ありがとね、メイちゃん

今日の朝早く、#猫屋敷計画さんのりゅうさんが愛するメイちゃんが旅立ちました。
白血病が発病してしまって、必死で病気と闘ってきたメイちゃん。
りゅうさんが、体調悪くて倒れたとき、メイちゃんの方が辛いはずなのにスフィンクス座り(箱座り)で看病してくれたメイちゃん。
一時は「元気になりましたよ。」って見せつけるかのように、水飲み場の点検を元気にしてくれたメイちゃん。
いつもキリちゃんと一緒にりゅうさんとお寝んねしてたメイちゃん。
あと10日で4歳になるところだったメイちゃん。
最後まで、りゅうさんのこと思いやって“冬になったらまた、キリちゃんと一緒にりゅうさんのお布団で寝る約束”を最後の最後に(冬まで頑張れそうもなかったからって、分かっていたのか…)果たしてくれたメイちゃん。
そして、私の作ったスープを美味しそうに飲んでくれたメイちゃん。
小さくなってしまった体で、いっぱい、いっぱい頑張ったね、りゅうさんとふたりで。
頑張り屋さんで心やさしいメイちゃん、ありがとね。今日まで頑張ってくれて。
きっと大好きなりゅうさんを置いて、先にお空のお星様になるのは気がかりだったと思うけど、健康な体を手に入れてまたりゅうさんの所へ生まれ変わって戻って来てね。
今日からは、今は泣き虫になっているりゅうさんを、時々お空から点検してね。
「泣き虫になっていませんか〜。ササや空のこともちゃんと任せたよ〜。」って、水飲み場の点検をしていたように、りゅうさんの心の点検をしてあげてね。

メイちゃんの状態が大変だった時に、にゃんのことで心配かけてしまって、ごめんね、りゅうさん。
心やさしいりゅうさんだから、頑張りすぎるくらい頑張ってきたりゅうさんだから、寂しくて悲しくてどうしていいか分からない状態だと思うけど、少しでもはやく立ち直ってね。
近所に住んでいたら、きっとすぐに駆けつけて一緒にわーわー泣いてしまうだろうけれど…。今も書きながら涙が止まりません。
まだ同じ病気のササちゃんも空ちゃんもいるから、いっぱい泣いたら、いっぱい悲しんだら、また、いつものりゅうさんに戻ってね。

メイちゃん、りゅうさんちの子になってよかったよね。
幸せだったよね。こんなに愛してくれて、こんなに素敵な人といつも一緒に頑張ってこれて、幸せだったよね。

メイちゃん、頑張って頑張って生きてくれて、本当にありがとう。

☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆
※追記
後日、(7月28日に)りゅうさんが大切な言葉をご自分のブログへ書かれました。そのままの内容をこちらにも載せておきます。

『メイは猫白血病と猫エイズを持っていたけど、
隔離せずみんなと楽しく暮らしました。だから私も楽しかった。
(ずっと一緒だったキリはどちらもうつっていません)
キャリアであることを泣く必要も、不幸だと思う必要もありません。
たとえ発病しても、大変だけど、不幸ではないです。
私とメイ、不幸そうに見えますか?
我が家にはメイと同じWキャリアのササも、白血病単体の空もハクもいるけど、
検査をしたら他にもキャリアの子がいるんだろうけど、
他のみんなと変わらず、心配もしていません。楽しく暮らすだけです。
子猫のうちにキャリアだとわかったら、それは健康に注意できるチャンスです。
だって、早いうちから栄養とか体調管理に気をつけてあげられるんだもんね。
キャリアであることを、発病した事を不幸だと思わない人が増えてくれたら、
私もメイもうれしく思います。 ** りゅう@猫屋敷 **』

by nyanmyupurin | 2006-07-26 16:37 | 猫と暮らして | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/3880657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ganbaruneko at 2006-07-26 20:31
NMPさんもメイちゃんを必死で応援していたから、とてもとても寂しいと思います。だけどだけどいっぱいいっぱい愛されて、たくさんの家族に囲まれていたたメイちゃんは、とっても幸せな猫さんだったと思います。メイちゃん、またね。
Commented by TAMI at 2006-07-26 23:18 x
NMPさんの命のスープがメイちゃんとりゅうさんを支えてくれたと思います。
そして、そのことを読んでいた私にも暖かい愛情が伝わって、励まされました。
NMPさん、ありがとうです。
メイちゃん、本当にがんばってがんばってがんばってくれた。
りゅうさんもたくさんがんばってがんばって。
まだまだがんばれると思っていただけに、涙が止まらないです。
Commented by 白雪 at 2006-07-27 04:44 x
りゅうサンとこで泣いて、GANBARUNEKOさんトコで泣いて、此処でもまた泣いてしまいました・・・。
もお目がパンパンですが★
ずっと闘病生活を見てた子が旅立ってしまうのは本当に辛いですよね・・・。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-27 08:39
>Ganbarunekoさん
知っている子がいなくなってしまうのは、やっぱりつらいですね。りゅうさんが今、どれだけ悲しい気持ちかと思うとつらいです。私だって、もしにゃんがいなくなったら…って考えたら、とても苦しくて悲しくて生きている事すら無意味に思えてしまうと思うから。
でも、そうですね、メイちゃんはりゅうさんのご家族に愛情いっぱい注いでもらって幸せだったよね。
時間がりゅうさんの心を癒してくれるのを待つしかないのかなと思っています。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-27 08:48
>TAMIさん
私は何もしてあげられなかったですよ。
もっと少量でも栄養がとれるようなスープが作れたらって。
メイちゃんのことで大変なときでも、りゅうさんはにゃんのこと、自傷行為のぷりんのことなど気にかけてくれて。その優しさに少しでもお返しがしたかったけれど、出来なかった。そんな自分がもどかしいです。
頑張ってくれたメイちゃん、それを見て頑張りすぎて頑張りすぎてこれ以上は頑張れないってくらい頑張ったりゅうさん。しばらくは、心と体を休めませてあげてほしいです。りゅうさん、大丈夫かな、心配です。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-27 08:52
>白雪さん
まだまだ若かったメイちゃんが、どうして?って。頑張り屋でやさしかったメイちゃんに、もっと命のご褒美ほしかった…。
りゅうさんの今の気持ちを考えると、泣けて泣けて。早く時間が過ぎて、時間がりゅうさんの悲しみを薄くしてくれるのを望みます。
名前
URL
削除用パスワード