猫族、お疲れです

e0031853_1218193.jpg
やっと平穏な日常が戻ってきた我が家。いつもは夜、追いかけっこしたりと活動的なのに、猫族全員だらだらっとしています。早い時間から熟睡のぷりん。連休中は気が張っていたのかな。接待係兼保育士として大活躍だったから、疲れがドッと出ているようです。みゅー2号に甘えてお寝んねしています。
ケージに殆ど逃げて寝ていたふりを決めていたももも、覇気がなくお疲れモード。
にゃんは、夜になって浣腸までされて、スネ男入ってます。
今日は日中のカリカリも、みゅー2号とぷりんはあまり食べられなくて、夜も手作り食の練習ごはんも、食べられなかった。姉弟揃って、疲れ過ぎて食欲減退しているのか、それとも姪っ子のことを案じているのかな。ぷりんのことがお気に入りの姪から、テレパシーでも受け取っているのかな…。明日は食欲も元気も復活してくれるよね?
e0031853_12183864.jpg
e0031853_1218514.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ませんでした。なので予定通り、自宅浣腸しました。
最初は女医さんに言われたようにワセリンを温水に少量混ぜて、チューブ浣腸。しかし、奥まで入らず失敗。それでも浣腸液と2cmのウンチが出ました。2回目(5分後くらい)、同じくチューブ浣腸。2回目も上手く入らず、1cm1個のみ。10分後くらいに3回目に挑戦。3回目は10cm程チューブを入れることが出来て15cc程のワセリン入り温水を入れました。でも全くもよおさない。あれれ?温水と共にワセリン入って行ったけど、にゃんちん便意が全く起こらず、そのままお寝んね。焦った同居人、思わず手にイチジク浣腸幼児用。約6ccほどを3回目の浣腸より更に10分後に入れてみました。すると、すぐに便意をもよおして2cm×3個、3cm×2個。
グリセリンの方が刺激があるのね、やっぱり…。今日、女医さんの指示通りワセリンを入れたけど、間違ってないか?と思ったり。獣医さんの言うことだもの、間違っていないのよね?でも、ワセリンって油だし。温水だけの方が良かったかな。それともグリセリンを20%くらいの濃度で入れてやった方がとグルグル…。
浣腸してもトータル1cm×1個、2cm×4個、3cm×2個。でも、出ないよりはいいよね(泣)。ウンチはまだ太くなっていないし、硬くもなっていなかった。この状態で貯めずに自力で出してくれていれば、あとあと苦労しなくて済むのに。しかし、今は仕方ない。貯めないことが優先だから。GW中は、妹達が来ていてトイレが思うように出来なかったこともあるしね。様子を見て出ない日が続くようなら、また1週間後くらいで自宅浣腸です。頑張れ、にゃんちんのウンチくん!出て来いにゃんちんのウンチくん。自分の力で今週は、出てくるんだよ(切願)。
しっこは、通常の大きさのしっこ玉2個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :Beauty Cat Premium 15g 蜂蜜花粉、ゴートミルク
    ローズヒップ+猫缶少々
昼  :手作りご飯
夜  :手作りご飯

今日の手作り食の内容
昼:人参、ケール、水郷鶏(生)、鰹のなまり節、ホタテスープ、ビール酵母、小麦胚芽油
夜:キウイフルーツ、人参、かいわれ大根、ダチョウ肉(生)、カスピ海ヨーグルト、亜麻の実、猫缶少々(フリスキー フィッシュ缶)


e0031853_12191391.jpg今日の朝はカリカリ15gのみ。お昼は手抜きで鰹のなまり節をトッピングで食べてもらいました。時間が無かったので鮫ヒレを入れなかったのが、今になって気がかり。夜は久しぶりのダチョウ肉です。猫缶をお湯で伸ばして混ぜているから、キウイもヨーグルトも気にせず今回も食べてくれました。が、急いで食べて、喉につかえたらしく半分以上ゲボ。その後「お腹空いてます。」とキッチンへ来たので、みゅー2号が残した分を食べてもらいました。せっかく生肉食べたのに吐いちゃって、ボイルした肉になってしまった。
手作り食練習組もダチョウです。キウイフルーツ、人参、かいわれ大根、ダチョウ肉(ボイル)、カスピ海ヨーグルト、亜麻の実に猫缶“フリスキー フィッシュ缶”を混ぜて用意。ぷりんは半分をお残し。ももは今日も完食で、ぷりんの残した分も食べました。みゅー2号用の猫缶は“カルカンウィスカス ビーフ&フィッシュ缶”で用意(みゅーちんは、フリスキー缶食べないから)。この缶詰には小魚が入っていないのでタタミイワシを少し散らしました。みゅーちんの大好きなダチョウなのに、今日は食が進まず3分の1で終了です。残りは、がっつきゲボしたにゃんが食べました。
写真は上が夜の手作りご飯。下が手作り食練習ごはん。



書こうか、どうしようか迷いましたが、Moreに気付いた方だけに。

なぜ、ぷりんへ姪っ子からのテレパシーかと言うと…
実は姪っ子、今日から乳児園に入所したのです。何ヶ月になるのか、何年になるのか分からないのですがお家に戻ることができません。妹が育児放棄してしまい、ももの時と同じことを我が子(私から見たら姪)にしてしまったのです。
妹は、鬱と診断されて治療が始まりました。もともと鬱なのは分かっていたけれど、本人が通院を拒否していたために病状が悪化しました。
2ヶ月ほど前に私が、姪っ子の様子がおかしい事に気が付き、ババりんに妹が虐待をしていないか話をしたのですが、ババりんは私の言うことは素直に聞いてくれませんでした。「あんたみたいに、疑いの目で見れない。」の一点張りで。しかし、私自身、父親から虐待されて育ったので姪の異変はすぐ気が付きました。4月21日に遠望へ出掛けていた用事は、妹に買い物を付き合って欲しいと頼まれ、実は姪と3人で出掛けていたのが理由でした。この時の妹の様子と姪の様子を見て私は、自分の2ヶ月ほど前におかしいと感じたカンが間違いないと確信したのですが、その時もババりんは取りあってくれずでした。
21日の様子では、姪も可哀想ですが、妹もこのままではヤバイ感じで…。
その頃には(後で分かったのですが)、ほぼ育児放棄していた妹ですが、それでも母親の部分が少し残っていて自分でもヤバイと思ってくれていて、精神病院への通院と、保健士さんとのカウンセリングで全てのことが義弟にもババりんにも分かることとなりました。ババりんは、それでやっと私が再三いっていた事を信じてくれたのですが、妹は、もうどうにもならない所まで来ていて…。
今回の姪っ子の乳児園への入所は、妹から守るためです。医師の指示で、言葉も未だに喋ることもできない、「あー。」とか「うー。」とかしか言えない姪を、普通のしっかりした教育をつけさせるため、そして、妹からの虐待から守るため、ちゃんと食事を摂らせるための入所となりました。
連休中2日間だけ家に居なかった姪は、義弟の実家の大阪へ行っていたからでした。姪から見て大阪のおじいちゃん、おばあちゃんには、本当の事は伏せたままです。
今日から乳児園に入ってしまった姪っ子。自分のママが怖くて、それでも甘えたかったのに願いが叶えられず、知らない場所へいきなり連れて行かれ、知らない子供達との生活が始まりました。
連休中は妹のひどい癇癪にも合わず、ご飯もいっぱい食べてくれたし、抱っこも、おんぶも(ママではなくて私がだけど)いっぱいしたし、猫と寝ころんでみたり、おしゃぶりも長時間外すことができるようになったし、せめて我が家に居た時間だけは、楽しい思い出になっていてくれるといいな。
妹も、時間はかかってもいいから、我が子を迎い入れる事ができるようになってくれる事を望みます。
by nyanmyupurin | 2007-05-07 23:59 | 猫族 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://lovenyan.exblog.jp/tb/5635493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2007-05-09 23:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-05-09 23:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-05-10 19:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyanmyupurin at 2007-05-10 22:34
>鍵コメント1・2さん
ありがとうございます。早い段階で対処できたことは、本当によかったと思っています。虐待を受けながら育つより、絶対に幸せだと思います。私が身を持って、それだけは言えます。どんな親だって、親の元で育った方が幸せとよく言いますが、それは修羅場のなかで生活してこなかった人が言える言葉だと思っています。
妹がこうなってしまったものも、元は父と母がしてきたことが根本です。この破綻の責任を父と母が背負うのではなく、妹が背負わなくてならない事が可哀想です。
Commented by nyanmyupurin at 2007-05-10 22:35
>鍵コメント3さん
暖かい言葉、ありがとうございます。今回だけは、妹も通院を投げ出さず続けて欲しいと思っています。
救いは、このようになっても義弟が諦めていないことです。義弟の母親も実は鬱で、理解も普通の人よりはあるのが救いです。
一時的には可哀想ですが姪には、長い人生を考えれば、この方が幸せだと思っています。親からの虐待ほど恐ろしくて、悲しくて、トラウマになるものはありません。私がいい年をして、独り者でいる事も、父と母が私にしてきたことが大きく原因となっていますから。身勝手な親の犠牲は、いつでも子供なのです。姪には、酷いトラウマとして残らないように精神面のケアも乳児園でしてもらえます。だから、きっと大丈夫と信じています。
名前
URL
削除用パスワード