カテゴリ:ミニ薔薇( 16 )

今年咲いてくれた、我が家のミニ薔薇。
ミニ薔薇のカテゴリを作っておきながら、記事を全く書いていないので、せめて写真だけでも…。
今年は長年ベランダ栽培で、大事に育てていた蓮花薔薇が黄金虫の幼虫に根を食べられて駄目になりました(涙)。
テディベアという名前の薄茶色の可愛いミニ薔薇(一番大切にしていた)も、黄金虫の次なるターゲットに選ばれ、気が付いた時には根っこが全て幼虫の餌に(涙)。
残った子たち(大事に至る前に幼虫に気が付きお世話できた子たち)は、春から次々花を咲かせて今年も楽しませてくれました。
e0031853_17383596.jpg
e0031853_17385069.jpg
e0031853_1739145.jpg
e0031853_17391251.jpg
e0031853_17392332.jpg
e0031853_17393584.jpg
e0031853_1739506.jpg
e0031853_1740127.jpg
e0031853_17401219.jpg
e0031853_174131.jpg
e0031853_17411515.jpg
e0031853_1741263.jpg
e0031853_19323849.jpg
e0031853_19333864.jpg

お料理のハーブとして、いつも大活躍のローズマリー。一年のうち、何度も花を付けてくれます。
e0031853_21131758.jpg

こちらは、観賞用のローズマリー。花は立派に咲くけれど、ハーブとして食べる葉の部分が貧弱で食べられないため、観賞用に育てている子です。上の子と種類が違うらしく、花の色がとても濃いです。
e0031853_21133984.jpg

一年中、ほぼ開花しているセージ。本来は春から夏が開花のはずなのに、温暖化の影響でしょうか。冬の1〜2ヶ月を覗き、ほぼ通年咲いています。
e0031853_2114294.jpg

ダメにしてしまったミニ薔薇の鉢に新たに植えたゴーヤ。種から育てました。
小さな鉢に、しかも種まきの時期が少々遅かったせいか開花も遅く、なかなか雌花が付かず苦戦しました。
我が家の雌花第2号です。(一号は、ババりんのベッドカバーを干した時に風であおられたカバーが直撃で、茎が折れてしまいダメになってしまいました。)
e0031853_21142578.jpg

秋になってやっと実を結んでくれた、ゴーヤ3兄弟のひとり。
e0031853_21144731.jpg

これは、もっと実を大きくしようと欲をかいて、収穫を後伸ばしにしたせいで熟しすぎてしまったゴーヤ3兄弟の長男。気温が高くなった10月の17日・18日の二日で黄色くなり実も割れてしまいました。中から見えた種が毒々しい赤い色になっていたので、勇気がなくて収穫出来ず…。唯一、大きくなってくれた子だったのですが。
e0031853_2115568.jpg

10月19日の昼間に収穫した三兄弟のうちの、ちびっ子ふたり。
お昼頃には、まだうっすら所々が黄色〜黄緑色だったのが、収穫してから数時間後の夜には半分ほど黄色に。天ぷらと糠漬けにしていただきました。こんなに小さいゴーヤでしたけれども、味はしっかり大人のゴーヤでした(笑)。美味しかったです。
一切れ切り残しておいて、無農薬栽培だから安心してあげられるって事で、猫達のご飯にも使ってみました。嬉しいことに、全ニャン食べてくれました〜。
e0031853_2117498.jpg

仕事が忙しくどうにも時間がとれず、今年の冬の終わりに、枝切りをして植え替えをしなかったベランダ栽培のミニ薔薇。なので蕾の数が極端に少ない。せめて枝切りしておけば新芽が出てきたはずだったのにと後悔。
それでもわずかに花を咲かせてくれたというのに、5月に入り雨ばかりで、なんか枯れてきている葉が増えてきてしまった。あわてて今咲いているものできれいな枝の所だけを夕方撮りました。どうも、この様子だとまた一旦、葉が全部落ちてしまいそうな怪しい気配。しかも昨年もやられた黄金虫の幼虫、一匹発見。
木酢スプレー、もっと頻繁にやるべきだったかな…。後悔、後悔、後悔。
そんな悪条件の中、ベランダの鉢の中で長い子で10年目、若い子でも8年目を迎えてくれた。
e0031853_19115591.jpg
e0031853_1912898.jpg
e0031853_19122033.jpg

今年は、やけにミニ薔薇の成長が悪い。
それはババりんが持ち込んだ植木鉢にいた蟻のせいだと思い、蟻駆除剤を夏にまいた。
猫の草を同じベランダで作っていることから、薬を使うのが本当は嫌なのに渋々駆除剤を使って蟻退治した。
アブラ虫も毎夏、一匹ずつ手で取っている。
それでもミニ薔薇は元気にならず、過去最高の枯れ具合。
ま、まさか…。2年前に小さな一鉢にやられた、アレ?
アレ=コガネムシ幼虫
そう、アレのしわざだったことが、今日判明。
今年は一番大きなプランターの3株が被害に遇っていた。
知らずに幼虫君を大きく育てしまっていたのね14匹も。_| ̄|○
ミニ薔薇の美味しい根っこを食べて丸々太って…気が付かなかった私も悪いが、なにもマンションの8階ベランダで作っているミニ薔薇の鉢に「卵なんか産み付けるなぁー!」
世界の中心でなくても叫んでやる。
e0031853_247482.jpg

で、逮捕した面々。この処理をどうすればよいのやら…
とりあえずビニールの袋に強制集合してもらいました。
e0031853_2475960.jpg



幼虫君の被害から逃れたミニ薔薇が一鉢、蕾をつけました。
本当なら、被害にあった3株も、こんな感じで次々蕾をつけて花を咲かせていたはずなのに…。えぇ、コガネムシの幼虫に気が付かなかった私が悪いんです…。
e0031853_2495563.jpg

何年も育てている薔薇の木が、今年はいまひとつよくない。
花の数も少ないし、葉が枯れ気味。
こんなこと、ここ7年無かったのに…
やっぱり蟻を駆除するお薬が良くなかったのかなぁ。
大好きなテディベアのミニ薔薇もとうとう夏の間一度も蕾をつけません。
毎年、夏でも次々と花をつける一番大きく育っている黄ミニ薔薇も、今年はポツリ、ポツリとしか蕾をつけません。
母が持ち込んだ植木鉢の一個に蟻の巣があり、一気に私の鉢に拡がり大変なことになったので駆除したのですが…
アブラ虫は手で取り除けるけれど蟻はそうはいかず、思い切って駆除剤を使ったのが失敗だったかも。
少し後悔。冬に向かって何とか回復させるように頑張らないと。(T_T)うぅ…
e0031853_16141741.jpg


今日のにゃんちん、ウンチくん出ず。
ベランダ栽培のミニ薔薇がキレイに咲いています。もう、ベランダでこの蓮花薔薇も6年咲き続けてます。毎年、夏はアブラ虫との戦い。薬を使うのがイヤなので、私は手で取っていますが、これが結構大変な作業。かわいい花を咲かせるためには、努力が不可欠なのよねぇ(^_^;) 自分の顔のお手入れなんかは全くやらないけど、ミニ薔薇のお世話はやってしまう自分が哀しい。
σ( ̄∇ ̄;)(だから未だに独り身なのか?!)
e0031853_19484857.jpg
蜜蜂が8階の我が家のベランダに蜜を集めに来ています。