水ウンチくん続く

今日も、ほぼ同じ位置から動かず一日を過ごしました。朝、10gほどの缶詰を口にしてすぐにトイレでおしっこと水のような状態のウンチ少々を出しました。その後は、ずっとソファークッションの上で寝ていたので、ペット用フランケットを掛けてあげて時々様子を見に行ってましたが、結局じっと動かずそのまま夜になりました。
同居人、急遽夜に打ち合わせが入り、出掛けたのが9時少し前。戻ってきたら10時を回っていたけど、まだにゃんちん同じ場所に寝ていた。11時頃やっと起き出してご飯の催促。買ってきたお粥の缶詰を3分の1ほど食べて、幾つか開けた他の缶詰の中からミオ缶(これは総合栄養食の猫缶だったから少しでも嬉しい。)を大さじ1杯程度食べて、その後、これじゃないのを食べると言うのでダチョウ肉とカルカン(ビーフ&フィッシュ缶)をほんの少し用意したら、こちらもやっぱり10g程度を食べ、そしてトイレへ…。おしっこをした後、また水のようなウンチをほんの少し踏ん張って出しました。今まで浣腸だけをしてもらった時は、こんな水のようなウンチが続くことは無かった。ここまで様子がおかしくなる摘便って必要な治療なんだろうか。
e0031853_11565089.jpg
にゃんが少しでも総合栄養食のものを口にしてくれたらと思い、猫缶を幾つも開けているので、手作り食練習組は練習ご飯はお休みの上、毎日缶詰バイキング状態。
缶詰大好きなももたん、ひとり狂喜乱舞でぐるぐる喰い。ひとりバイキング状態で食べまくってます。
自分の好みの猫缶が並ばなかったぷりんとみゅー2号は、まったく口を付けずだったので、ももひとりでミニ猫缶3〜4缶分は食べたかも。これも、あんまり続けるとよくないから、明日は手作りご飯の練習メニュー再開しなくちゃね。
e0031853_11571949.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、ウンチくんは水うんちで少々。
おしっこは、通常の大きさのしっこ玉2個。

★今日のごはん(にゃん)
朝  :ミオ 鰹だしあわせ造り ササミ入り 10g
昼  :なし
夜  :猫缶(アイシア7歳からの健康缶おかゆ)10g+ミオ 鰹だしあわせ造り ササミ入り10g+猫缶(カルカン ビーフ&フィッシュ)10g、ダチョウ肉5g位

e0031853_11582924.jpg今日は、引き続きにゃんの具合がよくないので手作りご飯はお休み。
にゃんが食べたのは朝のほんの少しと夜のほんの少し。夜は、昨日はあんなに食べた“アイシア7歳からの健康缶おかゆ アガリスク入り”をほとんど食べなくてガックリ。この缶詰つい、いっぱい買い込んでしまったけど、こんなに一杯どうするの?私。いくらストック缶って言ったって、買いすぎた?また具合が悪くなるかもしれない為のストック缶なんて悲しいしね。子猫用のおかゆバージョンも買ってきたけど、これはにゃんも含めうちの子達、誰も食べてくれず。
by nyanmyupurin | 2006-11-22 23:56 | にゃん | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://lovenyan.exblog.jp/tb/4599480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cyaizou at 2006-11-23 13:15
同じ便秘で同じ治療を受けたことが何度もあるので、そうだよね、うんうん、などと思いながらにゃんちんの様子が気になって仕方ありません。
我が家では指を突っ込んで便を排除された場合は丸1日くらい垂れ流しだけど、何日もは続きませんでした。お尻の腫れは3日ほどで引きました。
ういろうはそこらへんは結構ずぶとい子なのですが、にゃんちんは精神的なダメージを受けてしまったのかもしれませんね。心配…。
でもね、nyanmyupurinさんのせいではありませんよ。うんちが出なくて吐き気が一杯ある時は出さないといけないのだもの。病院と言う選択は間違っていないのです。
ましてや、nyanmyupurinさんは細かくにゃんちんの様子を見ていて、そんな激しい治療が必要になる状態にして連れてくる同居人とは違いますもの。長時間かけるのがいやだったのかな?なんでそんな治療をしたんだろう?本当に不思議です。
ずっと治療中ついていないと安心できない病院なんて本当はあってはいけないのです。当猫の状態を診ながら合った治療をしてくれないと…。(今の先生はういろうのお腹をもみもみしながらも、何度もういろうの顔を見たり撫でたりして様子を見ながらやりますです)
Commented by cyaizou at 2006-11-23 13:16
続きです。すみません、長くて(汗)
2ちゃんねるに病院について語る板があったりするけど、ちゃかしたり、別の話題が入ってしまって、肝心の病院名がなかなか探せないので、病院のことだけを語る場所があればなぁ~って心から思います。
いろんな飼い主さんの経験した本当に良い病院の情報が集まるところはないものでしょうかね。評判が良くても自分に合わないってのもあるかもしれないけど…。
Commented by nekoboci at 2006-11-23 16:58 x
水ウンチくん、まだ続いているのが心配です。
少しは食べてくれたことは、良かったです。
でも体力が快復するには、もう少し食べれるようにならないと駄目ですね。
それよりも心の問題が、にゃんちゃんの受けた処遇を考えただけでも
胸が痛くなります。
早く、もとどおりのにゃんちゃんになりますように、がんばれ!!にゃんちゃん。
それにしても、食べなくていい(笑)ももちゃんが食べまくっているとは・・・
nyanmyupurinさんも、トホホでしょう。
でも暗く沈みがちな空気も、ぷりんくん、みゅーちゃん、ももちゃんが癒してくれていますね。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 19:26
>cyaizoさん
今まで、ういろうちゃんはこんなに辛い治療をしていたんですね。ずっと頑張ってきたから、今の先生に会えたのは、頑張ってきたご褒美みたいですね。
にゃんちん、垂れ流しは今日はやっとおさまってます。腫れも随分良くなりました。食欲も昨日よりはるかにあります。きっと、病院へ連れて行くとき「浣腸してもらうだけだからね。」と怒るにゃんに言い聞かせて連れて行ったのに、浣腸じゃなかったからショックも大きいのだと思います。
ういろちゃんの今の先生は素敵ですね。そうして、ういろうちゃんの様子を見ながら考えてくれるのだから。病院1は、いつも私の質問や意見に「セオリー通りでいけば…。」っていう話が始まってしまうから。今回のこともセオリー通り、太いウンチだから自力では出ないだろう→摘便となったんでしょう。口うるさい飼い主もいなかったし、自分達の好きなようにやったんだと思います。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 19:27
>cyaizoさん
→続き
私が付いていると、一々質問したり、意見したりするから。でも、そんな病院へ連れて行った私が悪いんです。病院2は、このへんでは評判がいいらしいのですが、私はどうも納得がいかないところもあったりしています。尿検査の時、あまりに大雑把な内容だったのにそこそこ請求金額があったことと、人気の病院だからでしょうか?担当医でさえ、にゃんの経過を忘れているところがあって、また一から説明しないといけないの?って。大きな病院で設備もあるけれど、それだけ患蓄さんも多いから仕方のないことなのかもしれませんが。本当に望んでいる形に近い診療をしてくれる病院、欲しいです。できたら、ういろうちゃんの先生みたいに、マッサージが出来る先生がいいなぁ。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-23 19:31
>nekobociさん
下のコメントにも書きましたが、今日は昨日より食欲があるみたいです。日々、よくなっていますから、きっと大丈夫。快復に時間がかかる子もいるらしいので、きっと、にゃんは時間がかかるタイプなのだと思います。
そうなんですよね、食べなくていい巨猫のももが、ものすごい量をたべてて、また太っちゃう(笑)。昨日まではパラダイスだったでしょうけど、今日は練習ご飯を再開します。「世の中、そんなに甘くないのだよ、ももたん。」って事で(*^_^*)。
Commented at 2006-11-23 20:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2006-11-23 21:11 x
うううむ、また今日もうっかり聞くのを忘れてきたアホです。
でも多分うちの先生ならそんなことしないと思うな・・・ウン。
うちの先生も治すためなら何でもするタイプなんですね。
だけど、なんでもするということと、先生がやりたいことを勝手にやるのは違うわけで・・・そこを弁えていただかないと困っちゃうのは猫ですもの。

う~ん、的確かどうか分からないですけど、うちに勝手にウンが出てしまう場合に、というstram.っていうホメあるんですけど、良かったら使ってみなさる??
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-24 11:06
>鍵コメントさん
いろいろと調べてくださってありがとう。お気持ちとっても嬉しいです。えっとね、どちらもね、家から車で1時間とか1時間以上かかるところなの。田舎だから県の大きさがべらぼうに広いんですよ。一つは隣市なんですけど、それでも1時間はかかってしまいます。渋滞してるともっと時間がかかるの(^_^;)。
市内といっても、最近政令都市の関係で合併して車で2時間以上もかかるような山奥まで同市になったばかりで、合併前の市内範囲くらいでないと、にゃんを乗せて車で診療って難しいです。
新しくできた病院の若い先生なら、食事の事や心のケアなど含めて新しい考え方かなぁと思って、2年前に野良猫ちゃんを保護したときに新たな病院へ行ったことがありましたが期待は外れました。猫に関してはあまり詳しくなくて、どうしても犬の患蓄さんが多いのでしょうか、ガッカリしたことがあります。独立されるまで勤めていた病院のやり方というのが、やはり新しく開業されても似た感じになるんでしょうか。病院選びって、本当に難しいです。特に、田舎では。
もも、一番食事を控えないと…なのに、すごい食べちゃって(^_^;)。食べなくていい子が、ガツガツしててほんとにトホホでした。
Commented by nyanmyupurin at 2006-11-24 11:08
>苗さん
ご心配お掛けしました。食欲が戻ってきたので大丈夫です。水ウンチも止まりました。今度は止まりっぱなしで便秘にならないようにしなくては…(汗)。
セオリー重視の考え方と、若い獣医さんの診療方法をほとんどの場合(今まで全部)院長は変えないので(これは、辞めてもらっては困るから?と思っています。)実は、便秘が酷くなる前に一度誤診で、よけいに便秘が酷くなったことがありました。その時は翌日、院長が慌てて診察し直して、全く最初とは違う診療方法をとって何とかなったという事もありました。この若い獣医師を片腕として育てるために、院長が気を遣っているというのが、かなり問題ありかと思っています。それと、自分の臨床経験のないケースに対して柔軟な対応をしてくれないという事が、ここにきてとっても問題ありだとつくずく感じました。もっとも、そんな病院へ私が連れて行ったのがいけないのです。
ホメオパシーの件、お申し出ありがとうございます(*^_^*)。でも、水ウンチくん止まったので大丈夫です。本当にご心配お掛けしました。
名前
URL
削除用パスワード