少し食べられました。

今日も一日、ほぼ同じ位置で箱座り状態。朝方、トイレに行きたかったらしいけれど、ソファーから2mほどのところまで移動する間に、軟便のほとんどがずるずる出てしまった様で、ソファーも毛布もラグもウンチくんで汚れていた。トイレはあきらめて、汚れていない部分を選んで毛布の上に小さくなっているにゃん。朝、この様子を見てもう一度お尻を確認すると、うんちでシッポまでベッタリ。半分乾いている状態だったので嫌がるにゃんをシャワーでお尻だけ洗いました。でも、またしばらくすると汚れていて、どうやら垂れ流しのような感じになってしまった様子。2回、シャワーで洗ったけれど、あまり洗うのも体力がただでさえなくなっているのによくないだろうし、無気力状態がおさまるまで汚くなっているのはあきらめる事に。そんな状態だったけれどお昼ごろには、おしっこも出してくれて一安心。汚くなった毛布やラグの洗濯をして床に付いたうんちの掃除もして一通りきれいになると、その様子を見て安心したのかやっと眠れたようです。
夜、新しいにゃん用毛布とクッションと猫缶色々を買いに出掛けました。ナチュラル系の缶詰も離乳食もカリカリも一切拒否されていたので、地元のペットショップにて一般缶をあれこれ買い求めてきました。
食べてくれたのはアイシアのおかゆタイプの缶詰。明日、またこの缶詰を買ってくるつもりです。臭いのきつい食べ物は嫌みたいだし、子猫の離乳食よりも更に柔らかいおかゆタイプのこの缶詰なら食べられるようです。食後、得意でないお水も少し飲んで、その後おしっこも出してくれて一安心。
昨日はキャットベッドの置いてある椅子の上にジャンプも出来なくなっているほどヨボヨボしていたにゃんですが、今日はよたつきながらもジャンプできるまでになりました。
e0031853_70176.jpg
にゃんだけ特別に新しい物を揃えると、他の3匹がヤキモチを焼くだろうと思い、ケージの中のクッションも新調しました。ケージの2階に新しいクッションを取り替えると、すぐにももがやって来て上に乗っかってご満悦。「ぼくのだよね。」と、もう決めちゃったみたいです。
その次に上の段のクッションもマットに取り替えすると、すぐぷりんがやって来て「こっちは、ボクの。」って決めちゃったみたいで、ゴロゴロ言いながらくつろいでいました。お気楽な子分&親びんです(笑)。沈んだ気持の中、こうして思わず笑ってしまえるのは、元気な子達がいるおかげ。多頭飼いしていているからこそ救われる瞬間です。
e0031853_74367.jpg
e0031853_74153.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくんは垂れ流しで少々。
おしっこは、通常の大きさより小さめのしっこ玉の大きさ1個、通常の大きさのしっこ玉1個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :なし
昼  :なし
夜  :猫缶(アイシア7歳からの健康缶おかゆ)40g

今日は、引き続きにゃんの具合がよくないので手作りご飯はお休み。
にゃんが食べたのは“アイシア7歳からの健康缶おかゆ アガリスク入り”。この缶詰は総合栄養食でないので、早く普通に食べられるようになってもらいたいけど、とりあえず食べてもらえるものを、しばらくあげるつもりです。
他3匹は、にゃんに開けて食べなかった一般缶、子猫の離乳食、ナチュラル系の缶詰色々を食べてもらいました。みゅー2号だけは、どの缶詰も食べなかったので今日はカリカリのみ。
by nyanmyupurin | 2006-11-21 23:59 | にゃん | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/4593384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2006-11-22 08:32 x
じっくりと待ってあげるしかないね。
いろいろあると思うけど、飼い主がうろたえると猫にもわかるから、
みおばさんが自信を持って付き合ってあげてくださいな。
Commented by 日本カモシカ at 2006-11-22 09:53 x
記事を読んでいるだけで、こちらまで申し訳ない気持ちになってしまいます。
プライドの高い猫族のにゃんちんだけに、今の状態は辛いだろうなぁ。(T_T)

私は便秘治療に関しては全く知識がないのでこういう方法で掻き出すというのは知らなかったんですが、麻酔なしで掻き出してしまうんでしょうか?
恥ずかしい話なんですが、私は大腸カメラを入れたことがあって、部分麻酔してても痛かったです。
終わったあともすぐには立ち上がれなかったので、今のにゃんちんもそんな状態なのかも。

今はNMPさんも複雑な心境だと思いますが、あとは回復を待つだけだから!
にゃんちん、頑張れ!
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 10:29
>ぽ おじさん
朝、シャンプーして機嫌が悪くなるかと思っていたけど、やっぱりきれいになって気持ちよかったらしくてしばらくしたら、退院後、初めて「にゃっ。」と小さく鳴いて甘えてきてくれました。今は、陽の当たるところにいます。猫缶も少しだけ食べてくれたので、よかったです。柔らかいものでないと、まだ喉に通らないみたいで、パテ系の猫缶でも10g程度しか口に入りません。昨夜、試しに買ってきたお粥タイプの猫缶を今から買いに行ってきます。午後は打ち合わせが2件あるので今のうちに行って来ないと。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 10:30
>日本カモシカさん
本当に、にゃんには申し訳ない気持でいっぱいです。病院へ行く前の方が100倍元気だったのにって。今は一気にお爺さんです。
本当はこの掻き出しって、麻酔をしてやる事の方が断然多いはずです。普通はものすごく嫌がるし、たぶん処置している人に噛み付いたり大変だと思います。にゃんは、大人しいし、とても我慢する子なので、きっと暴れたりしなかったから無麻酔でやったのだと思います。それこそ麻酔をするなら、私の了承が無ければ出来ないことですし。猫も、やはり痛みは想像を絶するものだと思いますが、元々痛みや苦しみに耐える生物のトップであると言われている猫族だから、にゃんみたいな性格の子達がきっと動物実験なのどの犠牲になっているんではないかと思います。
今は、日向でじっとしています。これから猫缶を買いに出掛けてきます。午後は打ち合わせが2本入っていて、ペットショップへ行っていられないので。
食欲も出てきたので、もう大丈夫です、きっと。
ご心配お掛けしてごめんなさい。
Commented by cyaizou at 2006-11-22 11:36
昨夜、ういろうの受診日だったので、搾り出してもらいながら、話を聞いてみました。
行きつけの獣医さんは浣腸をなるべくしないようにしているそうです。「脱水しちゃう子が多いから」と言っていました。
にゃんちんのストレスにならないようならきっと点滴はにゃんちんの回復のためにかなりの効果があると思いますが、しばらくゆっくりさせてあげるのが一番なのかもしれませんね。
にゃんちんの写真に向かって祈っております。
Commented by Ganbaruneko at 2006-11-22 11:39
にゃんちん、ご飯食べてくれてよかった~!!しかしにゃんちんがされたこと、通常では考えられない事だったんですね。そんなに赤くなって痛みを伴っていたなんて・・・便秘猫さんの話でも聞いたことがありません。病院に行く前だって出したいのに出せなくってきっと苦しかったり痛かったりしただろうに、そんなにゃんちんに腫れるような処置をするなんて許せない。新しい病院を探すのは難しいかも知れないけれど、車が使えるし、少しくらい遠くても別な病院が良いですね。nmpさんが仰るようにもう二度と行くべきじゃないって私も思います。もう話してると思いますが、その病院にはもう二度と絶対いかないことを話してあげたらよいかも知れませんね。またいくかも知れないっていう恐怖と、自力でなかなか出せない苦しみとの間で悪循環になってしまうかも知れないですものね。つづく
Commented by Ganbaruneko at 2006-11-22 11:39
つづき
またnmpさんも考えているかも知れないのですが、少しの期間だけでもお薬を使ってみた方が良いのではないでしょうか。病院で出してもらってることで、にゃんちんが自信をなくしてしまってたとしたら自分で出せるものも出なくなるような気がするんです。知り合いの猫さんで最近巨大結腸症になった子がいるのですが、ビオスリーHで出たそうなんです。ご存知かと思うのですが下剤ではなく乳酸菌や酪農菌などの有益菌ですし負担もないと思うので。この酪農菌がいいのか、先日書いた長年飼い主が摘便してあげないと出ない腎不全猫さんもこれで出るようになったそうです。にゃんちんに合うかどうか分らないのに、おせっかいなことばっかり言って本当に気を悪くされたらごめんなさいね。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 13:03
>cyaizouさん
ういろうちゃんの診療でお話してくださってありがとうございます。そうなんですよね、浣腸はあまり頻繁にやってしまいすと脱水の他にも腸内の善玉菌も流し出してしまうと言われていますものね。巨大結腸になっている子達は、ほぼ1週間に1回の割合で処置をされていると思います。浣腸だったり、摘便だったり。そのペースで毎回浣腸だと、善玉菌は全く居なくなりそうに思ってしまいます。イフで治ってしまった子も居るそうなので、本当はにゃんもそうなってくれたら一番嬉しいです。揉み出しも、心得ている人がやらないと大腸に傷が付いたり摘便もマッサージだけでつまみ出せればいいのですが、今回のにゃんのように肛門に指を突っ込んでやるやり方だとかなり体に負担がかかってしまいます。ういろうちゃんの先生みたいに、上手にマッサージ出来る先生、本当に欲しいです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 13:05
>Ganbarunekoさん
やっと食欲が出てきたようで、お昼ご飯はまだ食べていないけれど、お粥タイプの缶詰を大量買いしてきたので、これをしばらく食べてもらいます。
今朝、お尻をシャンプーしたときの様子では、まだ少し腫れはあるものの昨日より随分と見た目がよくなっています。今日、やっと声を出してくれました。昨日までは声を出す元気もなかったんです。ショックと痛みでボロボロになってしまったみたいで。
お薬、実は考えていました。シャンピニオンエキスという食物由来の天然消化酵素のパウダータイプのサプリメントなんですが、これを注文しようかと以前からずっと悩んでいて、実はまだ悩んでいるのですがパウダータイプだから錠剤のサプリよりいいかなぁとか思ったりしていました。
山羊ミルクも購入済なんですが、まだ一度しか使用できていない状態で効果の程は分からないし、ぐずぐずしているうちに今回の事でした。
ビオスリーHは、ぎゃおす王国さんでチラっと見ましたが、人用の錠剤だったのであまりよく読んでいなかったです。いつも情報を本当にありがとうございます。今から打ち合わせに出てしまうので、あとで、もう一度よく見てきますね。
Commented by 猫野みみ at 2006-11-22 17:41 x
にゃんちゃん 大変だったね かわいそうに~ 少し元気になってよかったね まりんちゃんも 吐き気があるので見てもらったときに 目の前でされました 後が真っ赤で痛々しかったです 指でなく なにか吸引できるような装置はないのかなと思いましたよ バキュウムなんて作るの簡単だと思うのですよ  原因は前庭疾患 摘便の必要はなかったです まりんちゃんに ひたすら謝りました  nyanmyupurinさんの気持ちよ~くわかりますよ
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-22 19:48
>猫野みみさん
まりんちゃんも摘便されたことあったのですね。しかも、みみさんの目の前で(涙)。見ているの、辛かったでしょうね…。やっとね、にゃんも今日は腫れが少しおさまってくれました。昨日までの状態では痛々しくて、とても文字にその様子を書くことも出来ませんでした。ひどい子は快復までに1週間はかかるとなっていたのをネットで見かけたのだけど、本当にそのくらいはかかりそうです。「大人しい=我慢している」って、どうして思わないのか不思議です。物言わぬ猫だからと言って人間の勝手な判断はやめて欲しいです。人間の体の約10分の1の猫。人に換算したら指の10倍の大きさのものをお尻に入れられたのです。考えるだけで恐ろしいです。
私がちゃんとそばに付いてあげられなかったのが、本当に後悔です。
Commented by Tomoco at 2006-11-22 21:06 x
少し、元気になってよかったです。
安心しました。
明日にはもっと元気になってるといいな。。
早く元気になってくださいね、にゃんちんもnyanmyupurinさまも、、
Commented by at 2006-11-22 21:22 x
昨日も拝見していたのだけれど、とてもとてもコメントがつけられなくて・・・。
少し元気になってくれてたらなあと思っていたけれど、まだやっぱり落ち込んでるし、調子も出ないよね、にゃんちゃん。

今日うちも色々あって獣医さんに行く用事があったので掻き出しのこと、聞いてこようと思ってたんですけど・・・。
あまり薦められた治療法じゃなさそうですよね、どう見ても。
Commented by ゆう at 2006-11-22 23:01 x
にゃんちん少し元気になったのかな??
早くまた元気になってお外に連れて行ってもらおうね(´・ω・)b
Commented by 白雪 at 2006-11-23 03:38 x
摘便ってはじめて知りました☆
そんな治療があるんですね・・・。でも「浣腸」って飼い主サンが言ってるのに、飼い主サンの許可無く他の治療してしまうって・・・ちょっと問題があるのではないかと・・・。
そっちの方が適切だと思っても、ちゃんと飼い主サンの承諾は得ないと駄目ですよね!!!
病院1が間違いだったのか・・・☆
にゃんちんサン、垂れ流しなんて気持ち悪いだろうなあ・・・。
しかも無麻酔??「お前がやってみろよ!!!」・・・と私なら言ってます、きっと。(後先は考えない奴☆)
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 12:15
>tomocoさん
少しずつ、食べられるようになってきています。でもカリカリはどれを出しても食べようとしません。お腹に負担がかかるって自ら分かっているみたいです。
昨日食べなかった、お粥缶、今日はもう2缶食べました。でもおしっこを出さないので、ハラハラしています。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 12:15
>苗さん
今日は、昨日より食欲があがってきているので嬉しいです。ですが、にゃんちん今日は朝からおしっこを出していません。私が朝から打ち合わせで11時頃戻ったのですが、お休みのババりんに留守中の様子を聞いたら、トイレへは行かず、ずっとソファークッションの上で寝ていたそうです。今も、同じ場所で寝ています。
掻き出しって、精神的苦痛もかなり大きなものがあると思うんですよ。にゃんは、精神的理由から若いときに大きな病気をしているので心の問題もとても気になるんです。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 12:16
>ゆうさん
昨日よりは、また少し食欲が出ています。ちっとずつですが、良くなっていると思います。お散歩へまた一緒にいけるようになると信じています。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 12:22
>白雪さん
便秘の子と暮らしていなければ、ほとんど経験しないことですものね。でも、こんな治療は知らずに生活できる方がいいのです。健康であれば、知らなくてもいいことばかりが次々と起こってしまい「まぁ、10年近く生きたんだから。」とか「野良のままだったら、ここまで生きていられなかったはずだから。」って猫友に言われたりして、我慢している涙が思わず出そうになっています。にゃんの前では、泣かないと決めているので打ち合わせの帰りの車の中で泣いてなんて事してます。自分が病院1へ連れて行ったこと、それが誤りだったのです。誰の責任かといったら、私の責任なんですよね。
名前
URL
削除用パスワード