湯たんぽデビュー

e0031853_2382375.jpg昨年購入したアニマル湯たんぽ(一ヶたったの525円!で動物のカバー付き)。
やっと、やっとデビューとなりました。今夜は今年の冬一番の冷え込みになるとの天気予報通り、夕方には既に空気が冷たくて、昼間の暖かさが嘘みたい。昨日から、今夜は寒くなると予報が出ているし、いよいよ湯たんぽをデビューさせようと思っていたけれど、タイミングが重なりにゃんの調子もかなり悪い。こんな時は、温めてあげた方がいいから調度よかったのかもしれない。

今日は、朝からにゃんがトイレ巡業。お尻をしぶり便で汚しまくりつつも何とかウンチを出そうと頑張ってくれていたので、時々お腹を揉んだりしてサポート。でも、結局は出なくて部屋のあちこちに、しぶり便の跡(涙)。
午後になって、自宅浣腸に踏み切ったものの、浣腸の効果虚しくウンチくんは出てくれなかった。にゃんは昨日から食べることが出来ないでいた上に、今日は朝からウンチを出そうと頑張ってくれて、おまけに浣腸したのに出たのは浣腸液に溶けたウンチくんのみ。肝心のでかいブツはお腹に入ったまま。
にゃんのウンチくんサポートと浣腸で汚れた掃除洗濯で同居人、午前中に入稿データを印刷会社へ届けるはずが、午前中には間に合わず午後一入稿となってしまった。仕事にも支障が出るし、にゃんの疲労も考えると、もうそろそろ限界かなと諦め心がむくむくっと膨らんでくるけれど、あんなに頑張って出そうとしているにゃんの姿を思い出し弱気な自分を却下。データー入稿の帰りにペットショップに寄り、ウンチまみれで洗い替え用ピンチヒッターが急遽必要になった最近我が家で人気の激安キャットベッドを追加で一個購入。
家に戻ると、汚い下半身のまま猫ちぐらへ入って、寝ているわけでは無いけれど休んでいるにゃんがいた。眠ることも出来ず、かといって自力で排便が出来るわけでもなく、お腹をかばって猫ちぐらに入っている。
嫌がるけれど、仕方がないと自分に言い聞かせ自宅浣腸に踏み切った訳だけど、これがよくなかった。息ませる力を何回も無理矢理に奮い立たせ、胃液を何度も吐かせてしまい、ますます体力を消耗させただけで終わってしまった。
夕方から、本日二度目のウンチで汚れまくった部屋の掃除。洗濯は今日一日で5回も洗濯機が回転した。それでも、洗濯しきれず。
今夜は予報通り冷え込んだ夜になったし、にゃんの調子は悪いし、アニマル湯たんぽを押し入れの奥底から出しておいてよかった、キャットベッドを追加して買ってきてよかったと改めて思った。

夜、皆ニャンにも寝てもらう時、早速湯たんぽをセットしました。この日のために昨年購入済の温度計も大活躍。お湯の温度を65度前後になるように計って、湯たんぽの中に入れ、カバーを付けてキャットベッドとカゴの中へセット。
寒がりで暑がりのもも、すぐに湯たんぽの暖かさに気が付いて、一番最初にセットしたカゴにすぐ入りました。一度にお湯の準備が出来ないので、カゴの次はキャットベッドにセットしてって順番に用意したので、カゴに入ったももは、キャットベッドにも湯たんぽが後からセットされたことに気付きもせず、すぐ熟睡体勢でした。
ぷりんも、すぐに湯たんぽの暖かさに気が付いてくれたのだけど、みゅー2号だけは何時まで経っても「なんなのよー、これ!」とチェックに余念がありません。かなり時間が経って、やっと温かい物って事に気が付いて寝てくれたけれど、ふにゃっとした感触が気持ち悪いのか、ももやぷりんのように気持ちよくは寝てくれなくて(笑)。明日には慣れてくれるかな。
e0031853_2384975.jpg

ぷりんは、くまさん湯たんぽ抱っこして熟睡です。この姿を見て、湯たんぽ用意してよかったーって思いました。
e0031853_2391663.jpg

にゃんは、猫ちぐらで寝ていたのだけど、キャットベッドにうさぎさん湯たんぽをセットし電気を消したら、もそもそっと猫ちぐらより出てきました。なのでキャットベッドに寝かせて更にミニ毛布を掛けて温めてあげて。
2時間くらい経ったら、ちょっと元気が出てきたみたいでゴロンして甘えたり、ゴロゴロ喉を鳴らしたり。少し回復してきたかな?とホッとして、やっと私も眠れます。
e0031853_2393558.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ませんでした。
午後から自宅浣腸したけれど、出ず。ミニカSを今日も2本使ったけれど、どうしてもどうしても押さえている私の手を振りきって直ぐにトイレへ行ってしまい出てくるのは浣腸液のみ。仕方ないので、温湯浣腸でいつものようにチューブを使って奥から温湯が入るようにして浣腸。出たのは浣腸液で溶けたドロドロウンチがいっぱいで計測不能。お腹の真ん中辺りにあったウンチは少し細くなって軟らかくなってきたけれど、出口付近と奥側のウンチは太くて硬いまま(涙)。朝から、自力で出そうと頑張っていたため疲れ切ってしまい浣腸前よりも体調が悪そう。一日何も食べることも出来なかった。
しっこは、何も口にしていないので出ませんでした。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :なし
昼  :なし
夜  :なし

e0031853_240764.jpg今朝は朝からトイレ巡業で疲れ切ってしまい、何も口に出来ず。
手作り食練習組のぷりんは、今日は完全手作りご飯にしました。人参、キャベツ、パセリ、三河鶏胸肉(ボイル)、ビール酵母、亜麻の実、マグロの血合い煮込み、煮汁で用意。昨日は猫缶を使ったら食べなかったので、違うご飯なら食べるかなと思って。結果、半分を残してしまったけれど何も口にしなかった昨日よりはいいかなと言うことで、ヨシってことに。
みゅー2号とももは人参、キャベツ、パセリ、三河鶏胸肉(ボイル)、ビール酵母、亜麻の実に猫缶“たまの伝説 まぐろとささみ”で用意。
みゅー2号は、同じく3分の1をお残し。
ももまで、皆と同じく3分の1をお残し。猫族みなで食欲低下の日となったようです。
写真は夜の手作り食練習ごはん。
by nyanmyupurin | 2008-02-01 23:59 | 猫族 | Comments(2)
Commented by nekoboci at 2008-02-04 23:43 x
アニマル湯たんぽ、動物のカバーが可愛いですね♪
それに安い!! 我が家で買った5分チンして10時間暖かさ持続の湯たんぽは4000円近くしました(>_<)
この湯たんぽは、お湯を65度に設定されていますが容器はゴムですか!?
我が家では人間も湯たんぽを使っていますが、沸騰したお湯を入れても大丈夫な湯たんぽです。
温度設定をして4個の湯たんぽにお湯を入れるのは大変だなあと横着な私は感心してしまいます。
Commented by nyanmyupurin at 2008-02-05 04:27
>nekobociさん
これ、いま餃子で問題の中国製(^_^;)なんですが、しかし、かなり重宝してます。ゴム製の湯たんぽで70度以上のお湯は入れることが出来ないので、昨年買った調理用の温度計でお湯の温度を測って入れています。
やかんを、ババりんが空焚きしてダメにしているので、我が家はミルクパンが湯沸し用の器具として働いていますが、これだと一個分づつしか用意できないのです。一昨年まではレンジでチンして湯たんぽを使っていましたが、電磁波の影響など考えてお湯を入れて使う本来の湯たんぽに変えたところです。しかし去年は暖冬で使う機会が全く無かったのですが(笑)。
なかなか、これが優秀で夜に設置して翌朝、ゴム製の湯たんぽ本体からお湯だったはずの水をだすと、まだほんのり暖かなんです。
にゃんが調子を崩していた時は、本当にこの湯たんぽ助かりました。
沸騰したお湯を入れてもOKな湯たんぽだったら、温かさも抜群だろうし、使い勝手もいいですよね。私は昨年この湯たんぽのために、温度計とじようごを探しに、かなり時間を割いたので、安く手に入れたけど「なんだかな~」って思いましたもん(笑)。
名前
URL
削除用パスワード