ミミちゃん 九月十日

預かり中のミミちゃん、いまだに私がいないとリビングへひとりではやって来ません。
日中はケージ待機組となっている“もも”がいるので、例えももがケージへ入っていたとしても襲われ噛み付かれた恐怖から、いつも警戒しています。
(その際、ミミちゃんの両耳に穴が空いてしまう怪我を負わせてしまいました。涙)
私がいる時は私がももから守ってくれると思っているのか、リビングへも入って行くことが出来るのだが、それでもケージの近くに寄ることは出来ないでいます。
e0031853_2162650.jpg


今日も、天敵となっている“もも”がケージの中に入っていて出てくることは出来ないにも関わらず、警戒しているミミちゃんは、キャットハウスの中へ隠れてハウスの窓の隙間から観察するに留まっています。
キャットハウスに入るのは、ミミちゃんにとって遊ぶためではなく“ももの監視のため”という、なんとも遣る瀬無い状態(T_T) 。
e0031853_2155897.jpg


ミミちゃんが、いつでも伸び伸びと暮らせるお家へ、早くご縁があるといいな…。
季節も秋・冬が控え、長毛さんにとっては有利な季節。
モフモフな白い毛を愛でてくださる運命の飼い主さん、一日も早くミミちゃんの存在に気が付いてくださいね。

そして、そんなビビリなお嬢様は、ひとりではリビングへ入れないくせに私がいると妙に態度がデカイ(笑)。
e0031853_2171952.jpg






★今日のにゃん★
ウンチくん貯金開始です。
しっこは通常の大きさのしっこ玉3個。

★今日のごはん(にゃん)
朝:FORZA10 Mr. Fruitシニア 10g
  昨夜の残り
昼:なし
夜:手作りご飯(4分の1残す)

今日の手作り食
夜:大葉、ブロッコリー、カリフラワー、ささみ(ボイル)、鶏ガラスープ、イワシの煮干し、ビール酵母、ナチュラルカルシウム、ビール酵母、ケイズマイスター、タウリン

e0031853_219237.jpg朝はドライフードと昨夜残したご飯にMimyツナを少し混ぜて食べてもらいました。お昼は、欲しがらなかったため無しにしました。夜は昨夜のリベンジで鶏ガラスープとボイルしたささみです。鶏ガラスープのストックの最後の1個だったので、今夜は吐かずに食べてもらいたくてドキドキ…。そして食べてもらえるかもドキドキ。4分の1程度残してしまったけれど、今夜は吐かずに食べてもらえホッ!次に鶏ガラスープを仕込むまで、しばらく鶏ガラスープはお休みなので、まあ、そこそこ食べてもらえてよかった。
手作り食練習組の夜ご飯は、大葉、ブロッコリー、カリフラワー、ささみ(ボイル)、イワシの煮干し、ビール酵母、ナチュラルカルシウムに、猫缶“フィッシュ缶”を混ぜて用意。
みゅー2号は、3分の1を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけてあげて、3分の2を食べて終了です。
ぷりんは、完食です。イワシの煮干し好きなぷりん、ご飯の上にちぎって“ふりかけ”状態にしたので大興奮で食べていました。
ももは、3分の2を食べました。残したご飯にカリカリを乗っけてあげて完食です。みゅー2号が残したご飯は、ももが食べています。
写真は上が夜の手作りご飯。写真下は3匹の手作り食練習ごはん。
by nyanmyupurin | 2014-09-10 23:59 | ミミちゃん | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/22421775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まるまま at 2014-09-28 07:24 x
ミミちゃん、ももたんを監視してるのね^^;
そりゃ~nmpさんが近くでカメラ構えてたら注意されるわな(笑)

ミミちゃんって、こだわりがあって育てにくそうって印象があるのかな?
ウチのまると性格的には似てるかな~と思うのですが、こだわりのある子はそこさえ押さえとけば意外と育てやすいのよね^^
一緒に暮らしだせば、好き嫌いも分かる様になるし、何がしてほしいかとか普通に分かる。お話出来る様になるものね^^

桜舞い散る中のお嫁入りは叶わなかったけど、雪の中の色白娘の嫁入りもオツかもね^^
Commented by nyanmyupurin at 2014-09-28 23:51
>まるまま さん
そうなんですよ、これキャットハウスの窓(格子状になっている)隙間からケージにいるももを観察しているんです。
私がデジカメでかまえていたら「ここにミミちゃんがいますよ~!」って言っているようなモンですよね(笑)。これじゃ、ミミちゃん側から見たら、私がももの味方みたいかも(汗)。

やっぱり、ビビリなくせに気が強いし、なにしろウチの納戸部屋のクッションフロア(カーペット)が掘られて一部分ボロボロですから、そのあたりは躊躇する理由になるだろうなとは思います。
大人しい子・手の掛からない子としか暮らしたことがない方にとっては想像つかない事だと…。
そういうの全部「猫だから、しょうがないよね!」ってザックリまとめて「いいですよ!」って受け入れてくださる方でないと、ミミちゃんも新しい家族になってくださる方も、お互いに幸せにはなれないですよね。
でも、きっと何処かにいるはずの運命の飼い主さん。諦めずに出会いを待ちたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード