接待係と引き籠もり係

e0031853_0413915.jpg昨日から、実はババりんが妹宅へ泊まりに行っています。義弟が接待スキーでいないので泊まりに来て欲しいと妹から言われたからです。なので、ももは昨日からお留守番していました。頑張ってお留守番していたのに帰宅したババりん、もものことはそっちのけで一緒にやって来た姪っこ(ババりんからしたら孫)に付きっきり。今日は朝から猫ちぐらに引き籠もり猫になっていたももでしたが、帰宅したババりんからももの所在を問われるでもなく、そのままババりんに存在を気付かれるでもなく引き籠もり続行していました。夜ご飯の時だけ、スッと出てきてまた引き籠もりです。大好きなババりんに無視されて、かなりショックなもも。ご飯も半分も喉に通らなくて落ち込んでいるのに、肝心なババりんがその事に気が付いてくれません。
一方、姪っ子に体を触らせてあげて一度褒められた経験を持つ親分ぷりんは、今日も頑張って接待係。同居人の足に甘えてまとわりついて居たところへ姪っ子がとことこっとやってきて、今日もぷりんを触ろうと近づいてきました。ところが今回は猫に対して遠慮がありません。『撫でてあげてね。』って言ったのに、バンバン、バシッ!バシッ!と叩きます。これには接待係のぷりんもたまらず逃げてしまいました。
一体どんな育て方をしていることやら、妹よ…。なんだか凶暴な女の子になっていますよ(^_^;)。本人は撫でているつもりだったのかもしれないけど、加減を知らない1才半のバンバン、バシッ!バシッ!は、ちょっぴり痛かったみたい。
e0031853_042195.jpg
ももは昼間も夜も引き籠もりやっていました。ほとんど同じ形で10時間以上、入っていました。
e0031853_0432485.jpg
夜のもも、フラッシュ焚いて撮ると…、ほぼ昼間と同じ形です。
e0031853_044663.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ました。
超小出し出金です。約3cm×1個。
おしっこは、通常の大きさのしっこ玉1個。通常の1.5倍のしっこ玉1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :INNOVA EVO 25g
昼  :手作り食+モンプチ チキンスープのスープだけ
夜  :手作り食+あとから猫缶

今日の手作り食の内容
昼:セロリ、パセリ、水郷鶏(生)、ホタテスープ(寒天入り)、ビール酵母
食後にモンプチスープメニューのチキンスープパウチのスープをお湯で伸ばしたもの
夜:セロリ、人参、パセリ、青梗菜、水郷鶏(生)、コーンフラワー、鶏ガラスープ、ビール酵母、コーン油、かぼちゃペースト【かぼちゃフレーク、鶏ささみ(ボイル)】に後から、モンプチ ビーフのテリーヌ仕立てを4分の1缶トッピング


e0031853_0443366.jpg朝は今日もカリカリのみ。お昼はホタテテリーヌをゆるめに作りご飯に混ぜる方法で食べてもらいました。夜は昨日とほぼ同じような感じで鶏ガラスープと野菜フレークシリーズのかぼちゃでペーストを作り用意。今日は妹と姪っ子が来ていて落ち着かず、ご飯をほとんど食べようとしない。なので猫缶(モンプチ ビーフのテリーヌ仕立て)を4分の1缶も入れてしまった。にゃんの夜のご飯に猫缶を4分の1缶も混ぜることはないので、大興奮でお食べになりました。姪っ子のうるさい声も妹のデカイ声も猫缶inで気にならなかったみたい。改めて猫缶パワーの偉大さを実感。こんなに混ぜてしまって、明日からまた手作りご飯を食べてくれるか心配(汗)。
手作り食練習組のぷりんとももはセロリ、人参、青梗菜、鶏ささみ(ボイル)、水郷鶏(生)、かぼちゃペースト【かぼちゃフレーク、鶏ささみ(ボイル)】に猫缶“モンプチ ビーフのテリーヌ仕立て”をトッピング。
ぷりんは今日もかぼちゃペーストから食べました。今日もペーストには猫缶を混ぜなかったのだけど、やっぱり食べてくれました。ご飯の方は今日は妹と姪っ子がいたせいか落ち着いて食べられず半分をお残ししました。
ももも、今日は外野が気になり食べていても、妹や姪っ子をキョロキョロ見ては食べるのを止めてしまい半分以上をお残し。猫ちぐらから、ご飯の時だけせっかく出てきたのに、ほとんどを残してすぐに猫ちぐらに戻ってしまいました。
みゅー2号用には、セロリ、人参、青梗菜、鶏ささみ(ボイル)にパウチ“カルカンデリカスタイル まぐろとささみメニュー いりこ入り”で用意。今日は野菜ペーストを乗っけなかったので3分の2を食べました。
写真は上が夜の手作りご飯。下が手作り食練習ごはん。
by nyanmyupurin | 2007-01-21 23:59 | 猫族 | Comments(13)
Commented at 2007-01-22 05:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyaizou at 2007-01-22 15:04
うはぁ(汗)
手がぶれるどころか透けている…叩いているスピードのほどがわかります。
私の姪っ子、甥っ子は、基本的に怖いらしく、おどおどと触るのでまだましでしたが、子どもの動作の大きさとあの声はどうにも苦手らしく、社交的な猫でさえ、ベッドと壁の隙間に挟まるようにして必死で隠れてました(汗)。ぷりんちゃん…偉いぞ!
Commented by 日本カモシカ at 2007-01-22 17:59 x
子供って、動物と一緒に育たない限りは(動物の)扱い方がわからないんですよね、きっと。
ネットで、モルモットを足で踏みつけて圧死させた子供のことを読んで、かなりショックでした。
ハムスターとかモルモットとか、子供が初めて飼うペットっていうイメージが強いけど、体が小さいぶん危険。
でも猫の場合、気の強い猫だと子供に手出しされると逆に、威嚇したり引っ掻いたりして反撃するから教育になっていいのかも。^^;
ぷりんくんに、次に叩かれたら反撃するように伝えておいてください。
あ、でも本気で引っ掻くと痛いから猫パンチ(爪なし)でお願いします。^^
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-22 19:04
>鍵コメントさん
メール、文字化けせずに届きました〜。
お返事送りましたので、ヨロシクです♪
お会いできるの、楽しみです〜(^o^)/
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-22 19:05
>cyaizouさん
かなりのスピードと力で叩かれてました(笑)。結構我慢して叩かれていたのですが、小さい手の方が叩かれると痛かったりするのかな。最後は「もう、ぼく我慢できません。」って台詞を言っていそうな感じでしたヨ( ̄m ̄)。時間をおいて2度に渡り耐えてくれたのですが、2回とも叩かれっぱなしで限界だったようです(^_^;)。おまけに奇声付きですからね(笑)。姪っ子は大喜び。ぷりんは大迷惑。どんなに私に褒められても、ぷりんからしてみたら「もうこれ以上は…」って事だったようですよ。
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-22 19:06
>日本カモシカさん
一人っ子だし、まだ姉妹とかいないから叩かれたりとか経験ないだろうし、手でパンパンってやると痛いって事が分からないのだと思います。
こんなとき歳の近い姉妹(兄妹)がいれば喧嘩の一つや二つ経験済みで、叩かれると痛いということが自然と分かるのでしょうけどね。気付くまでには、幼稚園とか行くようにならないと分からないかなぁ。
モルモットを足で踏みつけて圧死ですか!!うわー、それは悲しいニュースです。小さい動物の方が、幼い子がいる家では、動物の方が確かにキケンですね。子供は加減が分からないですものね。
ぷりんが、ここで姪っ子にイヤーってやってくれたら、少しは姪っ子の教育になるのでしょうけど、ぴゅーっと逃げて行ってしまいました(^_^;)。
Commented by ゆう at 2007-01-22 21:47 x
子どもは容赦ないですもんね~(*´Д`)
かく言う私も子どもの頃はきっとねこ達迷惑していたんだろうなぁ
・・・今でも迷惑してそうだけどw

わざわざ何回もありがとうございます><
エラーになるってことはきっとアメブロがいけないんだろうと思います(><)
ご迷惑おかけしてすみません(*´;ェ;)
無理をしなくってもいいですからね~(´・ω・)b
Commented by nekoboci at 2007-01-22 22:56 x
ウワァ~!! ももちゃんも、ぷりん君も辛い目にあったのですね(笑)
ももちゃんの拗ねっぷりが可愛い!! 早く、気づいてあげてください( _ _)!
それにしても、ぷりん君進んで接客係を勤めたのに・・・
ぺんぺんはきびしいぃぃ~~!!
子供は容赦なし! 加減なし ! 怖いものなし(笑)
ぷりん君は大人です。鋭い爪を隠し、力ある牙をかみしめ、ぐっと我慢の子。
逃げるが勝ちとは偉い、それでこそ親びん(笑)
Commented by 白雪 at 2007-01-23 05:45 x
実は(実はってほどでもないけど(笑))私は子供が嫌いです(爆)
だって、我侭だし、馬鹿だし~~~。動物に対しても加減を知らないですよね!!!!
私がこの場に居たら・・・姪っ子を蹴ってます(笑)※勿論自分の姪だったらです(爆)居ませんけど姪っこ☆
ぷりんサンも折角接待係りに出てきてくれたのにね・・・☆
トラウマにならないとEけど・・・。
ももサンも・・・お留守番もさせられるわ、帰ってきたババりんサンには構って貰えないわで・・・。
コレもアレもこの姪っ子のせいだな!!!!
等、思う私です・・・(爆)
そお言えばウチにある1個、昔使ってたキャリー。
既に使われてないのですが、ソレは解体できない奴なのに、親は中に手を突っ込んでガシガシ洗ってましたよ・・・☆(爆)
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-23 11:15
>ゆうさん
ゆうさんも小さい女の子だった頃は猫に容赦ない子だったのですか〜(笑)。うふふ、やっぱり子供は加減が分からないですものね。今のゆうさんとたーちゃん達は、迷惑って言ってもお互いに分かっているというか、「まぁ、このくらいよね。」って言う阿吽の呼吸で迷惑ギリギリで上手くやっているのでは?と思いますよ。

アメブロ同士だとすんなり入るのかしらね?私のエキサイトも時々コメントが入らないらしいの。最近ブログって、コメント書き込みの不具合が拡大しているのかしらね。
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-23 11:15
>nekobociさん
ババりんが孫に夢中で、ももは完全拗ねてしまってっました。あんなにババのことが好きなももなのに、目の前で孫を抱っこする姿や、やたらと孫を呼ぶババりんを見て小さな胸を痛めていたことでしょう。翌朝も、まだ拗ねていて猫ちぐらに入ってしまい仕事へ出掛けるババりんの手を焼かせていましたよ。
子供って、何が良いのか悪いのか本当に分からない生き物なんですよね。姪っ子を見ていて育つ環境って大切だなと思いました。ペンペン叩いているときに、しっかり親である妹が、それしたら猫が痛いんだよってことを教えないとダメですよね。母親の妹はテレビに夢中で見ていて、おそらく自分の家でもそんな育て方しておいるんじゃないかと思います。うちに来ると、姪っ子はものすごくはしゃぐそうなんです。妹が普段あまりかまってあげてないのじゃないかと思います。
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-23 11:16
>白雪さん
でも白雪さんも子供時代があった訳だし(笑)、思いもよらず自分も加減があまりなかったかもしれませんよ〜。動物好きの親に育てられている白雪さんは、まずそんな事はないでしょうけどね☆
姪っ子がぷりんを叩いているときに親である妹がちゃんと教えないといけないのですよね。でも妹がバカだから教育ができていないのが一番いけないと思っています。この時も夢中でテレビを見ていて自分の子供のことはほったらかしでしたから。こんな妹みたいのが親をしているから、子供が思いやりがなかったりする子が育つのだと思います。育て方に関して口を出そうものならキレてしまうので、何も言いませんが自分が親ならこうはしないな…と思うことはいっぱいあります。もっとも結婚も出来ていない自分には言う資格もないですけどね(泣)。
ババりんも、姪っ子に夢中になりすぎてしまい、ももの存在は頭から消えてしまって困ったお婆ちゃんですよ。
続く→
Commented by nyanmyupurin at 2007-01-23 11:17
>白雪さん
→続き
コメントが長いと叱られました(笑)。
キャリーバッグは、えっと、うちのは編み目に汚れが入ってしまって洗うの大変なんです。おまけに、にゃんが便秘だから、浣腸後に病院で出切らなくて汚すことがあるから洗浄が楽な形ってとっても具合がいいのです。でも骨格が大きなにゃんには、このキャリー小さすぎました(笑)。ダメじゃん、私…(^_^;)。
名前
URL
削除用パスワード