2007年 04月 30日 ( 1 )

今日も朝からトイレ巡りで何とか出そうと頑張るにゃん。でもどうしても出なくて。お腹マッサージの効果もダメで、揉み崩ししたくてお腹をググっと触ると嫌がって振り切られてしまう。
朝は、さすがに昨日のわずかなカリカリしか口に出来ていない上に、昨日も今朝も踏ん張り続けてお腹は空いていたらしく、7g程のカリカリは口にしたけど、結局は全部踏ん張りゲボ。浣腸を試みるも、出口付近のウンチくんが塞いでいてチューブが入らずコテンと戻されてしまう。それでも嫌がるにゃんのお腹を揉みほぐすと、刺激されてトイレへ行き頑張るを繰り返し2時間くらいが経ってお互い疲れ果ててしまった。
このままでは、ただ体力を消耗するだけで解決しないので病院へ行くことにした。先に電話で主治医がいるかの確認。今日は入院棟の担当で診察出来るのが午後の2時半と言うことだったので、前回揉み出しが上手かった女医さんが出勤しているか確認し、今日は勤務しているというので、女医さんにお願いした。午前中ギリギリで受け付けをして、揉み崩してもらう。今日はかなりお腹が痛かったし、疲れもたまっていたせいか、抗議の鳴きが最初から出ていたけれど出口の栓になってしまっていたウンチが出たら、コロコロコロっと立て続けに第一段のご一行様が出てきた。最初の2つがものすごく硬くなっていて、その後はちょい硬めくらいのもの。そして軟らかめのウンチと続いて出た。少し休憩で続きを揉みだしてもらうと、また硬めのもの。この辺りで、またもや私の手を噛んで抗議。また少し休んで、普通くらいの固さのものを出して揉み出しと浣腸終了。
最近、にゃんのウンチが硬めになってきているのが、すごく気になるので、以前あまり効果が見られなかったけれど蠕動運動を促進させ便を柔らかくすると一般的に言われているラクスローツの服用を再開した方がいいかどうかを相談した。でも、やっぱりこのシロップは効果のある子と効き目のない子がいるようで、女医さん担当の子でも効果のない子は何ヶ月と続けていても効果は出ないので、今回は服用は勧められなかった。にゃんは、おそらく再開してもラクスローツでの改善は難しいだろうと言うことだった。
にゃんの場合、詰まっても自ら出そうととても頑張るので、サポートするという形で排便の援助をしていくといやり方でもう少し様子を見ましょうとすすめられた。ただ、自宅で出ても出なくても5日〜1週間おきに浣腸をして揉む崩す処置をしてみる事を勧められた。なので、今回は、もし出ている日があっても定期的に浣腸してみることに。
それから、2月23日よりご飯に混ぜてきたビオスリーH。一旦、今日の夜からやめてみようと思う。乳酸菌の数が多くなると便秘解消になるかと思い続けてきたけれど、腸内の乳酸菌の数が多すぎても便秘になる個体もあると、ある本で見かけたのでストップして様子見です。
それと、卵殻パウダーの使用。これもカルシウムは普通便秘の子には便が硬くなるから御法度と言われているんだけども、ご飯に混ぜる量をここのところ極端に減らしてみたら、トイレへ行って頑張る頻度が落ちてしまったので元へ戻してみることに。
リンとカルシウムのバランスが崩れると、便意を殆どもよおさないようだ。過去のにゃんの食事データから追っていってもカルシウムを摂っている時の方が、ウンチくんが出ないにしてもトイレへ行って出そうと試みているので、結果、ウンチが出ている事につながっている。
継続してやっていくのは毎日のローズヒップ(但し量は倍にしてみる)、タウリン、生野菜(これは手作り食を始めたころ快調だったウンチくんの時、ご飯に混ぜる野菜が煮野菜より生野菜が断然多かったため。)、オリゴ糖入りのスープ。そして時々カスピ海ヨーグルト&果物、ホタテテリーヌ。それと朝のドライフードを減らして、猫缶を食べてもらう食生活(水分の多い食事)に戻すこと。
昨年の摘便事件から、本当にウンチの様子が安定しない。今まで、我が家で一番水分の多いウンチだったにゃん。だけど摘便された後から硬めに転んでいる。今では手作り食練習組が猫缶入りではあるけれど手作り食もどきご飯をよく食べるようになったので、にゃんが我が家で一番硬いウンチの子になっている。他の3匹は以前はコロコロの乾燥ウンチだったけど、今では水分たっぷりで、ある程度長さのあるとてもいいウンチをしているから。
ああ、にゃんの排便が楽になる方法、何とか見つけてあげたい。
e0031853_17384791.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、自力ではウンチくん出ませんでした。
病院で浣腸、揉み出ししてもらう。トータル20cmくらい。臭いは、薄い。全部は体力的に出せなかったけれど、腸内に停滞していたものが出て、食欲は回復してくれた。
しっこは、通常のしっこ玉1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :Beauty Cat Premium 7g 蜂蜜花粉
    ローズヒップ+猫缶少々
    (踏ん張りゲボで、カリカリもローズヒップも全部吐く)
夕方 :Animonda フォム・ファインステン ウェルネス アロエ 20g
夜  :手作りご飯
    Animonda フォム・ファインステン ウェルネス アロエ 10g

今日の手作り食の内容
夜:大葉、レタス、水菜、水郷鶏(生)、鯵(網焼き)、鯵鯖スープ、ビール酵母、小麦胚芽油

e0031853_1739171.jpg今日の朝はカリカリ7gとローズヒップ入りの猫缶をティースプーン1杯半。そのあとすぐにウンチくんを出そうとトイレ巡りが始まって、今日も食べたものを吐いてしまう。お昼は病院へ行っていたので夕方になり、少し元気が出たにゃんにアニモンダ缶を食べてもらう。20gを時間をかけて食べ、夜は地元産の鯵が手に入ったので網焼きして久しぶりの焼き鯵メニュー。ここのところ食べられなかった事もあり、ほぼ完食で、その後も少し何か欲しいと言うので昼間あげたアニモンダ缶を出してみた。おかわりの猫缶は10gを食べて満足したみたい。
手作り食練習組は大葉、レタス、水菜、三河鶏胸肉(ボイル)、鯵(網焼き)、ビール酵母に猫缶“カルカンウィスカス ビーフ&フィッシュ缶”を混ぜて用意。ぷりんは鯵だけであげると食べるのだけど、ご飯に混ぜて用意したものだと口をつけようとしません。結局のところ頑なに拒否で、人間の食卓にのぼった焼き鯵のおこぼれを食べたのみ。
みゅー2号は、ぷりんと同じく頑なに拒否。猫缶を追加しても猫缶ばかりを食べるだけで、鯵は食べられない。
ももは、焼き鯵も平気みたいで完食です。新鮮で美味しいお魚だったのに、どうしてみゅーちんもぷりんも食べないのかしらね。
写真は上が夜の手作りご飯。下が手作り食練習ごはん。