ごめんよ、にゃんちん

今日は朝から妹の家に出掛けなくてはならず(私の姪っ子の誕生日プレゼントを届けるため)、にゃんを迎えに行くのが遅くなってしまった。日曜の動物病院へ行ったのって初めてで、こんなに混んでいるとは…。12時までの診療なのに、待合いにはひしめく人と猫ちゃんワンちゃん。おまけにトリマーのために来る高価なんだろうなーってワンちゃんが、入れ替わり立ち替わり受け付けしている。午前11時ごろ病院へ着いて、にゃんに会えたのは午後1時少し前だった。日曜診療の時間は12時。でもまだ待合いにもいっぱいの診療待ちの人と犬・猫。
今日は昨日の夜に再度病院へ行った時の院長との話で、退院させてくれるとばかり思ってキャリーも持って行ったけど、院内のケージの中にいるにゃんはカテーテル外してくれてあるとばかり思っていたのにしたまま。点滴もしたまま。「確実にここにいればストレスになりますから。一旦戻った方がいいかもしれません。」と先生言ったのに。だから一緒に帰るつもりでキャリー持っていったのに、受付したときにすぐカテーテル外してくれたのかなーと思いつつ待合室で1時間半も待っていたのに…。
ごった返しの院内で他のワンちゃん、猫ちゃん達の診療の合間合間に先生が話しに来てくれても、とぎれとぎれで要領を得ず…。
結局2時間ほどの面会で、その間に時々院長がやって来て少し話してって感じで「セオリー通りにいけば…」という話が始まって、普通3日〜4日間の入院をさせること。カテーテルを開放して自力で排尿が出来るか確認してから自宅に戻すことなど…。まだこの時は連れて帰る気だったのに、再発の場合は、今回やったことを一からやること。この話になって気持ちがグラグラ揺らいでしまった。あんなに痛がった処置をもう一回やるの?でも高齢になると静脈点滴自体、血管をつぶしてしまう可能性があることやエコー・レントゲンで石があるか確認出来ることなどメールでGANBARUNEKOさんが教えてくれていたし…。
グルグル考えて、でもあの処置の内容があまりに強烈に自分の頭に焼き付いていて、またすぐにこれをやらせる事になったら可哀想過ぎるという思いに勝てず、明日まで入院ということにしました。
院長曰くどうしても2日間の点滴はセオリーからすると短いそうで、でもこれ以上は自分がとても我慢できそうにないので、月曜の朝カテーテルを外してもらい、自然排尿が確認できたら連絡をもらうということに、そこで退院とさせてもらう事にしました。

昨日の夜、再度病院へ行って血液検査の結果をもらい説明を受けたとき、院長が言っていた話では、ストルバイトはなっても仕方ないことだと言っていました。
理由は、まず猫であると言うこと。そしてオスであるということ。体質を持っているということ。ペーハーではストルバイトは判断できないこと。低くても出来る子はできてしまうし、高くても出来ない子はできないということ。食事療法の話では手作り食を全面否定はしないけれども、院長には自分自身が経験も症例も持っていない事に関してすすめられないということ。栄養学的なことまで把握できないから、今までの経験でS/DやC/Dの療養食をすすめることなど。伴侶動物として、自分たちがしてあげられる最善と信じる方法をとるということなど30分ほど話してくれました。

だけど、どうしても『ここまでする必要あるの?』って思ってしまった自分がいました。
だって、おしっこ1回出なかった段階ですぐに連れて行ったし、石って言われた小さな粉みたいなもの、すごく微量で他の猫ちゃんのホームページやブログで見た物とは比べものにならないほど少なかったから。奥にそんなに大物がいるとは思えなくて。それにごくごく初期の段階だねって院長と処置した若い獣医さん話してたし…。

院内にあるにゃんがいるケージの前に行ったら、それまで大人しく丸くなっていたにゃんが「アウー、アウー、アウー…。」って鳴き続けて、独りここへ置いていったことに抗議していたようでした。何回も謝ったけどしばらく鳴き続けて。
今日、一緒に帰るつもりだったのに…ごめんね、にゃんちん。
e0031853_19544735.jpg
ケージの前を獣医さん達が通るたびに気になるにゃん。ああ、たった一日の入院で目ヤニと鼻クソがまた出ちゃってるよ…。
by nyanmyupurin | 2006-07-09 19:58 | にゃん | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/3783136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by りゅう at 2006-07-09 21:29 x
うちの妹も「にゃんちんどうした?」っていうので、話を聞かせたら怒ってました。
明日こそ帰ってくることが出来ますように!
というか、連れ戻したい。
お医者さんは自分のやりたいように、説得するかもしれないから;;。
薬で溶かせないとか・・・うーん。
とにかく早く帰ってきますように!
Commented by Sunny at 2006-07-10 00:25 x
怒りと言うか、悔しさと言うか、ごめんなさい、私には何と言えば良いのか
わかりません。
とにかく、早く、にゃんちんが安心できるnyanmyupurinさんのもとに
帰ることが出来ますように、また、にゃんちんの体が良い方向へ
向かいますように祈っています。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-10 00:53
>りゅうさん
やっぱり薬で溶かせることできますよね…。ああ、薬の名前を知っていたらその場で言ってやりたかったけど、その知識なかったし、即入院って言われて、そんなつもりで診療してもらいに行ったのでは無かったからプチパニック入ってしまいました。
でも、とにかく明日は退院させてもらいます。今日、ハッキリ言ってきたし。また空キャリーもって帰るの、もう嫌だもの。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-10 00:57
>Sunnyさん
今日は連れて帰るつもりで行ったのに、意気地なしな自分で空っぽのキャリー持って帰ってきてしまいました。でも、明日は朝になったらカテーテル外してもらう様にお願いしてきたし、大丈夫だと思います。明日はきっと明るい話題をお伝えできると思います。心配かけてしまって、ごめんなさい。
Commented by kyokochaa at 2006-07-10 01:46 x
にゃんちん、早くおうちに帰りたいよね。
読んでて涙が出てきてしまいました。
ウチの子も膀胱の中に3個石があるのですが、
幸いなことに一度もその石が暴れたことがなく、
今のところは無事です。
先生曰く「カリカリのせい」だそうですが・・。
にゃんちん、明日はママのもとに帰れるね!
よく頑張ったね!!
Commented by 日本カモシカ at 2006-07-10 02:06 x
にゃんちん・・、頑張って連れて帰ってあげてください。
私から見てもこんなに入院させる理由はよくわかりません。。。
入院させれば入院費もかかるし、それは病院にとっては利益になるかもしれないけど、猫にとってはストレスにしかならないと思うし。
今まで見られなかった目くそが、今回の写真ではくっきり・・・!!
かわいそう、にゃんちん。
とっても心配です。

ここに、私が大ファンのアザラシーズさんが結石について書いた時のアドレスを残しておきますね。
色々と個人的な意見をまとめてくれていたので、何か役に立てばと。
アザラシーズさんのとこのゲンマくんも結石でかなり辛い思いをしてたんだけど、現在は手術をして落ち着いてます
http://yamacan.blog46.fc2.com/blog-entry-170.html
Commented by 日本カモシカ at 2006-07-10 02:10 x
あと、ちなみに英語サイトでもストラバイトについて調べてみたんですが、体質によるものは大きいようです。
今日、ターディス嬢の尿検査も行って来たんですが細菌反応が少し出ただけでとりあえずは異常なしでした。
薬もなにもなしで、「気をつけて様子を見てあげていてください」で終了。
あと、療養食はバランスが取れていないので、長期的にあげるのはかなり問題ありのようですね。。。
Commented by cyaizou at 2006-07-10 08:32
心配ですね。
一日おしっこがでないだけでこれだけの処置というのはびっくりしました。
最初は簡単な処置で様子を見て、改善しなければ次の段階へってのが普通だと思ってました。
レントゲンもエコーもしてないのかなぁ?してないのに、これなのかなぁ?
ここまでの処置をする必要があるか…など、先生がいくら説明してくれても納得がいかない場合、やはり病院を変えるしかないなぁ、と、私は思います。
にゃんちんがんばれ…!
Commented by tomoco at 2006-07-10 09:38 x
心配ですね。
それにしても、いくら混んでいるとは言え…
早く元気になって欲しいです、、
良い結果のブログ更新楽しみにしています。
nyanmyupurinさまファイトですーー!!
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-10 11:18
>kyokochaa
チャーちゃんも石持ちさんでしたか…。でも出口を塞いだりとかは無いのですね。それはラッキーかもしれません。にゃんは、本当に出口の所で詰まってしまったのでは無いかなと思いました。若い獣医さんはカテーテル挿入がなかなか出来なくて、院長が代わってくれたらすぐに通ったけど「先にあるね」って言ってましたから。それに、にゃんの尿道が極端に細いのかもしれません。普通なら流れ出るくらいのものが出ないという事もあると思います。私も色々調べたのですが、食べ物が原因とは言いきれないのがこの病気みたいです。なので今後は体質改善をやっていくつもりです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-10 11:19
>日本カモシカさん
色々調べてくれてありがとうございます。私も本を読んだり検索したりして、体質によるものがかなり大きいと知りました。そしてカリカリがにゃんにとって合っていないものだと言うこと(精神的なところも大きいとは思いますが)、一日入院しただけでおさまっていた目ヤニや鼻クソが出たことで改めて思い知らされました。
若い獣医さんの診療を院長は養護したのかもしれません。
療養食は塩分が高い上に心臓に負担になるらしいのですよね。他のストルバイトになった子達のHPやブログ検索しても、毛がパサパサになったとか読んで、出来ればあげたくないなという気持ちでいっぱいです。なのでS/DやC/Dを3ヶ月もあげ続けることは、ちょっと抵抗があります。
午後には病院から連絡あることを祈って、仕事します。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-10 11:19
>cyaizoさん
こんな事になると思わず病院へ連れて行ったので、1回おしっこが出ないからって慌てて病院へ行かない方がよかった?とかグルグル。もう一回水分たっぷりめの食事をさせたらよかったかな…とも思ったり。でも若いときに急性腎不全から尿毒症になったことがあったので、私が排泄に関して神経質になっていて。今日は連絡がもし7時までに無かったら、強行に迎えに行くつもりでいます。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-10 11:20
>tomocoさん
ウンチくんがいっぱい出たと喜んでいたんだけど、実はおしっこ出すために踏ん張りすぎて出たウンチだったとは…。でも、これが後から思い出して笑い話になるように今後、体質改善に頑張ります。
Commented by 白雪 at 2006-07-10 14:28 x
まず・・・ですよね!!!!
日曜の動物病院は普段仕事行ってる方々が大事なペットを病院に連れて行く日ですよね!!!
でもウチの周りの動物病院は日曜が休みのところが多いです★
10日のブログに書いたのですが、ミイを診て貰おうと病院に行ったのに何処も休みで・・・。
TVとかで見る病院は週末は忙しい・・・ってありますよね!!!
って、ウチの話ですみません・・・。
此処の病院はnyanmyupurinサンが前から行ってた病院なのですよね???
なんか馴染みの病院って気がしないので聞いてみましたが・・・。
Commented by みみ at 2006-07-10 16:56 x
え~~!! にゃんさん、大変なことになってたんですね。
えっと、難しい言葉(専門用語)は分からないとこもあるけど、石があるんですね。それで、おしっこが出にくくなっているということですか? それで、その処置に麻酔して…。
にゃんさん痛かったろうな。(TT-TT 頑張ったね。
だけど、病院側が入院期間や処置のパターンなどをちゃんと説明をしておかないからですよね。こういう状況では、こういう処置で何日かかります。と明確に伝えておかねばのことですよ。うん。

つづく。
<文字が多いと怒られました(笑)>
Commented by みみ at 2006-07-10 16:56 x
ウチにいた男の子(ブンタ)は交通事故にあい、手術&入院をしました。そのときはかかりつけ医院では対応できず(いろいろな面で)、隣町の病院に入院してました。先が判らない状態だけど、処置パターンをいろいろ説明してくださいました。退院後もかかりつけに通院したけど、同じように処置計画的なものを明確に教えていただきました。
にゃんさんの先生も、腕もいいんだろうし(混んでるし)、説明をちゃんとしたんでしょうが、いろいろな症状経過での処置のパターンをちゃんと説明して欲しかったなと、読んでいました。
今現在月曜日ですが、にゃんさんどうなったでしょうか。とても気になります。
怒りでも、泣きでもなんでも聞くから、教えてくださいね。
頑張れ、にゃんちん。負けるな、nyanmyupurinさん。
Commented at 2006-07-10 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-07-10 21:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-11 02:18
>白雪さん
日曜日もやっている病院って、田舎では珍しいんですよ。いまの病院の前まで行っていたところも日曜祭日はお休みでした。実はこの病院は行き始めて1年くらいです。にゃんを保護したときから診てもらっていた主治医がいた病院は、その主治医が別の所へ行ってしまって、おじいちゃん先生しか居なくなってしまったので診療がおじいちゃんじゃ不安で別の所を探し回ることをやってまして…。転々としていて、やっと落ち着いたところだったんです。でも、今回のことで、病院も1箇所って決めてしまうのではなくて2箇所くらいは、診療してもらえるようになっていた方がいいなぁって思いました。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-11 02:19
>みみさん
色々お騒がせしてすみません。今日無事に?いや、無理矢理?退院してきました。問題の排尿も、自宅に戻ったらすぐやってくれて、やっぱりナイーブなにゃんに、違う環境でしかも私の居ない場所での食事や排泄は出来なかったようです。今日、別の病院へセカンドオピニオンも頼み、少し私なりに分かったこともあり勉強になりました。全部は詳しくかけなかったけど、記事にしたので読んでくださいね。
心配かけてしまってごめんなさい。でも、たぶんもう大丈夫なので安心してくださいね。
ブンタちゃんを診てくれて先生は、良心的ですよね。たぶん、私の行っていた病院の先生も悪い人じゃないと思うのです。でも働いている獣医さんをかばうのは、有ることだし、たまたまそれがにゃんに当たってしまったのは残念だけど。でも、診療代が安かったの。2年前まで行っていた所より。それにここの病院、野良猫のボランティア的なことやってたりするの。本当はいい病院なんだけど、今回はちょっと行き過ぎた治療だったみたいです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-11 02:19
>鍵コメント1さん
ええ〜〜〜!!そうなんですか(;_;)。うちではヤラーの次に好評になりつつあるフードだったんですが。ショックです。よかれと思ったことが、裏目に出てますわ…。教えてくださってありがとう。ヤラーはどうなんでしょうか、ご存じですか?

ええ、私も1週間過ぎたら、もとのやり方に戻すつもりです。にゃんのご飯は、もともとスープ多めでしたし、塩分もほとんど使っていなかったので一般的な猫缶やカリカリに比べたらずっといいはずなんです。今回のことは私の予想では夏日のような暑い日が続いた後、2日間急に冷え込んで寒いくらいだったのです。その2日目の夜にこのような事になったので、気候の関係ではないかと思っています。そろそろにゃんも老猫の域に入っていますので、気温の変化には身体がついて行かなかったのかなと思います。それもこれも、外(ベランダ)のトイレが好きっていう、困ったちゃんなのが問題なんですけどね。
トマト、2回目挑戦の時は2〜3口は食べてくれたので、また挑戦するつもりですよ。いま、完熟が美味しい季節になってきましたから、甘いのだったら食べそうな気がしてます。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-11 02:22
>鍵コメント2さん
ごめんなさい、記事アップが遅くなって。退院してきました☆
今は、私の足元にいます(*^_^*)。
そして、また気を遣わせてしまってすみません(;_;)。
私、鍵コメント2さんに何もしてあげられてないのに…
ありがとう、嬉しいですm(__)m。
名前
URL
削除用パスワード