とうとう巨大結腸症と診断される

写真はにゃんの腸のレントゲンです。コンピューター撮影だったので、データーをもらってきました。
e0031853_143882.jpg
今日はにゃんの食欲がパタリと止まってしまった。朝、10粒のヤラーのカリカリ食べたきり。午後には何かに取り憑かれたように猫草ばかりを食べていた。おしっこは朝と昼に普通のおおきさのしっこを出したけれど、また一昨日と同じように午後になってトイレ巡りが始まった。その間に猫草を食べるの繰り返し。何度もトイレに行っては、しっこポーズ。その後うんちくんポーズ。で、猫草を食べる。このセットで何回も。しっこは出したばかりで、そんなにすぐには膀胱にたまらないはずなのに、ポーズを取っては何回も無理矢理に絞り出す感じで出して2時間くらいの間に1円玉くらいの小さいのが4つ。その後も何回もトイレに行っては頑張っていたけど、何も出てこない。あまりに様子が変なので、やはり病院へ行った方がいいなと以前セカンドオピニオンを頼んだ病院2へ診療の予約を入れた。今日は話を聞いてくれた獣医師さんがいたので、ホッとして出掛ける支度をしていたら、またトイレ。踏ん張りすぎて吐いた。でもお腹には何も入っていないから午後から食べた猫草と胃液。で、トイレでない所あちこちで踏ん張り始めるので、急いで踏ん張るポーズを取っているにゃんをトイレに運ぶ。泡のようなゲロを吐きながらトイレに出したのが、先月の中旬から急に見るようになった2個のうんちが並列になってくっついている変な形のうんち。
これが詰まってて、何度もトイレへ行っていたらしく、この後スッキリした顔でソファーに箱座りしていたけれど病院へ予約を入れてあったので、可哀想かなと思ったけれど病院へ。
近いうちにレントゲンも撮ってもらおうと思っていたし、腸の様子をとりあえず撮ってもらおうと嫌がるにゃんを連れて出掛けた。
先生に8月6日からのにゃんの様子と別の病院で浣腸をしてもらった事、尿検査をしてもらった事など全部を話したところ、一昨日のちょっとした血が出たことやトイレに頻繁に踏ん張ることは、予想ではおしっこに因ることが原因でトイレで踏ん張るっているのではなくて便が理由ではないかと言われる。おしっこは、尿砂が出たとしても毎日詰まらずに排尿が確認出来ていれば、とりあえずは大丈夫であると言うことだった。触診でも「おしっこはたまっていないから大丈夫でしょう。」と。「便は貯まっているようだから浣腸して出すようにしましょう。」と言う話だったけれど、まずレントゲンを撮ってもらうことをお願いした。結果、巨大結腸症になっていると診断。去年は大丈夫だったのに、この1年で巨大結腸になっていたらしい。今できる治療はとりあえず、詰まった便を出すことという事で、悩んだけれど腸の中でくっつき始めているうんちくんを見てしまったし、6日にやったばかりだったけどまた浣腸をすることにした。15分も待たずにゃんと先生が戻ってきた。
にゃんのうんちは、巨大結腸症に多く見られる便の固さや乾燥がないので簡単にすぐ出てきたと驚かれた。
出てきたウンチはどれもいい状態だったそうだ。ただ、腸が太くなり詰まって行く過程でくっつき合うものが出来てしまい出にくい状態、圧迫感などを生み気持ち悪くなるのではないか…と。また腸が太くなってくると普通は自ら便意を催さない子がほとんどであるのに、にゃんは自らの力でまだ出そうとしていること。外科的治療法としては結腸切除手術という方法もあるけれど、これは100%完治するとも言い切れず、また便秘に戻ってしまう可能性もあること。内科的治療法としては薬を飲ませてという方法になるけれど、にゃんのようにもともとウンチが固くない子は、どれほどの効果が出るかやってみないと分からないということ。巨大結腸症になっている他の猫ちゃん達と比べて便の様子がいい状態なので内科的治療をするには当てはまらないかもしれないということなど総合して考えると、定期的な浣腸でスッキリした環境を作ってあげたらいいのではないかと言われた。私が心配するのは、定期的に浣腸してしまう癖を付けると楽なだけに、にゃんが自ら出そうと頑張ることをやめてしまわないか…ということだ。先生に質問すると、「確かにそういうことはあります。」だった。
今日は今後どうして行くのか結論が出なく、にゃんの場合「まだ頑張って出そうとしているからしばらく様子を見てみましょう。」という話になった。
約9ヶ月、手作りご飯を頑張ってきたけれど効果はなかったのかな…。にゃんだって、今までのご飯と違うものをいきなり食べさせられて嫌だったはずだ。でも頑張って今日まで一緒にやって来たのにね。
6月にベランダの工事で、にゃんの外用のトイレが使えなくなった3週間近く、あれからおしっこが詰まったりウンチが滞ってきていた。それまではウンチくんもにゃんなりのペースで出てきていたのだけど。でも、たまたまそうなっただけで、この時の工事で外用トイレが使えなかったからが理由ではないかもしれない。徐々に1年かけて太くなってきたのかもしれない。
また、時期を同じくして手作りフードに加え始めた消化酵素。これは消化を促すものだけども、逆に便秘の子は消化が良すぎるため腸に刺激が少くなり蠕動が減ってしまい逆効果になることもあるのです。もしかしたら、良かれと思って始めたことが逆効果を生んでいた可能性も大いにあるわけで…。
過保護的な環境は果たしていいことなのか?という疑問が常に自分の中にあり、また自分自身がサプリや薬が嫌いなため避けたい気持ちもあるけれど、自己治癒能力がもともと高いはずの猫族であるにゃんに、あれこれと内科的な補助を自分はしすぎていないかな?とも。e0031853_14409.jpg便秘猫というと、便が固くカチコチになっていると誰もが想像されると思うけど、このブログでも何度か書いたように、にゃんはもともと我が家の4匹の中でも、誰よりもうんちくんが固くないのです。太さは他の子より太めなウンチをする時が多かったけれど、いつも誰よりも水分もあり素人の私が見てもいいウンチだなって。カリカリ大好きなみゅー2号のウンチは、すごく乾燥してて固くてコロコロしているけど毎日出ている。だから、にゃんはうんちの状態が悪くて便秘になったのとは違うのではと思っています。カチコチに固くて水分がないウンチくんだったら、巨大結腸症になっている事も、言い訳かもしれないけれど獣医さんも私も、もっと早く疑うことも出来ただろうし…。
今日のレントゲンよりも、かなり詰まっていた去年。浣腸してもらってやっぱり詰まったうんちを出したけど、にゃんは浣腸するとすんなり出てきていました。だから便秘といっても大した便秘ではないと病院1の院長に励まされ、内科的治療のラクツロース投与となりました。3ヶ月ちょっとラクツロース(※消化管に吸収されることなく下部消化管に達し、腸内細菌により分解され、その結果できた有機酸により分解され有機酸(乳酸・酢酸)が産生され腸管の運動を活発にします。)か、乳糖(ラクトース)が含まれるお薬を飲ませていましたがそれでも詰まり投与から3ヶ月後には浣腸が必要になったのです。それから、病院1の先生が難しいだろうと言われたフードの手作り食へ移行してやってきました。でも今回9月半ぶりに浣腸しないと出ない状態になり、結果、巨大結腸症と診断されてしまいました。
1年前、今よりもっと酷い便秘だったにゃん。なのに色々手助けしてきたつもりでやって来た今の方が、腸の状態は良くない訳です。巨大結腸症は一度なると完治は難しいとされているけれど、食事面では消化のよすぎる食事を与えない、水分を多くとる、骨をあまり食べない、肥満にさせない…など。精神面ではストレスを与えない。生活面では適度な運動をさせる。これからも、まだまだにゃんと一緒に頑張っていかないと行けないけれど、にゃん、着いてきてくれるかな…。



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくん自力で5cm×1個。2個がくっついたような変な形のうんち。あとは浣腸で全部出してもらいました。
おしっこは、通常の大きさ2個。ちょっと小さめしっこ玉1つ。何度もトイレに入った際に1円玉くらいのしっこ4つ。


★今日のごはん(にゃん)
朝  :ヤラー 100%オーガニックキャットフードフィッシュ 10粒
昼  :なし
夜  :手作り食(食べた後、全部吐く)

今日の手作り食の内容
夜:大根の葉、ベビーリーフ、ダチョウ肉(生)、マグロの血合い煮込み少し、大麦入りとろとろスープ、あごだしスープ、ビール酵母、クルミ・アーモンド・ピーナツをすりつぶしたもの少し

e0031853_1451193.jpg今日は朝から食欲がない。昨日までの食欲はどこへ状態。結局、便秘によるものだと病院へ行き判明。お腹がスッキリしてか夜になり食べたがったので、用意するも空っぽのお腹にいきなり沢山の食べ物で胃がビックリしたのか食べ過ぎゲボ状態。食べてすぐに全部吐いてしまった。その後、また欲しがってきたけど、今日は絶食日にさせることにした。朝からカリカリ10粒だけだけど今日は我慢してもらうことに。
手作り食練習組は、キャベツ、水郷鶏(ボイル)に昨日の残りの猫缶“AiXiA 黒缶プレミアム にぼし入りまぐろ”を使いました。ぷりんはほぼ全部食べました。みゅー2号は今日もまた砂掛けを一生懸命やってくれて食べず。ももは昨日と同じく少しだけ残しました。
写真は上が夜の手作りご飯。下が手作り食練習用ごはん。


★今日の診療(病院2にて)
診察料‥‥‥‥‥‥‥‥840円
レントゲン‥‥‥‥‥4,410円
浣腸、排便処置‥‥‥2,100円

合計7,350円
by nyanmyupurin | 2006-08-16 23:59 | にゃん | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/4002887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomoco at 2006-08-17 18:25 x
心配ですね、でも、お医者さんのお話ではひどい状態ではないとのことですよね、、
多くの課題が出来てしまった様ですが、にゃんちんも他のみんなも分かってくれますよ。愛情たっぷりのnyanmyupurinさんですもの。
Commented by Ganbaruneko at 2006-08-17 18:59
巨大結腸症でしたか。割と多くみられる病気ではあるけれど、NMPさんが手作りにしたことがなんの役にも立ってないって事はないと思うし、はたまた巨大結腸症を促したとも思えないです。自己治癒力って本当に大切だと思うし、にゃんちんも一緒に協力して頑張ってきてたんじゃないかなぁ?って感じてました。にゃんちんの場合はとても繊細だから、何かのタイミングでトイレに行けないことから軟らかにままウンチくんが溜まってしまうのかしら?逆にだからこそ出す気持ちもあるけれど、うまく出せなくなるのかしら?って言ってる事が支離滅裂なんだけれど、NMPさんの気持ちが固まれば、にゃんちんはきっとついてきてくれるって思いますよ♪だってにゃんちん「必ず治ると信じて」って言ってましたもん。NMPさんがそう信じてあげるのが一番大切なことじゃないかなって思います。今は色々あってグルグルしていらっしゃると思いますが、頑張ってくださいね。応援していますよ♪
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-17 19:43
>tomocoさん
便の状態はいいものの、便秘であることにはかわりないのです。そして、腸が太くなっていることも…。手作り食に切り換えた2〜3ヶ月が一番よくウンチが出てくれていたようです。今のように生肉を食べられす、調理した食材と生野菜を食べていたころが一番調子よかったみたい。ある程度消化に大変なものの方がよかったのかなって思ったり…。昨日無理矢理に病院へ行ったから、ご機嫌斜めで、今日は抱っこすると嫌がられています(泣)。
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-17 19:54
>Ganbarunekoさん
これだけは違うって自分が思っていたかったので、もしなってるとしても部分的に腸が変形している(この場合は時間がかかっても治すことが出来るから)と思っていたのです。(思うようにしていた。)でも、コレになったら嫌だなあって思っていたものになっていました。腫瘍があるとかよりは、いいのですけどね、ずっと。今日は、お昼ご飯も手作りご飯にするのが怖くて自信がなくて缶詰あげてしまいました。アニモンダ、リンクしている手作り食仲間の「はむねこぶろぐ」さんで好評だったって記事を読んで、実は私も注文していたんです。Ganbarunekoさんのところでも好評だったんですよね?こんな時、ストック缶があってよかった。にゃんは私が作るご飯より美味しい缶詰で、嬉しかったと思うけど。
通院はやっぱりストレスになっているみたいで、今日はしっこも詰まり気味。小さいのしか出てないんです。6日にカテーテルしたばかりで、毎日冷や冷やしていたしっこなのに、昨日の通院でまたおかしいみたい。
Commented by cyaizou at 2006-08-17 22:17
家のういろうも昨日病院に行ってから様子が変です。
一日、ほぼ同じところに座っていたみたいだし、呼びかけても反応ないし…。
私の行く病院では、浣腸の後、自然にでるのを待つのではなく、先生が指を入れて穿り出します。これが結構きついらしく、この大人しいういろうが声をあげます。
自然に出る状態のにゃんちんがそうならういろうはもっと酷いのかなぁ…。
でも流石に17歳の老体に手術はできないし…。
ストレスになっても定期的に病院に行くのが一番の対処法のような気がします。そして、愛情のこもったご飯は悪いことは決してないと思いますよ。
Commented by 日本カモシカ at 2006-08-17 23:29 x
私も、NMPさんの努力が無駄だったとは思いませんよ☆
だって市販のフードの方が猫にとっては自然なものじゃないはずだし、もっと人間の手が加えられていて、体にいいといわれる栄養素が人工的に加えられているわけだし。。。
便秘は体質によるものが大きいそうだし、年齢を重ねるにつれて、便秘になる猫ちゃんが多いっていうし。。。
今回の結果もにゃんちんの便秘体質が影響してのものだと思うので、NMPさんが手助けしたから・・・なんて思わないでくださいね。
同じ食事を食べている姉弟猫の雪とグンタも、雪ちゃんは軟便気味でグンタは何を食べてもピンピンしてるように、やっぱり生まれもっての体質はかなり関係していると思います。
にゃんちんの場合も、たぶん根本的な体質改善が1番いいんじゃないかと思うけど、何をしてあげるのが1番いいのかわからないです。
アニモンダは、私がリンクしているブログ『ちびシック』のぴかさんの所でも大好評でしたよ☆
Commented by nekoboci at 2006-08-18 00:28 x
にゃんちゃん、大変でしたね。
「巨大結腸症」という病名、はじめて聞きました。
nyanmyupurinさんが毎回書かれていたという
「にゃんちゃんの便はやわらかい」
私は、てっきり硬いと思い込んでいたわけで
読んでいるようで、読んでいない
いい加減なヤツだなと思ってしまいました。

いま、友達のご主人である先生に聞いてみました。
この病気は、その子の体質とか親からの遺伝が
原因である場合が多いそうです。
他にも、色々あるそうですが
カリカリなどは避けたほうがよく
かえって消化の良い手作り食をすすめる
と言ってました。

先生のところにも、同じ病気の子が3年以上浣腸しに
通っているそうですが、かなりお年のその猫さんは
便秘以外は病気知らずの元気猫さんだそうです。

nyanmyupurinさんも、手作り食の事で悩むことないと思いました。
にゃんちゃんが自分でウンチをしたら、しめたもの(笑)
一週間以上出なかったら浣腸と割り切って乗り切ってください。
Commented by at 2006-08-18 00:40 x
こんなレントゲンを見たらそれは落ち込みますよね・・・。
我が家では下痢は何度か経験していますが、便秘は本当に無くて・・・。
ただ、我が家もそりゃもううまくいくまではサスケも散々だったと思います。
彼は本当に猫用フード以外のものを食べる思想がなくて、しかもそれにくさ~~いサプリもかけていたんですね。
今のレシピを見つけてからは、彼はそのサプリ苦難からは逃れているし、このレシピの味は自分でばくばく食べ始めたものだから良いのですが、その前は人間だったら散々文句言ってたと思います(^^;)

私もうまくいくまでは毎日トイレ見るのがイヤでたまらなくて、結構色々考えた日もありました。
何をしたらうまくいくのかは私も分からないけれど、わからないなりに色々やってきたことは決して無駄ではないと思うのです。
だってその子にあうご飯の可能性は少しずつつぶしていっているんですもの。
Commented by at 2006-08-18 09:20 x
ちゃんと病院にいくとつまってるの出す手助けしてもらうんだよ、
とかよく話せば、わかると思いますよ。にゃんちんなら。
通院のストレスはわかるけど、それで行くタイミング外すことになったら、
nmpさんだけじゃなく私もつらいです。
うちの猫だけの話かもですが、
通院のストレスでは膀胱炎にならないけど、
遊んでくれないとかトイレが気に入らないってストレスでは、なりました。
昔の猫、そういうことで膀胱炎になる子は少なかったと思う。
最近私も、ゆずや昔の子に比べて、今の子はどうして病気が多いんだろうって、
いろんなことを考えてます。過保護に思いすぎなのかも。
せっかく選んでるごはんが実は良くないのか?とか。
でも、生きてるならいつでも考え直したり、方向転換できるから、
全部そんなに深刻に考えすぎないで、いろいろ試していけばいいんじゃないかなぁと思いました。
幸い、にゃんちん、大小ちゃんと出してるから。
メールの返事にかえて、こっちに書いちゃったけど・・・
メイがあんなにうれしそうに飲んだスープを作ったヒトなんだから、
手作りごはんと自分に、もっと自信持って☆
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-18 11:17
>cyaizoさん
ういろうちゃんも具合がよくないのですね。病院へ行くと、何だかぼけちゃったの?って感じの反応しませんか?うちのにゃんは、そんな雰囲気です。
にゃんの場合は浣腸するともう2〜3分ですぐに便意をもよおしてするする出てきます。酷い便秘の時は1回の浣腸では出ないので3〜4時間病院へあずけて浣腸を1時間おきくらいの間隔でやってもらってました。穿り出しは一度もしたことがありません。かなり大きなうんちが出来てしまっているときでも自力で出すことができるんですよ。もともと便秘になったのは精神的理由だったので、長いこと精神的なトラウマになっている部分が改善されたらでるのでは?と思っていました。だけど今ではそれが肉体的な理由に変わってきてしまったようなのです。だから、ういろうちゃんのほうが、やっぱり固くて出すのが大変なうんちなのだと思います。17歳のういろうちゃんに、手術はとてもできないですよね。10歳のにゃんですら躊躇しますから。今のところは詰まったら浣腸してもらうしかお互い方法はないですよね…。
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-18 11:18
>日本カモシカさん
白猫は体が弱いって聞いていたけど、その話って本当なのかな、とか寂しく思います。このマンションへ引っ越してきてからにゃんの病気が続く日々。最初の酷い病気が治って一度は落ち着いてきたかなと思っていたけどババりんとももが来てからまた少しずつ崩れてきました。にゃんは、ものすごく神経が細やかで色んなことを考えるタイプ。下の子達の前ではけっして我が儘しないし、いいお兄ちゃんをしているから我慢も多いと思います。便秘はもう8年近く、若い頃から便秘なんです。一番酷かったのはババりんたちがやって来てすぐでした。それまでは、便秘ではあるものの、だいたい3〜4日おきには出ていましたので病院へ浣腸してもらうことは少なかったです。とはいえ、詰まれば浣腸してもらっていましたが。ここ1年では妹夫婦も頻繁にやって来ていましたから色んな事が重なって出しにくい環境も作ってしまったと思います。
私ってよかれと思ってしてきたことが、いつも裏目に出てしまうのです。

アニモンダ、開缶したすぐのものは食べたけど、冷蔵庫で保存して温め直したモノは、見事に残されましたが(笑)。私が食べても美味しい味でしたよ。
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-18 11:20
>nekobociさん
先生に聞いてくださったのですね、ありがとうnekobociさん。
ブログに書いたのは、にゃんのうんちくんは硬くもなく水分もあるうんちくんという書き方をしていました。
やわらかいというわけではないですが、硬くはないんです。一番カチコチなのは、みゅー2号。でもコロコロと、こまぎれのウンチで毎日でています。これも書いたことがあると思います。にゃんの場合は、他の子より太さは確かにあることの方が多く、立派な太さのうんちをしていました。酷いときはどこから見ても4cm×4cmという大きさのものだったり。でも、そんな時も乾燥したようなウンチではないんですよ。ここのところ、消化酵素が効いてきたのかうんちの太さが細くなってきていました。でも、それがかえって2本のウンチをくっつけてしまい大変な結果になったかもしれません。
にゃんは消化する力がないのかなーとか思っていたけど、そうでもなかったのかな…。8年前に精神的理由でなり始めた便秘だったのですが、いまやそれが慢性化して体質になっているようです。今のところ、自力で出せなかったら浣腸する以外のよい方法がないので、浣腸はしかたないですね。
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-18 11:22
>苗さん
もうね、私にしてみたら下痢の方がどれだけ嬉しいか(笑)。下痢なら、とりあえず体から汚物は出ていくわけだし。これからどうしたらいいのか、分からなくて。食事内容を一番調子よくうんちを出ていたころの、加熱した肉・生野菜・少量の豆類・ビール酵母・スープの食事に徐々に戻そうかな…とも考えています。もしくは半分はこの加熱メニューにするとか。コンスタントに生肉食べはめてからの方が、よくないような気もするし。やってみないと分からないから、とりあえず試していくしかないですものね。
幸い、私も諦めることはないので、にゃんが頑張って付き合ってくれる限り、あれこれ試していくつもりです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-18 11:30
>りゅうさん
病院へ行ってきてしばらくは、痴呆症(認知症て言わないといけないのかな、今は…)になっているような感じになるんですよ。私が感じるだけかもしれないけど。病院へ連れて行くタイミングは難しいですよね。あと一日遅いほうがよかった?とか、あと一日早いほうがよかったとか。
それに膀胱炎になりそうな要因が、ありすぎて。にゃんの場合、家の中にあるにゃん専用のトイレを使いたがらないからどうしてもベランダのトイレになってしまう。部屋の中は涼しいけど、外はものすごく暑い。きっとこれも気に入らないはず。病院へ連れていかれたことも嫌だって思っていると思う。すごく拒否したから。たぶん、行く直前にうんちを1個出していたから「なぜ?出たのに!」って思っていると思う。
食事も色々と手を加えすぎているのかもしれませんよね。もっとシンプルにならないかなーって。色んなことが。サプリとか薬、あまり使いたくないし。
しっこは小さいしっこだけど、出ているから大丈夫ですよね?完全に詰まった訳じゃないから。まだ、様子がいつと違うけど、少しにゃんの自己治癒能力に期待して見守ってみます。
Commented at 2006-08-18 12:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-08-18 15:38
>鍵コメントさん
さきほど、やっと普通よりは小さめだけども、昨日より大きめなおしっこ出してくれました。思う量が出せたようで本猫も「これで休める〜。」って感じで落ち着いて眠れているようです。今日も朝からず〜っと、トイレへ行ったり来たりで、でも出なくて休むこともできずにいたようなんです。少しほっとしました。
秘蔵動画かわいかった。お転婆さんだったんですね(*^_^*)。
名前
URL
削除用パスワード