茶とらん通院しました。

「ぼく、どうなっちゃうの?」
不安そうに小首をかしげ、車を運転する私を見つめる茶とらん。
e0031853_403412.jpg

病院に着き、今日の担当医は若い獣医さん(チビ三毛ちゃんの通院で、一番お世話になった獣医さんでした。)が診療してくださいました。
この獣医さんが一番気さくに話せるので、今日の茶とらんの担当医でよかった。
診療の合間に、色々と話をさせてもらいました。
さて、茶とらん体重は順調に増え、既に1520gも!
すごいスピードで増えています。
もう、すでに保護時の1.5倍ほどの大きさになりました。
心配していた噛まれ傷は、患部に針を刺し、炎症が起こっているかどうか調べました。
検査の結果、炎症反応アリとなったので抗生剤を処方していただきました。
緩かったウンチも、この炎症とショックと両方ではないかと言うことでした。
e0031853_482243.jpg

怪我をした経緯を話していくうち、ミミちゃんが、どのような襲い方だったのか聞かれたので、一部始終を細かく説明しました。
また獣医さんはチビ三毛ちゃんのこともよく覚えていたので、チビ三毛ちゃんとミミちゃんの間に起こったことも説明しました。
獣医さんの見解よると、今回のミミちゃんの襲い方は、完全に本気だそうです。
ミミちゃんが子猫に威嚇もなく姿勢を低くして飛び掛かったのは、最初から殺すつもりで襲っているとのことでした。
その行為は「自分が殺られる前に、先手必勝でいっている。」と。
チビ三毛ちゃんとのことで、「子猫=自分を陥れる存在」と思い込んでしまっている可能性が高いということです。
チビ三毛ちゃんとの間に起こったことがトラウマになってしまった可能性が高いと。
子猫の存在が怖いので、先手で殺ってしまおうという、そういう行為でしょうと。
たま〜に、そのような行為に走ってしまう成猫は実際にいるということで、噛まれた傷が深かった場合、肺に穴が空いてしまい命を落とす子猫もいるのだそうです。
(そのように深い傷の場合は、ほとんど助からないそうです。その場合、どのような症状となって現れるかの説明もしていただき、勉強になりました。)
「そうならずに、よかったですね。」と言われました。
普通は成猫は子猫に対し本気モードにはならないところ、このように威嚇もなしに低姿勢から狙いを定めて襲う場合、本気で殺る気なのだそうです。
獣医さんの判断通り、ミミちゃん、子猫がダメになっちゃったのかな。
今後は子猫とミミちゃんを直接対面させることが無いよう、厳重に警戒して生活していかなくてはなりません。

そして、我が家では威嚇もなしに低姿勢で襲うというパターンでミミちゃんに襲いかかる牛柄猫がいるので、こちらの組み合わせでの対面も、絶対にさせないように気を付けなくてはなりません。
一度、ミミちゃんに怪我をさせてしまっているので、本当に気を付けていかないと、ヤバイです(T_T)。


病院のワンちゃんに、威嚇してみる茶とらん(笑)。↓ ↓ ↓
e0031853_461595.jpg

茶とらん襲撃事件から、ますますミミちゃんは子猫に対して執着し、凶暴化中です。
子猫用ケージ破壊力は増し、覆っていた段ボールは、もはやこんな状態まで食いちぎってしまいました。
これでは中に居る茶とらんに簡単に手が届くようになってしまい、段ボールで覆っている意味が無くなってしまったので、ミミちゃんを納戸部屋から解放している時間は、ケージに入っていようと茶とらんが落ち着いていられません。
今日は、この食いちぎられた段ボールの修繕もして、茶とらんケージの要塞を強化しました。
e0031853_46595.jpg





★今日のにゃん★
ウンチくん出ました。
揉み出しで強制的に出しました。出せたウンチは2cm×2個、4cm×4個。
しっこは通常の大きさのしっこ玉2個。

★今日のごはん(にゃん)
朝:カルフォルニアナチュラル フィッシュ&ポテト14g
昼:なし
夜:手作りご飯

今日の手作り食
夜:人参、モロヘイヤ、レンコン、鴨肉(生)、Mimiy缶、ビール酵母、ナチュラルカルシウム

e0031853_471153.jpg朝は、ドライフードのみ。お昼は欲しがらなかったので無しにしました。暑くて食欲も落ち気味な上、ウンチもお腹に溜まっている状態で食べたく無かったようです。夕刻にウンチの揉み出しをしたので、夜は食べてくれるだろうと期待して、今日は生肉の鴨で用意。今夜は吐かずに全部食べてくれまし(ホッ)。
手作り食練習組の夜ご飯は、人参、モロヘイヤ、レンコン、キャベツ、胸肉(ボイル)、ビール酵母、ナチュラルカルシウムに猫缶“Mimy”を混ぜて用意。
ぷりんは匂いを嗅いでプイッと何処かに。食べないご飯にカリカリを乗っけてあげも、ほぼドライフードの拾い食い。4分の1程度を食べて終了です。
みゅー2号は3分の1を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけて再度デリバリーで4分の3を食べ終了です。
ももは3分の2を食べました。残した飯にカリカリを乗っけてあげて完食です。ぷりんが残したごはんは、ももが食べました。ぷりんは、ほとんどを残したので、ももが二人前食べたような結果です(汗)。
保護中の子猫は、手作り食練習組と同じご飯で用意。でも、混ぜる缶詰は少な目です。
もう食欲も、ほぼ回復したので、今夜は全部一度に食べました。これだけでは足りないと騒ぐほど食欲復活。みゅー2号が残した分も、子猫が食べています。
by nyanmyupurin | 2012-09-12 23:59 | 猫と暮らして | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/18855983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaezzz at 2012-09-14 16:47 x
以前、友人宅のニャンズ(2人)の片方が匂いの強いシャンプーで
洗ったあとに、もう片方から本気モードで教われ続けるという事が
あったのですが、ミミちゃんもチビちゃんの匂い(キキちゃん臭?子猫臭?)
に触発されている部分もあるのかもしれませんね。
以前のトラウマがこちらの画面から見てる以上の物だったのか、
獣医さんのおっしゃる通り、もう絶対に油断は禁物と言う事ですよね。
低い姿勢から一気に襲うと言う行動は、うちの兄弟でもあるんですよ。
それもやはり胸を狙って噛み付きます(怖っ!)
でも以前からある行動だし、実際に噛まれたりもしてますが
力が同等で上手に逃げられてるし、狩り遊びのひとつとして
見ているのですが、大人対子供だとワケが違いますものね。
週末のお見合いが上手く行く様に、益々祈るばかりです!!
Commented by nyanmyupurin at 2012-09-14 21:22
>kaezzzさん
ひえぇ〜、シャンプーの匂いだけでも、そんなに!!
キキちゃん臭、、、にバカ受け(*≧m≦*)
子猫臭、、、、そいうのも、あるのかも(爆)
7月に、ももに襲われてミミちゃん自身も耳に穴をあけるという怪我を負っていて、そこへチビ三毛弟らしい子猫が来たから、茶トラくんは何も悪く無いけれど、とばっちり受けちゃったかなと思います。
低い姿勢になっても、その前に威嚇や小さくても唸り声を発していれば、本気ではないそうですよ。唸り声も何もなく息を潜めていきなりガブーは、本気モードなんだそうです。胸側が毛が少なくて牙が入りやすい場所で、急所側だって分かっているんですね。ミミちゃんの内なる猫野生を見て、ババりんなんてびびっちゃって、怖い怖い言ってます(^_^;)。
ももvsミミちゃんも、体格が倍と半分なので、ミミちゃんが不利。こちらの大人猫同士も、今後は絶対に鉢合わせないように、ドアの開閉には充分に気を付けたいと思っています。チビ三毛ちゃんの置き土産、痛いっす〜(T_T)。
続く→
Commented by nyanmyupurin at 2012-09-14 21:24
>kaezzzさん
→続き
いよいよ明日は、お見合いです。茶とらんには頑張ってもらわなくちゃです。
先方様の奥様がイマイチ乗り気でないらしいので、気に入っていただけるよう、いつもの可愛らしい&少しトロい子ちゃんの茶とらんを発揮して欲しいなと願う保護主です。
上手くいくよう、応援よろしくです^^。
Commented by at 2012-09-17 21:24 x
しばらくPCから遠ざかっていたらなんてこと(涙)
前にミミちゃんが茶とらん襲ったお話聞いていましたが、これほどまで殺意?が芽生えていたとは思いもしませんでした(T-T)
外壁のダンボール、見るも無惨ですね(泣)
茶とらんの傷、どうか悪化しませんように。。。祈
Commented by nyanmyupurin at 2012-09-18 13:27
>香さん
そうなんです〜。こんな事になっちゃってました(>_<)。危うく茶とらん、命を落とすところでした(涙)。
ミミちゃんも、こんな事しちゃって、ますますお猫入りの条件が厳しくなってきちゃいました。一匹飼いでないとダメかもと思い始めてます。段ボールをむしり取る様は、かなり恐いです。
PC、しばらく遠ざかっていらっしゃったのですね。一週間ほど前にフェイスブックの方でお友達リクエストを出せてもらってます。フェイスブックからメールが届いていなかったでしょうか???
名前
URL
削除用パスワード