8月の浣腸

病院なんて行きたくなかったのに…
8月の浣腸_e0031853_11452070.jpg

今日も朝から自力で出そうと頑張ったにゃん。でも、自力では出なくて。朝ご飯も全部吐いてしまい、2時間ほどトイレ巡りや、トイレでないあちこちで息み出し昨日に引き続き部屋中しぶり便だらけ。
お腹には多少ウンチくんが貯まってはいるものの、大きいウンチは無いように思えたけれど、それでも自力では出すことが出来なかった。
昨日も何も胃に入っていないうえに、今日も吐いてしまい水を飲まないにゃんの脱水が気になる。朝の様子から自力では、昨日から頑張り続けているし体力的に無理だろうと判断で病院へ行くことにしました。
朝一で予約を入れて、すぐ動物病院へ。相変わらず2時間待ち。揉み出しだけでウンチくんを出すことができないか主治医に尋ねたけれど無理だと言われいつものように浣腸することに。
出てきたウンチは、それほど大きくなかった。だけど全部硬めでコロコロしたウンチ。量もそんなに詰まってはいなかった。どうして、これが出ないのだろう。浣腸を頻繁にするようになって感じている押し出す力が弱くなってきている話をするも、手術の話が出てきてしまい他の方法で改善策を見つけ付けたい私とは平行線。もう2ヶ月も前に調べて欲しいとお願いしているラキソベロンのことも、どんなお薬なのか、手に入るかどうかも未だに分からないと言われて、がっかり。
手術しても再発してしまう子がいる限り、この方法が100%ではない。しかも、簡単な手術ではないから執刀は今まで一度もにゃんを診たことのない院長がすることになると言うし…。その院長が絶対に手術を失敗しない腕がある先生なら安心してお任せ出来るかもしれないれど、失敗のリスクを考えたら簡単には踏み切れない。
それにね、にゃんはアニマルコミュニケーションしたとき“「必ず治る」と思ってほしい”って言っていたし、私はそのにゃんの思いの手助けをしてあげたい。
主治医は輸液が必要なほど脱水もしていないから必要ないと言われたけれど、今日は輸液をお願いして200ccリンゲル液を入れてもらった。帰宅してお水を飲んでくれるか分からないし、おしっこも出ていないので念のために。
今日から「OLIGO4」と「HYPER LACTO」を試すつもりです。「OLIGO4」は、いつも以上に水分を必要とするものなので、それもあって輸液をしてもらいました。
診療が終わって家に戻ると既にお昼を回っていて、昨日に引き続きしぶり便で汚れた部屋の掃除と洗濯。今日は見事に広範囲で汚してくれたので、片付けで一日がアッというまに終わってしまった。洗濯物が良く乾く夏でよかったけれど。
にゃんもお疲れで、夜はいつもより早い時間からぐっすり。明日からは、普通にご飯も食べられるようになるといいな。
8月の浣腸_e0031853_11454479.jpg



★今日のにゃん★
本日のにゃん、自力ではウンチくん出ませんでした。
しぶり便のみ。
病院で浣腸してもらいました。
体重は少し減って4.14kg(ウンチくん出す前の計測)
しっこは、通常の1.5倍の大きさのしっこ玉1個。(輸液が効いて、36時間ぶりに出てくれました。)

★今日のごはん(にゃん)
朝  :ソリッドゴールド カッツ・フラッケン 7g 
    (食事直後、トイレ巡業が始まり息みゲボで全部吐く)
昼  :なし
夜  :手作りご飯(半分残す)

今日の手作り食の内容
夜:オクラ、セロリ、キャベツ、人参、水郷鶏(生)、三河鶏レバー(ボイル)、ししゃも(焼き)、鶏ガラスープ、ビール酵母、+後から猫缶少々

8月の浣腸_e0031853_1146839.jpg朝はカリカリ7gを食べたところで今日も直ぐにトイレ巡業が始まり、最後は息みゲボで全部吐く。お昼は、病院から戻ったばかりだったのでなしです。夜になり輸液のおかげか元気になるのが早く、少し食べたいと言うので一応用意してみるも、半分をお残しです。
手作り食練習組のぷりんとももはオクラ、セロリ、キャベツ、人参、三河鶏ささみ・レバー(ボイル)、ビール酵母に“T-cat-proまぐろ&サーモン”で用意。ぷりんは3分の2を食べました。ももは苦手なレバーが気になってか半分を食べそれ以上は進まず。
みゅー2号用には、トッピングの猫缶を“カルカンデリカスタイル まぐろとささみメニューいりこ入り”で用意。今日はオクラの匂いも嫌だったみたいで2〜3口食べて終了。
写真は上が夜の手作りご飯。下が夜の手作り食練習ごはん。

★今日の診療
診察料‥‥‥‥‥‥‥‥840円
浣腸・排便処置‥‥‥‥2,100円
皮下輸液:猫、小型犬‥2,100円

合計5,040円
by nyanmyupurin | 2007-08-14 23:59 | にゃん