ミミちゃん 十月二十六日

先月より始まっているマンションの大規模修繕。
昨日より我が家の階(8階部分)の北側、西側の壁が工事行程で、日中すごい音と振動が壁から伝わり、私達家族は、そろそろ1ヶ月を大騒音の中で過ごしてきたので慣れてきたものの、ミミちゃんは環境が変わったばかりで、この騒音。
せっかく昨夜はいい感じだったのに、朝には全てふりだし以上に悪い状態へ…(T_T)。
壁とソファーベッドをソファーにしたときに出来る隙間にスッポリ入り込み出てきません。
朝8時に工事開始で夕方5時に作業は終わるのですが、ミミちゃんがいる納戸部屋と私の仕事部屋が昨日から集中で修繕作業となっていて、もの凄い音と振動なのです。
結局、ミミちゃん12時間以上をこの隙間の中で過ごしていました。
でも、この壁から、もの凄い音と振動がきて、隠れたつもりが一番悪条件の場所に身を置いていたことになっていたという…。
日中、隠れる場所を増やすための小さいサイズの猫ちぐらもミミちゃん部屋にセットしておいたんだけど、ここに隠れちゃったのね(^_^;)。
ミミちゃん 十月二十六日_e0031853_525230.jpg

夜、かなり苦労してソファーベッドの背もたれと壁のわずかな隙間に入り込んだミミちゃんを出してリビングへ連れて行ったのだけど、部屋の角に小さくなって震えているので、これじゃあダメだわ…。って事で、またしても強制的に抱っこして猫ちぐらへお連れ致しました。
一瞬、にゃんちんのようですが、ミミちゃんです。
猫ちぐらに2時間ほど入っていたのですが、なにやら意を決して逃走。
ミミちゃん 十月二十六日_e0031853_532534.jpg

逃走先は私の仕事部屋でした(^_^;)。
写真を撮っていたら、またまた逃走されちゃったけど(>_<)。
ミミちゃん 十月二十六日_e0031853_534629.jpg
で、今日は亡きママさんの娘さん(次女さん)がミミちゃんを預けに来てくれた際に持って来てくださった猫缶とドライフードを出しておいたんだけど、一口も食べてもらえず(T_T)。
初日は、私がママさんにミミちゃん達のお土産としてよく持って行っていた(ミミちゃんが好物と聞いていたので)の無添加ささみバーを4分の1程度だけだけど食べてくれたから、今日は日頃に食べ慣れたご飯を出しておいたので、もっと食べてもらえると思ったのに。
結局、朝から夜まで一口も食べ物を口にしてもらえませんでした。
by nyanmyupurin | 2011-10-26 23:59 | ミミちゃん