたので可愛さは半減ですけどね(笑)。マジックの力で、子供達があったかい気持になってくれるといいなって思っています。
素敵な名前を付けてくれて、どうもありがとう。受け取った子が喜んでくれると嬉しいなぁ(*^_^*)。
Commented by nekoboci at 2006-12-29 00:11 x
みんなとても似ていて、可愛く仕上がっていますね。
優しいnyanmyupurinさんの気持がこもったお人形たちは子供たちの
素敵なお友達として旅立ったのですね。
ちょぴりセンチメンタルな気持になってしまいました。


Commented by nyanmyupurin at 2006-12-29 13:24
>nekobociさん
子供の目から見たら、もっと色とりどりのほうが可愛く見えるだろうなって思ったんですけど、可愛い布も買わないとないし、やっぱりリサイクルして思い出の布で作るっていう方が素敵なので、手持ちの端切れや自分の服で作ったら地味だったかな〜なんて思っていました。でも、自己満足(笑)しています。
思った以上に4匹の雰囲気が出てくれて、それぞれのエントリー表と一緒に袋へ個別包装して箱に入れたときは、本当に涙が出てきました。作ったっていう達成感と、この子達とお別れする淋しさと、これを受け取った子達が喜んでくれる様子を想像して…うるって来ちゃいました。
25日着には間に合わなかったけど、クリスマスの日のうちに発送が出来てよかったです。また、その時のこと思い出したら泣けてきました。
名前
URL
削除用パスワード