優先順位って?

朝、珍しく私の布団の中に潜り込んできました。姪っ子が泊まりに来ていたので自分の立場(順位)が不安になったみたいです。携帯で撮ったのでブレてます(汗)。
e0031853_165581.jpg

猫だから後回しでいいの?
人間だから優先すべきなの?
肉親だから当然なの?



ブラックな私が心の中で呟いた言葉…。
独り暮らしの時は、仕事以外にゃんの事を優先してやってこれた。だけど、今はそうはいかない。
昨日からお泊まりで来ている姪っ子に、どうしても時間も自分の体も奪われて、にゃんのことおざなりにしたくないのにかまってあげられなかった自分。
姪が来てから、にゃんちん心配そうな顔をして私を覗き込んでばかり。いつもならそんな甘え方をしたりしないのに姪に競って「こっちへ来てコール」。昨日から、ずっと。
本当なら昨日はにゃんの浣腸を自宅でするはずだったけれど、その時間が作れなくて今日になってしまった。もうウンチくん貯金しはじめて11日目。かなりマズイ。案の定、朝、トイレ巡業をしていたにゃん。
でも朝食の準備をして姪っ子にご飯を食べさせ、洗濯物を干したり掃除したりといつもの家事仕事もやったりで手が空いた時にはトイレ巡業が架橋で、いよいよラグやらキャットベッドやらキャットタワーやらで息んでいた。
ペットシートを広げて追いかけて、お腹を揉んだりしつつも『あとで浣腸するから、今は力まないで。』なんてお願いしたりして…。姪っ子のパパが朝には迎えに来ることになっているのに、11時になってもまだ迎えに来なくて、にゃんを早く浣腸してあげたいけれど、姪がいたら出来ないのでハラハラと焦っていたら、にゃんちんラグの上で今日何回目かの踏ん張りをしたあと倒れて、起きあがった時には左足が変に曲がったまま歩行困難になっていた。
何が起こったのか分からなくて…。
慌てた私に追い打ちを掛けるババりんの言葉。こんな時に神経を逆撫でるような言い方はやめて欲しいのに。
とにかく直ぐに動物病院へ主治医が勤務か確認の電話をした。運悪く今日は入院担当で診療が出来ないという。女医さんはいるかどうか聞くと、訪問診療で不在と言われ、またタイミングの悪さに心の中で舌打ちをした。
電話に出てくれた受付の女性に症状を説明して、何とか主治医に診療をしてもらえるようにしてもらい慌てて病院へ向かった。
15分くらい待って今日は直ぐ診療になった。主治医に状況説明を最初からして触診をしてもらったところ、踏ん張りを頑張りすぎて骨盤が神経を圧迫してしまい一時的に足に力が入らない状態になっているとのことだった。私は麻痺にでもなったのかと思っていたので、何度も他の可能性はないのか聞いてみた。でも、「それは無いです。」ときっぱり言われて、そしてほーっとした。
ババりんが脳梗塞だと騒いでいたので『決めつけないでっ!』と言い合いになって家を出てきたものの、不安でならなかったから。一時的なものと聞いて、よかったーと、とりあえずウンチの事は頭の隅に追いやり安堵。
診療の結果、今日は絶対安静でゆっくり休ませること。お腹を揉むのも神経の負担になるので今日は絶対にしては駄目で、ウンチも出来れば2〜3日出させてはいけないという診察だった。明日、様子を見て足の状態が戻っているようなら自宅浣腸をしてもいいけれど、いつものように激しく息ませるのは控えた方がいいとのことで、出来れば2日は安静にしているようにという診察だった。
にゃんのウンチくん、こんなに貯め込んでしまって大丈夫だろうか。でも足の神経もちゃんと戻ってくれないと困るし…。どのみち「この足の状態では踏ん張ることは出来ないでしょう。」ということだったので、ウンチくん貯金記録更新です。食欲がまだあるので、それはホッと出来る材料ではあるのだけど…。
今日は、すごく暖かで実はお散歩日和だった。けれど、お城公園のお散歩も中止。お家で、なるべく足を使わないでお休みです。
診療が終わって家に帰ると、とっくに義弟が迎えにきて、居るはずのない姪っ子が、まだいました。何のための乳児園からの外泊だったのか。ママとパパに慣れるために外泊許可が出ているのに。昼過ぎまで自分達の子どもを放ったからしで寝ているだなんてね。
それに姪の面倒を見るのが嫌な訳じゃないけれど、私にも私の生活があるってこと、妹夫婦やババりん達は分からないのかなぁ。

病院から戻る途中の車の中、信号待ちに慌てて携帯で撮ったのでボケボケ。お天気が良くて車の中へ差し込む光が気持ちよかったので撮ってみたものの超ボケボケ(汗)。
e0031853_1682650.jpg

姪っ子も、やっとパパのお出迎えで自分の家に行きました。でも3時間もせず乳児園に戻らなくてはなりません。なんだかなぁ、なんだかなぁ。釈然としない私。姪が自分のママやパパに不満をぶつけた訳ではない。でもまだ2歳8ヶ月の小さな子。気持ちを汲み取ってあげることは出来ないのかなぁ。
猫族は小さい子がいなくなって、表情が伸び伸びしている様な…。
e0031853_1684542.jpg

猫密度、上がってます。ギュウギュウに詰まって窓辺に集まってます。
e0031853_1693550.jpg

安静しないといけないにゃんの上に、いつの間にかみゅー2号乗っかってます。
e0031853_16101023.jpg

みゅーちん?!にゃんちんの足に負担をかけちゃダメなのに〜。
e0031853_16103218.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん出ませんでした。
息みに力が入りすぎて足の付け根の神経を圧迫したということで、足が曲がったような感じになってしまいました。診療の結果、絶対安静ということで排便処置も2〜3日後でないと出来ないというので今日は浣腸も無しです。貯金11日目です。
しっこは、通常の大きさのしっこ玉1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :サイエンスダイエット シニア 高齢猫用10g
    (踏ん張りゲボで全部吐く)
昼  :なし
夜  :手作りご飯

今日の手作り食の内容
夜:レタス、人参、しめじ、三河鶏ささみ(ボイル)、鰹のなまり節、チーズ、ホタテスープ、亜麻の実、ビール酵母、小麦胚芽油

e0031853_1611285.jpg朝のカリカリは10gを食べてからトイレ巡業。今日は6時頃出した時には何も食べなかったカリカリを9時頃食べて、それから休み休みトイレ巡業をしていて11時頃、全部吐いてしまう。状況が普段と違うので、今日は何も口にしないかと思ったけれど、夜になったら「お腹空いたよー」コール有り。心配をよそに全部食べています。
手作り食練習組の夜ご飯はレタス、人参、しめじ、三河鶏胸肉(ボイル)、ビール酵母に猫缶“たまの伝説 まぐろとささみ”で用意。
ぷりんは、プイっと顔を背けて今日もほとんど食べようとしません。かつお節を乗っけると、かつお節だけ拾い食い。混ぜると食べないという我が儘ぶり。
みゅー2号は、偉い子さんです。今日も、ほぼ全部食べています。
ももも今日は親分の真似っこらしく、食べられるご飯のはずなのにお残ししました。わんこ猫缶を要求していたけれど、気付かない振りをしていたら、諦めて食べてくれるかな?と思ったのに食べずにふて寝。ぷりんの真似なんてしなくていいのに。悪いことばかり真似するんだから、全くもう。
写真は上が夜の手作りご飯。下が夜の手作り食練習ごはん。
by nyanmyupurin | 2008-03-09 23:59 | 猫族 | Comments(10)
Commented by kaezzz at 2008-03-10 17:29 x
nmpさんの呟き、分かる様な気がします。
毎日色んな事があって、それでもニャンズに支障がなければ
なんとか頑張ってみるものの、今回の様なタイミングで小さい子が
思わぬ事で来てしまうとそれだけでニャンズに影響するし
ニャンチンにとっても今回のタイミングの悪さが..って考えますよね。
そうでなくてもニャンズは小さい子供が苦手なのに、nmpさんが
自分達意外に気を取られ、時間を取られてると感じちゃうと
余計にストレスになっちゃうんですよね。決して姪っ子ちゃんが
悪い訳じゃ無いけど「どうしてこうなるの!?」って感じで
nmpさんがイライラしちゃったりするのは仕方ない事ですよ。
にゃんちんが無事で本当に良かった!!1枚目のにゃんちんの目が
不安げですね〜にゃんちんの中でもいろいろ渦巻いていたんでしょうね。
力み過ぎる事が体によくないのは知ってるけど、そんな風になるって
初めて知って驚きました。どうか安静にして早く元に戻ります様に!!
それにしても11日貯金とは.....どっちも参っちゃいますよね!
Commented by 日本カモシカ at 2008-03-10 21:15 x
にゃんちん、大事にならなくて本当に良かったです。
それにしても、最悪のタイミングでしたね。。。
私だったらキレてたと思います(汗)。
人間だろうと猫だろうと家族であることには変わりないんだけど、姪っ子ちゃんの気持ちを考えると放ってはおけないですもんね。
自分の意思とは無関係に、周囲の人間に振り回されてしまうのって本当にストレスになりますよ。
ストレス溜まって当然!
とくに、相手に自分の理解の域を超える行動を取られてしまうとイライラしちゃうし。。。
とにかく、今はあまりストレス溜めないようにゆったり過ごしてくださいね。^^;
難しいかもしれないけど。。。
にゃんちんの足が早く元に戻りますように!!
イギリスからも気を送ります☆
大変でしたね、ホント。
Commented by nekoboci at 2008-03-10 23:25 x
にゃんちゃん、大丈夫です。と先生に言われたとたん、何故か涙が出てしまいました。
nmpさんの心配の気持ちが、私の中にも入り込んできて他人事とは思えなかったのです。

肉親からほったらかしにされてしまった姪っ子さんも、姪っ子さんにかまかけて
にゃんちゃんのことを心配しながらも、かまってあげられなかったnmpさんも
辛いなぁ、誰にあたることも出来ないもどかしさが悔しいなぁ・・・・・・

でも、nmpさんには大事に至らなかったにゃんちゃん、屈託のないみゅーちゃん
そして、nmpさんに変わって渋~いお顔で表現してくれるぷりん君
寂しがりやのももちゃんがいますよ(笑)
明日も、nmpさんに立ち止まって考える余裕など与えてくれない
この猫ちゃんたちが癒しのもと、活力の源ですね。
Commented at 2008-03-11 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyanmyupurin at 2008-03-11 00:48
>Kaezzzさん
こんな時に限ってってこと、本当に多いですよね。姪の境遇を考えるとどうしても面倒を見てあげたくなってしまうので、ドライには考えれれなくて。かといって、にゃんの気持ちもすごくよく分かるので辛いし、とにかく一分でも早く義弟の迎えが来るのを心待ちしていたのですが。迎えに来たのは午後1時頃だったでしょうか。姪もにゃんも、どっちも悲しすぎました。にゃんちん、ずっとトイレで頑張っているときも、ウンチ出すよーって呼んでいて。でも、ちゃんと見てあげれらなかった(T_T)。
私も、踏ん張りに力が入りすぎて、この様になるなんて初めて知ってビックリでした。ですが、今日その事は再確認しました。実は夕方、にゃんちんしっこを出そうと頑張って、今度は逆の足が昨日の同じ状態です。これでは、ウンチは出ないし、足は治らないしなので、明日は病院へ連れて行くつもりです。だってこの分だと昨年10月〜11月の悪夢の14日貯金と同じように大変な事になってしまうし。おそらく私では、もう出してあげられないと思うのです(T_T)。
Commented by nyanmyupurin at 2008-03-11 00:50
>日本カモシカさん
昨日は一時焦りまくったけれど、とりあえず大事にならずホッとして帰宅しました。おしっこも出てくれたので、もう一日はウンチを出すのを延ばしても大丈夫かなと思えたし。ですが今日はさすがに、しっこも詰まってしまい、でも出そうと頑張ったら今度は逆の足が曲がってしまいました。いよいよ家でケアするのは限界です。明日は、足が治らなくても通院する予定です。
姪っ子の境遇を考えると、自宅に戻ってくることが果たして幸せなのかと思ってしまいます。このまま乳児園で暮らしていた方が幸せなのではないかなって。4月から家に戻ってくる予行練習で年末年始や祝日などに外泊してるのですが、こんな事があるとどうにも納得がいきません。妹の病気の調子がいいなどと嘘をついて、姪を自宅に戻す算段をした義弟にも疑問符がいっぱい。まだ、受け入れる体勢など妹に出来ていないと思うのに。我が子が戻ってきても金・土の夜のバイトは続けるのだそうです。理由は洋服が欲しいから…。呆れますよ、本当に。
Commented by myamo at 2008-03-11 02:57 x
お身内のことですからこういう言い方をしてはいけないと思うのですが、
なんだか悔しくって悲しくって涙が出そうになりました。
でも一番そう感じてらっしゃるのはきっとnmpさんですよね…。
にゃんちん、どうか早く良くなりますように…。
Commented by nyanmyupurin at 2008-03-11 08:39
>nekobociさん
私も、ホッとした瞬間、安心から泣きそうになりました。でも先生の手前、ぐっと我慢しましたけれど。病院から戻っても、まだ、迎えに来てもらえていない姪がいたことも本当に悲しくやるせない思いでいっぱいでした。どうして、こうゆう親のもとには簡単に子どもが出来てしまうことかと…。4月から、家に戻っての生活が姪っ子には待っていて、その予行練習のために外泊許可が出ているのですが、これで果たして大丈夫なのかと思ってしまいます。
にゃんちん、いよいよしっこも詰まってきました。今日は今から病院です。ウンチが出ないとしっこが詰まる例の感じで。もう自宅では出せそうもないので、自宅での浣腸はやめて病院で処置してもらうつもりです。
Commented by nyanmyupurin at 2008-03-11 08:44
>鍵コメントさん
心配させてしまいごめんなさい。楽しい話題を、にゃんがよくなっていく姿をお届けしたいのに。毎度の事ながら家の問題も重なって最悪のタイミングで事が起こってしまいました。
にゃんちん、頑張ってしまうので足がよくなりません。今日は今から病院です。
祈り、ありがたいです。長年にゃんを見守ってくださっている鍵コメさんの祈り心強いです。
姪は4月から自宅に戻って両親達との生活がスタートするのですが、このままだと問題は色々と起こっていくのだろうなと予想しています。まだまだ小さな姪が、色々な事を我慢して生活して行かなくてはならないでしょう。自分達の子なのに、なぜ思いやってあげられないのか悔しくて悲しくてなりません。

ももも、やっぱり心配なのでしょうね。みゅーちんより、現状を把握していましたよ(笑)。ももたん、この日は大人しいいい子でした。
Commented by nyanmyupurin at 2008-03-11 08:44
>myamoさん
このやるせない感覚、どこに怒りをぶつけたらいいのか、どうしてこうなってしまうのか、本当に悲しいです。姪もにゃんも頑張っているのに。頑張らなくてはいけない大人が、一番甘えているんです。妹と母には、人生の半分以上を犠牲にしてきました。ですが、未だに私のことは我慢しているということすら気付いておりません。きっと姪に対しても、あの小さな子が我慢していることに重きを感じていないことでしょう。まして猫であるにゃんの事など、最初から頭にないです。
今から、病院へ行ってきます。ウンチが詰まるとしっこが出なくなるにゃんの癖が、とうとう出ました。昨日から、しっこがほとんど出ていないので、もう私が浣腸したのでは足も治りきっていないし無理なので。今から行って来ますね。
名前
URL
削除用パスワード